スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/01/2015)新たに診断された骨髄腫関連疾患 Newly diagnosed plasma cell neoplasms

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022099 2016/05/01
日本における骨髄腫関連疾患の予後に関する大規模多施設前向き観察研究
Prospective observational study to assess the prognosis of patients with plasma cell neoplasms in Japan
・新たに診断された骨髄腫関連疾患 Newly diagnosed plasma cell neoplasms
・該当せず/Not applicable
・一般募集中/Open public recruiting
・日本における骨髄腫関連疾患の予後ならびに予後因子について調査すること The objective of this study is to figure out the prognosis and the prognostic factor in patients with plasma cell neoplasms.
・有効性/Efficacy
・観察/Observational
・-
・-
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・1100
・飯田 真介 Shinsuke Iida
・大阪大学医学部附属病院 Osaka University Hospital
・一般社団法人 日本血液学会 THE JAPANESE SOCIETY OF HEMATOLOGY
・一般社団法人 日本血液学会 THE JAPANESE SOCIETY OF HEMATOLOGY

・プロトコル掲載URL/URL releasing protocol http://www.jshem.or.jp/shikkan/mm.html
・その他関連情報/Other related information
前向き観察研究
骨髄腫関連疾患において、年齢、病期、染色体リスクグループ、初回治療法の違いによる全生存期間や無増悪生存期間などの有効性のエンドポイントに差があることを検討する。
MGUS、無症候性骨髄腫においては、M蛋白値、骨髄形質細胞割合、血清遊離軽鎖比が疾患進行に影響を及ぼすか否か検討する。
Prospective observational study
In patients with symptomatic myeloma, several factors such as age, clinical stage, cytogenetic risk group and difference of initial therapies are considered to influence on the efficacy endpoints such as overall survival and progression-free survival.
In patients with MGUS and asymptomatic myeloma, several factors such as paraprotein level, marrow plasma cell percentage, serum free light chain ratio are considered to influence on the disease progression.

スポンサーサイト

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/01/2015)原発性骨髄線維症 Primary myelofibrosis

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021946 2016/05/01
本邦における原発性骨髄線維症の臨床像に関する研究
A nationwide survey of clinical outcome of patients with primary myelofibrosis in Japan
・原発性骨髄線維症 Primary myelofibrosis
・-
・限定募集中/Enrolling by invitation
・わが国における原発性骨髄線維症の臨床像、予後因子、薬物療法など、その臨床像について、その実態を調査すること A nationwide survey is conducted to elucidate the clinical features, treatments, and prognosis of primary myelofibrosis patients in Japan
・その他/Others
・観察/Observational
・-
・-
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・700
・赤司 浩一 Koichi Akashi
・九州大学病院 Kyushu University Hospital
・厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業・特発性造血障害に関する調査研究班 The Idiopathic Disorders of Hematopoietic Organs Research Committee of Japan
・厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業・特発性造血障害に関する調査研究班 The Idiopathic Disorders of Hematopoietic Organs Research Committee of Japan

・その他関連情報/Other related information
 年間約50例の新規登録があり、登録証例は年に1回、アンケート調査形式にて予後調査を行っている。
 Questionnaires are sent annually to about 500 hematology departments. Newly diagnosed PMF patients are enrolled in this study and are followed annually to collect the prognostic information.The number of enrolled patients per year was around 50.

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/29/2015)造血器腫瘍 hematologic malignancy

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022141 2016/04/29
造血器腫瘍患者のストレス特性に関する研究  ―自律神経機能評価を用いた運動療法,認知行動療法プログラムの効果検証―
Stress properties of the patients with Hematologic Malignancies. -Effect of cognitive-behavioral therapy program combines exercise therapy on autonomic nerve function-
・造血器腫瘍 hematologic malignancy
・-
・限定募集中/Enrolling by invitation
・運動療法と併用した注意バイアス修正法,認知行動療法による介入で,患者の不安心理を減弱させる,不安の減弱が活動量へ影響を与えることを検証する To verify the intervention combined with exercise and the attention bias modification method based on cognitive behavioral therapy, that give to attenuate the symptomatic anxiety and the gain in an amount of locomotor activity.
・有効性/Efficacy
・介入/Interventional
・教育・カウンセリング・トレーニング/Educational,Counseling,Training
・行動・習慣/Behavior,custom
 ①介入1/Interventions/Control_1
 運動療法
 注意バイアス修正法
 認知行動療法
 Exercise therapy
 Attention bias modification (ABM)
 Cognitive behavioral therapy
 ②介入2/Interventions/Control_2
 運動療法
 注意バイアス修正法(プラセボ)
 ストレッチング
 Exercise therapy
 Placebo ABM
 Stretching
・18歳/years-oldより上/<
・90歳/years-old以下/>=
・男女両方/Male and Female
・30
・小泉 浩平 Kohei Koizumi
・埼玉医科大学国際医療センター Saitama Medical University International Medical Center
・埼玉医科大学国際医療センター Saitama Medical University International Medical Center
・自己調達/Self funding

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/26/2015)多発性骨髄腫 Multiple Myeloma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022073 2016/04/26
ボルテゾミブ投与による末梢神経障害(Chemotherapy-induced peripheral neuropathy: CIPN)に対するラフチジンの予防・軽減効果, 安全性の検討
A trial evaluating the efficacy and safety of Laftidine for protection against bortezomib-induced peripheral neuropathy
・多発性骨髄腫 Multiple Myeloma
・-
・開始前/Preinitiation
・本研究はボルテゾミブ投与による末梢神経障害(Chemotherapy-induced peripheral neuropathy: CIPN)に対するラフチジンの予防・軽減効果、安全性を明らかにすることを目的とする。 We aim to clarify the efficacy and safety of Laftidine for protection against bortezomib-induced peripheral neuropathy.
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・予防・検診・検査/Prevention
・医薬品/Medicine
 介入1/Interventions/Control_1
 多発性骨髄腫患者に対し、ボルテゾミブ初回投与時から4クール目の休薬期間終了時までラフチジン(10mg、1日2回)を投与する。
 lafutidine was administered orally at a dose of 10 mg twice a day from the first course to the forth course of chemotherapy with Bortezomib.
・20 歳/years-old 以上/<=
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・60
・金倉 譲 Yuzuru Kanakura
・大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 Department of Hematology and Oncology, Osaka University Graduate School of Medicine
・大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 Department of Hematology and Oncology, Osaka University Graduate School of Medicine
・大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 Department of Hematology and Oncology, Osaka University Graduate School of Medicine

・試験実施施設名称/Institutions
大阪府立成人病センター(大阪府):Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases(Osaka)
NTT西日本大阪病院(大阪府): NTT WEST Osaka Hospital(Osaka)
県立西宮病院(兵庫県):Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital(Hyogo)
大手前病院(大阪府):Otemae Hospital(Osaka)
市立芦屋病院(兵庫県):Ashiya Municipal Hospital(Hyogo)
市立池田病院(大阪府):Ikeda City Hospital(Osaka)
市立伊丹病院(大阪府):Itami City Hospital(Osaka)
堺市立総合医療センター(大阪府):Sakai City Medical Center(Osaka)
市立吹田病院(大阪府):Suita Municipal Hospital(Osaka)
市立豊中病院(大阪府):Toyonaka Municipal Hospital(Osaka)
住友病院(大阪府):Sumitomo Hospital(Osaka)
日生病院(大阪府):Nissay Hospital(Osaka)
市立箕面病院(大阪府):Minoh City Hospital(Osaka)
りんくう総合医療センター(大阪府):Rinku General Medical Center(Osaka)
八尾市立病院(大阪府):Yao Municipal Hospital(Osaka)
関西労災病院(兵庫県):Kansai Rosai Hospital(Hyogo)
国立病院機構大阪医療センター(大阪府): National Hospital Organization Osaka National Hospital(Osaka)
医療法人川崎病院(兵庫県):Kobe Kawasaki Hospital(Hyogo)
市立川西病院(大阪府):Kawanishi City Hospital(Osaka)

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/26/2015)悪性リンパ腫 Malignant lymphoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022072 2016/04/26
ビンクリスチン投与による末梢神経障害(Chemotherapy-induced peripheral neuropathy: CIPN)に対するラフチジンの予防・軽減効果, 安全性の検討
A trial evaluating the efficacy and safety of Laftidine for protection against vincristine-induced peripheral neuropathy
・悪性リンパ腫 Malignant lymphoma
・-
・開始前/Preinitiation
・本研究はビンクリスチン投与による末梢神経障害(Chemotherapy-induced peripheral neuropathy: CIPN)に対するラフチジンの予防・軽減効果、安全性を明らかにすることを目的とする。 We aim to clarify the efficacy and safety of Laftidine for protection against vincristine-induced peripheral neuropathy.
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・予防・検診・検査/Prevention
・医薬品/Medicine
 介入1/Interventions/Control_1
 悪性リンパ腫患者に対し、化学療法開始時から4クール目の休薬期間終了時までラフチジン(10mg、1日2回)を投与する。
 lafutidine was administered orally at a dose of 10 mg twice a day from the first course to the forth course.
・20 歳/years-old 以上/<=
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・30
・金倉 譲 Yuzuru Kanakura
・大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 Department of Hematology and Oncology, Osaka University Graduate School of Medicine
・大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 Department of Hematology and Oncology, Osaka University Graduate School of Medicine
・大阪大学大学院医学系研究科 血液・腫瘍内科学 Department of Hematology and Oncology, Osaka University Graduate School of Medicine

・試験実施施設名称/Institutions
大阪府立成人病センター(大阪府):Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases(Osaka)
NTT西日本大阪病院(大阪府): NTT WEST Osaka Hospital(Osaka)
県立西宮病院(兵庫県):Hyogo Prefectural Nishinomiya Hospital(Hyogo)
大手前病院(大阪府):Otemae Hospital(Osaka)
市立芦屋病院(兵庫県):Ashiya Municipal Hospital(Hyogo)
市立池田病院(大阪府):Ikeda City Hospital(Osaka)
市立伊丹病院(大阪府):Itami City Hospital(Osaka)
堺市立総合医療センター(大阪府):Sakai City Medical Center(Osaka)
市立吹田病院(大阪府):Suita Municipal Hospital(Osaka)
市立豊中病院(大阪府):Toyonaka Municipal Hospital(Osaka)
住友病院(大阪府):Sumitomo Hospital(Osaka)
日生病院(大阪府):Nissay Hospital(Osaka)
市立箕面病院(大阪府):Minoh City Hospital(Osaka)
りんくう総合医療センター(大阪府):Rinku General Medical Center(Osaka)
八尾市立病院(大阪府):Yao Municipal Hospital(Osaka)
関西労災病院(兵庫県):Kansai Rosai Hospital(Hyogo)
国立病院機構大阪医療センター(大阪府): National Hospital Organization Osaka National Hospital(Osaka)
医療法人川崎病院(兵庫県):Kobe Kawasaki Hospital(Hyogo)
市立川西病院(大阪府):Kawanishi City Hospital(Osaka)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。