スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「喪失とともに生きる:対話する死生学」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2036)

978-4-908765-00-1.jpg

◆喪失とともに生きる:対話する死生学
単行本: 310ページ
出版社: ポラーノ出版; 1版 (2016/4/27)
竹之内裕文, 浅原聡子 (編)
言語: 日本語
ISBN-10: 4908765006
ISBN-13: 978-4908765001
発売日: 2016/4/27
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
価格:¥2,160
keyword→grief care

<内容・content>
 人生はあらゆる喪失に満ち、喪失とその悲哀とともに、どのように生きるかを問われている。これに対しグリーフ(悲嘆)ケアは、この心理的な危機にいかに対処するかという点に力点が置かれてきた。たしかに一時的な援助の手を差し伸べることは欠かせない。しかし私たちは、喪失が引き起こす当面の危機を乗り越えた後も、喪失を抱えて生きていかなければならない。「あらゆる悲しみは、それを物語にするか、それについて物語を語ることで、耐えられるものになる」―本書では対話を通して、「喪失を抱えながら生きていく」意味を探っていく。本書は七つの物語と各二つずつの対話から成り立っている。各物語は日常的に物語を聴き、物語とともに考える経験を重ねた対人援助職(グリーフカウンセラー、小児救急医、助産師、緩和ケア医、僧侶、看護師、NPO経営者)が物語る。それに対し、一つ目の対話で各物語の基本的な事柄や背景を、二つ目の対話では本文と異なった視点からの語り掛けを試みる。それぞれを哲学、宗教学、社会学、民俗学、仏教学等といった多様な専門家が応じることにより、物語がより視覚的・立体的に浮かび上がる。関係者、そして喪失を抱えるすべての方へおくる。

<目次・table of contents>
序  対話する死生学  喪失とともに生きるために

1章  喪失とともに生きる人たちとの出会い グリーフカウンセリングの現場から
   ・コメント1  日本におけるグリーフケアカウンセラー 臨床心理学と日本的心性の狭間で
   ・コメント2  グリーフサポートと民俗

2章  こどものいのちを看取ること  小児救急の現場から
   ・コメント1  寄り添いの変容   一世紀を経た二つの手記より
   ・コメント2  こどもを看取る家族への看護

3章  生を享けること、失うこと  周産期医療の現場から
   ・コメント1  死産を経験した家族に対するサポート
   ・コメント2  幼い子を失った親の経験について

4章  老病死に向き合う人から学ぶ  終末期ケアの現場から
   ・コメント1  「自分を失うこと」とどう向き合うか
   ・コメント2  「ホスピタル」はいかに「病院」となったか

5章  ホームを失って生きる  路上生活者の語りから
   ・コメント1  「ホーム」の意味について考える
   ・コメント2  困窮する人を「助ける」ということ 私たちの「居場所」をめぐって

6章  がんが教えてくれたこと  患者・看護師としての体験から
   ・コメント1  がん闘病者・サバイバーの喪失体験と生
   ・コメント2  病とともに生きるということ

7章  自他の喪失を支えるつながり  グリーフから希望を
   ・コメント1  喪失から紡がれてゆくいのちのサポート
   ・コメント2  いのちの支え合いの場に立つ

終章  死とともに生きることを学ぶ  対話する死生学のために

<著者情報・author information>
竹之内 裕文(たけのうち ひろぶみ:TAKENOUCHI Hirobumi)
 静岡大学農学部・創造科学技術大学院教授
浅原 聡子(あさはら さとこ:ASAHARA Satoko)
 GCC 認定グリーフカウンセラー、グリーフカウンセリングivy代表

Links(Author's world・著作とその世界)
ポラーノ出版(polano publishing)

スポンサーサイト

「液状化検体細胞診断マニュアル」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2035)

978-4884123901.jpg

◆液状化検体細胞診断マニュアル
大型本: 305ページ
出版社: 篠原出版新社 (2016/05)
佐々木 寛 (監修)畠 榮, 則松 良明, 亀井 敏昭, 金城 満 (編集)
ISBN-10: 4884123905
ISBN-13: 978-4884123901
価格:¥10,800
keyword→Liquid based cytology 

<内容・content>
 熟練の細胞検査士、細胞診専門医が各臓器ごとに細胞診断のノウハウを詳述。液状化検体細胞診断のすべてが理解できるように構成された一冊。

<目次・table of contents>
第一部 液状化検体細胞診断の概要
 A-Ⅰ 液状化検体細胞診の歴史と役割
 A-Ⅱ 液状化検体細胞診の原理・検体処理・標本作製法ならびにその応用(シュアパス)
 A-Ⅱ 液状化検体細胞診の原理・検体処理・標本作製法ならびにその応用(ThinPrep)
    ThinPrepの応用(FISH法による染色体、遺伝子の可視化)

第二部 従来法と液状化検体細胞診断の見方
 B-Ⅰ 婦人科
    子宮頸部
    子宮体部
 B-Ⅱ 呼吸器
 B-Ⅲ 泌尿器
 B-Ⅳ 体腔液
 B-Ⅴ 甲状腺
 B-Ⅵ 乳腺
 B-Ⅶ 口腔
 B-Ⅷ 唾液腺
 B-Ⅸ 消化器
    胆管・胆嚢
    膵臓
 B-Ⅹ 髄液・その他
 B-XI 悪性リンパ腫およびリンパ節病変

まとめ
コラム

<著者情報・author information>
佐々木 寛 
千葉徳洲会病院婦人科部長/日本臨床細胞学会 理事長

Links(Author's world・著作とその世界)
篠原出版新社(Shinoharashinsya)

「子宮頸癌・体癌センチネルリンパ節生検入門講座」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2034)

978-4840457927.png

◆子宮頸癌・体癌センチネルリンパ節生検入門講座:早くスタートするための基本手技
単行本: 132ページ
出版社: メディカ出版 (2016/4/27)
田附興風会医学研究所北野病院産婦人科 (編著)
言語: 日本語
ISBN-10: 4840457921
ISBN-13: 978-4840457927
発売日: 2016/4/27
商品パッケージの寸法: 26 x 18.2 x 1 cm
価格:¥5,832
keyword→Sentinel node biopsy

<内容・content>
 頸癌・体癌SLN生検のすべてがわかる。子宮頸癌・体癌のセンチネルリンパ節生検(SLN)導入のイロハから、手技のコツまでをまとめた初めての書籍。リンパ節転移の有無を評価し、正確な診断と治療につなげるためのテクニックが豊富な写真で手に取るようにわかる。リンパシンチグラフィーアトラスとweb配信手技動画付き。

<目次・table of contents>
【1 はじめに】

【2 SLNの概念について理解しましょう】

【3 SLN生検実施体制を整えましょう】
・どの病院でもSLN生検ができるのでしょうか?
・放射能被曝への配慮と、RIの投与場所の確保が必要です
・SLN生検に理解のある常勤の病理医が必要です
〔column〕乳腺外科との機器の共有
〔column〕倫理委員会と費用の問題

【4 子宮頸癌のSLN生検の準備:RIを投与します】
・子宮頸癌ではどんな症例にSLN生検を行えばよいでしょうか?
・症例が決まりました。まず、RIの準備です
・いよいよRIの投与です
・リンパシンチグラフィーでの確認です
〔column〕怪我の功名
〔column〕RIや色素の飛び散り
〔column〕リンパシンチグラフィーでSLN個数の完全な予測は可能?
〔column〕被曝対策

【5 子宮頸癌のSLNを検索しましょう】
・SLN生検の手術当日です
・SLNを検索しましょう
・色素の注入です
・再度、手術手技(SLNの検索)に戻ります
〔column〕SLN生検できない日

【6 いよいよ子宮頸癌のSLNを摘出します】
・いよいよSLNの摘出です
・左右ともに見つかりましたか?
・摘出したSLNの計測です
・病理部での迅速診断の結果、転移がないとわかりました
・基靱帯リンパ節を特別扱いしています
・転移リンパ節が見つかったときは?
〔column〕微小なリンパ節転移の発見は?
〔column〕OSNA法についてさらに紹介します

【7 腹腔鏡による子宮頸癌のSLN検索へ】
・腹腔鏡下でのSLN生検はなぜ有用なのでしょう?
・腹腔鏡手術の準備を進めます
・SLNを検索しましょう

【8 子宮体癌のSLN生検の準備:RIを投与します】
・子宮体癌のSLN検索について考えてみましょう
・どんな症例にどこまでのSLN検索を行えばよいのでしょうか?
・症例が決まりました。まず、RIの準備です
・RIの投与です
・リンパシンチグラフィーでの確認です

【9 子宮体癌のSLNを検索しましょう】
・SLN生検の手術当日です
・SLN生検の開始準備、開腹と術野展開です
・子宮体部への色素の注入です
・PANのSLN検索と郭清です
・PeNのSLN検索と郭清です

【10 腹腔鏡補助下の子宮体癌のSLN検索へ】
・“夢の”腹腔鏡補助下でのSLN生検の準備を進めます
・SLNを検索しましょう

【11 子宮頸癌のSLN生検:データおよび研究報告】
・当院のデータを紹介します
・各国からの報告を紹介します
・子宮頸癌のSLN生検に関する文献一覧

【12 子宮体癌のSLN生検:データおよび研究報告】
・当院のデータを紹介します
・各国からの報告を紹介します
・子宮体癌のSLN生検に関する文献一覧

【リンパシンチグラフィーアトラス】
・子宮頸癌
・子宮体癌

・索引
・結びにかえて

<著者情報・author information>
公益財団法人 田附興風会医学研究所 北野病院 産婦人科 (Kitano Hospital)

Links(Author's world・著作とその世界)
メディカ出版(MEDICUS SHUPPAN,Publisher)
立ち読み (sample)

「婦人科がん治療ガイドラインエッセンシャル 2016年版」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2033)

978-4-307-30126-8.jpg

◆婦人科がん治療ガイドラインエッセンシャル 2016年版
単行本: 384ページ
出版社: 金原出版 (2016/4/27)
日本婦人科腫瘍学会 (編集)
言語: 日本語
ISBN-10: 4307301269
ISBN-13: 978-4307301268
発売日: 2016/4/27
商品パッケージの寸法: 14.8 x 8.4 x 1.3 cm
価格:¥4,320
keyword→Medical guideline, gynecologic cancer 

<内容・content>
 4つの婦人科がんの治療ガイドライン最新版をポケット版に抜粋、新しいカタチのガイドライン登場!「子宮頸癌治療ガイドライン」、「子宮体がん治療ガイドライン」、「卵巣がん治療ガイドライン」、「外陰がん・腟がん治療ガイドライン」の最新版から、すべてのフローチャートとCQ・推奨文を収載、解説文を抜粋して1冊にまとめた必携書。各ガイドライン発刊後の大きな変更点や追加情報(子宮頸癌0期が新臨床進行期から削除されたことに伴うCIN 3または上皮内腺癌の表記、RCTの情報など)も掲載している。

<目次・table of contents>
○子宮頸癌治療ガイドライン2011年版
  フローチャート
  CIN 3とIA期の主治療 CQ01~07
  IB期とII期の主治療 CQ08~15
  IB期とII期の術後補助療法 CQ16~19
  III期とIV期の主治療 CQ20~25
  再発癌の主治療 CQ26~30
  妊娠合併子宮頸癌の治療 CQ31~33
  治療後の経過観察 CQ34、35

○子宮体がん治療ガイドライン2013年版
  フローチャート
  初回治療(特殊組織型を含む) CQ01~16
  術後治療(特殊組織型を含む) CQ17~20
  治療後の経過観察 CQ21~25
  進行・再発癌の治療 CQ26~31
  妊孕性温存療法(子宮内膜異型増殖症・類内膜腺癌G1相当) CQ32~36
  癌肉腫・肉腫の治療 CQ37~42
  絨毛性疾患の治療 CQ43~48

○卵巣がん治療ガイドライン2015年版
  フローチャート
  卵巣癌 CQ01~22
  上皮性境界悪性腫瘍 CQ23~25
  再発卵巣癌 CQ26~30
  腹膜癌・卵管癌 CQ31~34
  胚細胞腫瘍 CQ35~38
  性索間質性腫瘍 CQ39~41

○外陰がん・腟がん治療ガイドライン2015年版
  フローチャート
  外陰癌 CQ01~10
  腟癌 CQ11~14
  その他の外陰がん・腟がん CQ15、16

○資料集
  1.抗悪性腫瘍薬の有害事象一覧
  2.略語一覧

索引

<著者情報・author information>
公益社団法人 日本婦人科腫瘍学会 (The Japan Society of Gynecologic Oncology)

Links(Author's world・著作とその世界)
金原出版(KANEHARA)
立ち読み (sample)

「皮膚がんバリエーションアトラス」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2032)

978-4-260-02472-3.jpg

◆皮膚がんバリエーションアトラス
大型本: 330ページ
出版社: 医学書院 (2016/4/25)
田中 勝, 安齋 眞一 (編集)
言語: 日本語
ISBN-10: 4260024728
ISBN-13: 978-4260024723
発売日: 2016/4/25
商品パッケージの寸法: 29.6 x 20.8 x 2 cm
価格:¥16,200
keyword→Skin cancer, dermoscopy 

<内容・content>
 典型像だけじゃない、臨床所見の多彩なバリエーション!多彩な臨床像を呈する各種皮膚がんを臨床所見のバリエーションという観点からまとめたアトラスがついに登場。基底細胞癌、有棘細胞癌、悪性黒色腫を中心に、典型像のみならず、教科書では掲載しきれない、様々な表情をもつ症例を網羅。臨床像とダーモスコピー像は合わせて2,000点に。膨大な症例写真を見ていくうちに、「この疾患なら、このような顔つき」という臨床所見のスペクトラムがつかめるようになる!

<目次・table of contents>
部位,色調,形状で分けた 画像目次

I 基底細胞癌 basal cell carcinoma
 臨床像と病理組織像のポイント
  1 結節型
  2 モルフェア型
  3 表在型
  4 非色素性,低色素性

II 有棘細胞癌およびその類症 squamous cell carcinoma
 臨床像と病理組織像のポイント
  1 有棘細胞癌
  2 ケラトアカントーマ様有棘細胞癌
  3 ケラトアカントーマ
  4 疣状癌
  5 光線角化症
  6 Bowen病
  7 Bowen様丘疹症

III 悪性黒色腫 malignant melanoma
 臨床像と病理組織像のポイント
  1 悪性黒子型
  2 表在拡大型
  3 結節型
  4 末端黒子型
  5 無色素性黒色腫
  6 皮膚転移

IV その他の皮膚がん
  1 Paget病
  2 汗器官癌
  3 脂腺癌
  4 血管肉腫
  5 隆起性皮膚線維肉腫
  6 Merkel細胞癌
  7 転移性皮膚癌

V 皮膚がんと鑑別を要する良性疾患
 臨床像と病理組織像のポイント
  1 色素細胞母斑
  2 良性上皮性腫瘍
  3 良性軟部腫瘍
  4 血管病変
  5 その他

ダーモスコピー用語 和欧対照一覧
提供症例一覧

索引

<著者情報・author information>
田中 勝(たなか まさる:TANAKA Masaru)
 東京女子医科大学東医療センター皮膚科教授、医学博士
安齋 眞一(あんさい しんいち:ANSAI Shinichi)
 東京医科大学 皮膚科学教室客員教授

Links(Author's world・著作とその世界)
医学書院(Igaku-shoin)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。