スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/04/2015)萎縮性胃炎 atrophic gastritis

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022204 2016/05/04
内視鏡的画像強調観察を用いた早期胃癌の検出の検討
Detection of early gastric cancer using image-enhanced endoscopy
・萎縮性胃炎 atrophic gastritis
・-
・開始前/Preinitiation
・萎縮性胃炎を有する患者に対して、上部消化管内視鏡検査を施行し、通常の白色光観察に加えて画像強調観察を施行することにより早期胃癌の検出の有効性を検討する。
The aim of this study is to evaluate detection of early gastric cancer usig image-enhanced endoscopy for patients with atrophic gastritis
・有効性/Efficacy
・観察/Observational
・-
・-
・20 歳/years-old 以上/<=
・100歳/years-old未満/>
・男女両方/Male and Female
・500
・今枝 博之 Hiroyuki Imaeda
・埼玉医科大学 Saitama Medical University
・埼玉医科大学 Saitama Medical University
・自己調達/Self funding

・その他関連情報/Other related information
初めに通常光で観察し、その後、BLI-brightのモードで観察、さらにLCIモードで観察し、病変が疑われれば白色光での観察を再検し、インジゴカルミンを用いた色素内視鏡を施行することにより病変が疑われた場合には生検を施行し、病理組織学的に診断する。
First, conventional endoscopy
Second, BLI mode and LCI mode
Third, endoscopy using indigocarmine dye spraying
Finally, pathological diagnosis by biopsy specimen

スポンサーサイト

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/01/2015)胃癌 gastric cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021359 2016/05/01
胃癌根治手術後の胸部CT検査における肺結節性病変の検出に関する研究
Detection of the pulmonary nodular lesion using computed tomography after gastric cancer resection
・胃癌 gastric cancer
・-
・開始前/Preinitiation
・として、その有用性を確認するため、本試験では、胸部CT検査で検出される原発性・転移性肺結節の発生割合を調査する To estimate the effectiveness to detect of the pulmonary nodular lesion using computed tomography after gastric cancer resection
・その他/Others
・観察/Observational
・-
・-
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・3000
・小寺 泰弘 Yasuhiro Kodera
・名古屋大学大学大学院医学系研究科 消化器外科学 Department of Gastroenterological Surgery, Nagoya University Graduate School of Medicine
・名古屋大学大学大学院医学系研究科 消化器外科学 Department of Gastroenterological Surgery, Nagoya University Graduate School of Medicine
・自己調達/Self funding

・その他関連情報/Other related information
対象:2016年5月1日から2019年11月末までに参加施設を受診した患者で選択基準に合致した全員
測定する項目:
術前
(1) 胸腹部・骨盤造影CT検査
(2) 上部消化管内視鏡検査
術中・術後の検査と評価
(1) 既往歴
(2) 手術術式、リンパ節郭清度、再建法、合併切除臓器の有無
(3) 病理所見
(4) 術中合併症
(5) 術後合併症
(6) サーベイランス胸部CT検査日と所見
(7) CT所見に対する治療の有無
(8) 再発日、再発部位、死亡日
In patients fulfilling the criteria between May 1, 2016 and November 30, 2019.
Preoperative assessment;
Imaging
Intra- and postoperative assessment;
(1) Past history
(2) Intraoperative findings
(3) Pathological findings
(4) Intraoperative complications
(5) Postoperative complications
(6) Postoperative chest computed tomography
(7) Treatment for the pulmonary lesions
(8) Day of recurrence and death

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/22/2015)早期胃癌 early gastric cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022006 2016/04/22
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD:endoscopic submucosal dissection)術後潰瘍に対するボノプラザンフマル酸塩とランソプラゾールの治療効果比較
Potassium-competitive acid blocker versus proton pump inhibitor for the healing effect of gastric ulcer induced by endoscopic submucosal dissection
・早期胃癌 early gastric cancer
・該当せず/Not applicable
・試験終了/Completed
・早期胃癌ESD後潰瘍に対するボノプラザンフマル酸塩とランソプラゾールの潰瘍治癒効果の比較 The aim of this study was to compare the healing effect of P-CAB (vonoprazan) and PPI (lansoprazole) on ESD-induced ulcers.
・有効性/Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine
 ①介入1/Interventions/Control_1
 当院で早期胃癌に対するESDを施行された30名をランダムにボノプラザン群とランソプラゾール群に割り付けを行った。ボノプラザン群はボノプラザン20㎎/dayをESD術後28日目まで内服し、術直後、術後8日目、術後28日目の潰瘍面積を計算した。
 Patients were prospectively and randomly assigned into either vonoprazan group or lansoprazole group. The day before ESD, patients were admitted. After the ESD,patients in vonoprazan group began to take vonoprazan 20mg daily until the protocol finished. Eight days and 28 days after ESD, patients underwent follow-up EGD and the shrinking rate of the ulcers on day 8th and 28th was evaluated between the 2 groups.
 ②介入2/Interventions/Control_2
 ランソプラゾール群はランソプラゾール30㎎をESD術後28日目まで内服し、術直後、術後8日目、術後28日目の潰瘍面積を計算し、両群で潰瘍縮小率を比較した。
 Patinets in lansoprazole group began to took lansoprazole 30mg daily until the protocol finished.
・20 歳/years-old 以上/<=
・90歳/years-old未満/>
・男女両方/Male and Female
・30
・高橋 一也 Kazuya Takahashi
・新潟大学大学院医歯学総合研究科 Niigata University Medical and Dental Hospital, Niigata, Japan
・佐渡総合病院 Sado general hospital
・無し not applicable

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/20/2015)遠隔転移を有さない胃癌 Gastric cancer without distant metastasis

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021990 2016/04/20
胃癌術後障害に関する研究
Assessment for the postgastrectomy syndrome
・遠隔転移を有さない胃癌 Gastric cancer without distant metastasis
・該当せず/Not applicable
・限定募集中/Enrolling by invitation
・胃癌の治療により栄養状態を中心とする全身状態が主観的・客観的にどのように変化するのかを明らかにする。 To evaluate general and nutritional condition for the postgastrectomy patients.
・その他/Others
・観察/Observational
・-
・-
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・200
・佐々木 滋 Shigeru Sasaki
・さいたま赤十字病院 Saitama Red Cross Hospital
・さいたま赤十字病院 Saitama Red Cross Hospital
・自己調達/Self funding

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/10/2015)早期胃癌・腺腫 Early gastric cancer/gastric adenoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021857 2016/04/10
ピロリ除菌およびアスピリン内服による胃癌の化学予防に関する分子病理学的研究
Chemoprevention of gastric cancer by H. pylori eradication or taking aspirin: analysis of molecular alterations
・早期胃癌・腺腫 Early gastric cancer/gastric adenoma
・-
・一般募集中/Open public recruiting
・除菌後あるいはアスピリン内服後3年以上経過して発見され、内視鏡治療された早期胃癌・胃腺腫患者の背景粘膜における腸上皮化生(IM)での分子異常を明らかにする。 To clarify the molecular alterations in intestinal metaplassia (IM) in patients who underwent endoscopic resection of early gastric cancer or adenoma after 3 years or more of H. pylori treatment or taking a daily aspirin.
・その他/Others
・観察/Observational
・-
・-
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・100
・三輪 洋人 Hiroto Miwa
・兵庫医科大学 Hyogo College of Medicine
・兵庫医科大学 Hyogo College of Medicine
・自己調達/Self funding


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。