スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「今月の専門医 公文 裕巳:前立腺がん prostate cancer(2011.05)」がんの本ブログ

Hiromi KUMON1
◆今月の雑誌から 注目される専門医と治療法(2011.05) 
(From Japanese magazine:specialist & cure)

前立腺がん prostate cancer>
◆週刊ポスト(2011/05/27) 頁:99
見出し→医心伝身/がん抑制遺伝子「REIC」による前立腺がん治療
公文 裕巳・泌尿器病態学教授 - 岡山大学大学院

∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
公文 裕巳(クモン ヒロミ・Hiromi KUMON)
岡山大学大学院医歯学総合研究科泌尿器病態学教授

「細胞レベルでの分子イメージングから遺伝子・細胞治療まで、ナノ・バイオテクノロジーの融合によるヒトに優しい標的医療の実現を目指しています。岡山大学内にナノバイオ標的医療イノベーションセンターの設立し、新規の癌標的治療の実現のため、REIC遺伝子を中心とした遺伝子治療や免疫学的細胞治療、また高効率・低副作用のナノバイオDDSキャリアの開発を進めています。さらに、生体分子イメージングの駆使した、癌の超早期診断および癌標的治療のモニタリングの研究を行っています。」

◇新規癌抑制遺伝子REICを用いた革新的標的医療の開発
REIC遺伝子発現アデノウイルスベクターを用いた遺伝子治療は、癌細胞だけを選択的に死滅させる作用と宿主の抗腫瘍免疫を増強させる作用が同時に期待できる新しい治療法。
「REIC遺伝子は多くの癌でその発現が低下し、発癌機構に対しては抑制的に機能します。前立腺癌・腎細胞癌・悪性中皮腫における研究では、その遺伝子導入により、小胞体ストレス反応に基づく癌細胞特異的な強力な細胞死誘導作用が確認されています。臨床の場でのREIC遺伝子を用いた癌標的医療により、広範な癌種において癌縮小効果が期待されます。また、REIC遺伝子の持つ癌化抑制・腫瘍増大抑制作用に基づく、発癌予防剤の開発が期待されています。」

・腫瘍特異的遺伝子発現ベクターの開発
肝臓癌モデルで標的性の確認を行っており、腫瘍だけにベクターが集積し且つ腫瘍だけで遺伝子が発現・治療効果をイメージングするシステムを開発中。

Links
J-GLOBAL(公文 裕巳)
KAKEN(公文 裕巳)
岡山大学大学院医歯学総合研究科泌尿器病態学
(Department of Urology Okayama University Graduate School of Medicine and Dentistry)

岡山大学病院(Okayama University Hospital)
「REIC」前立腺がん治療 来月から臨床研究 岡山大 国審議会承認(2010年12月23日 山陽新聞)

最新がん臨床試験(Japanese cancer clinical trial/2011.1.24)前立腺がん/前立腺癌に対するREIC遺伝子治療
最新・先端医療NEWSを追う!世界初!岡大病院 がん抑制遺伝子「REIC・Reduced Expression in Immortalized Cells」で、前立腺がん臨床開始(2011.1.25)

スポンサーサイト

「今月の専門医 堀江 重郎:前立腺がん:prostate cancer (2010.09)」がんの本ブログ

senmoni1.jpg
◆今月の雑誌から 注目される専門医と治療法(2010.09) 
(From Japanese magazine:specialist & cure)

前立腺がん:prostate cancer>
◆週刊現代(2010/09/11), 頁:194
見出し→がんと闘う男たち<あなたの命を助けたい>-日本の名医2010
堀江重郎・主任教授 - 帝京大学医学部附属病院(泌尿器科)

∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
帝京大学医学部附属病院 泌尿器科 堀江 重郎 主任教授
最先端医療である「切らずに治すHIFU(高密度焦点式超音波療法)」の第一人者。HIFU療法の長所としては、(1)身体に傷がつかない(出血がない)(2)放射線治療などと異なり、繰り返し治療することが可能(3)短期間の入院で治療が可能(4)手技が簡単で一般泌尿器科医の知識と技能があれば比較的短期間で習得が可能(5)治療効果に組織学的依存性がない(6)導入費、治療費が比較的安価(ただし、現時点では保険診療未認可のため自費医療)などが上げられる。

◇帝京大学医学部附属病院泌尿器科
・2003年度より診療科長が交代し都内23区では他施設に先駆け、前立腺癌に対し安全性の高い低侵襲治療・高密度焦点式超音波治療(HIFU)を開始し、国内外で注目されています。

・腹部切開がわずかで手術後の回復の早い腹腔鏡手術は日本の指導的な立場にあり、東京都北部、埼玉県南部で有数の手術件数があります。副腎腫瘍については診断と手術後のホルモン補充療法を行っております。

・治療費:90万円(プラス消費税4万5千円)2泊3日入院

Links
帝京大学医学部附属病院(Teikyo University)
帝京大学医学部附属病院 泌尿器科 堀江 重郎(Horie Yoshio) 主任教授
前立腺癌に対する先端治療“高密度焦点式超音波治療(HIFU)”

「今月の専門医 前立腺がん・Prostate cancer」がんの本ブログ

imgp6.jpgFrom This month's magazine~Medical Specialist & treatment

◆今月の雑誌から 注目される専門医と治療法(2010.04) 

<前立腺がん・Prostate cancer>

◇週刊文春(2010/04/22), 掲載頁:107
見出し→病院/診療とPSA-まず初回検診で基礎値を把握
伊藤一人・准教授 - 群馬大学医学部附属病院(泌尿器科)

∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
泌尿器科
前立腺癌診断については、前立腺特異抗原(PSA)値・超音波検査・直腸診所見をもとに、年齢と前立腺重量を加味した多数箇所生検によって癌の診断を行っている。癌が発見された場合には、MRS新しい画像診断技術を併用してより正確な病期診断を行い、個々の病状に合わせて、ホルモン療法、手術、放射線療法を単独、あるいは組み合わせておこなっている。
MRS
MR スペクトロスコピーは、断層撮影MRIを発展させた新しい画像診断法。  

◇週刊現代(2010/04/24), 掲載頁:198
見出し→日本の名医2010(3)-がんと闘う男たち
幡野和男・部長 - 千葉県がんセンター(放射線治療部)

∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
放射線治療部
放射線腫瘍医(放射線治療医)が診察により病気の進行度や治療を受けられる方の体の状態を把握した上で、放射線治療が可能か否か、どの様な照射(放射線を体にあてること)方法が適切か、などを判断している。
IMRT(強度変調放射線治療)
IMRTは腫瘍には高線量を照射し、腫瘍周囲正常組織への線量減少を可能とする新しい照射法です。  

◇週刊文春(2010/04/15), 掲載頁:125
見出し→病院/前立腺がんの術後尿失禁-人工括約筋埋め込みで生活が改善される
荒井陽一・教授 - 東北大学病院(泌尿器科)

∞管理者メモ(Administrator Memorandum)
泌尿器科
泌尿器科臨床では、腹腔鏡下手術に代表される低侵襲治療法、骨盤内手術と機能再建、尿路再建、抗癌化学療法、高齢者排尿管理、小児先天異常手術、顕微鏡下精路再建、など多方面で、質の高い医療の提供と先端医療技術の開発・研究をめざしている。
人工括約筋埋め込み
形状記憶合金(shape memory alloy, SMA)と経皮電力伝送技術を用いた、構造の簡単かつコンパクトな完全埋込型人工肛門括約筋を開発。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。