スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/18/2015)小児難治性肝がん ( 肝芽腫、肝細胞がん) Pediatric hepatoblastoma and hepatocellular carcinoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021931 2016/04/18
小児難治性肝がんに対するソラフェニブとイリノテカン分割投与の併用療法における安全性評価試験
Pilot Study of the combination of sorafenib and fractionated irinotecan in pediatric relapse/refractory hepatic cancer
・小児難治性肝がん ( 肝芽腫、肝細胞がん) Pediatric hepatoblastoma and hepatocellular carcinoma
・-
・開始前/Preinitiation
・小児難治性肝がんに対するソラフェニブ 、イリノテカン併用療法の安全性を評価 し、ソラフェニブに併用する場合のイリノテカンの安全な投与量を決定する。イリノテカンの投与量には2段階を設け (50mg/m2 x 5日もしくは50mg/m2 x 10日)、3 + 3デザインに準じて投与量 の設定を行う。 To evaluate the safety of irinotecan and sorafenib for combination therapy to determine the safe dose of irinotecan when used in combination to sorafenib for children intractable liver cancer.The dose of irinotecan is a two level formed 50 mg per square meter for 5 days or 50 mg per square meter for 10days settled the dosageby 3plus3 design.
・安全性/Safety
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine
 介入1/Interventions/Control_1
 ソラフェニブ(経口)200mg 1日2回 5日間
 イリノテカン(静注)体表面積あたり20mg 5ないし10日間
 sorafenib (po) 200mg twice a day 5days
 irinotecan (iv) 20mg per squaremeters 5 or 10 days.
・適用なし/Not applicable
・18歳/years-old 以下/>=
・男女両方/Male and Female
・12
・後藤 裕明 Hiroaki Goto
・神奈川県立こども医療センター Kanagawa children's medical center
・神奈川県立こども医療センター Kanagawa children's medical center
・自己調達/Self funding

スポンサーサイト

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy JapicCTI 01/25/2016)肝細胞がん Hepatocellular Carcinoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆※上記サイトより転載。Reprinted from this site.
◆JapicCTI-152941 2016年1月25日 改訂
・参加者募集中 Recruiting
慢性肝炎ウイルス性感染,又は非感染の進行性肝細胞癌患者を対象に,ニボルマブ,又はニボルマブ及びイピリムマブを併用する第1/2相用量漸増,オープンラベル,非比較試験,及び全身療法未実施の進行性肝細胞癌患者を対象にニボルマブとソラフェニブを比較するランダム化,オープンラベル比較試験
A Phase 1/2, Dose-escalation, Open-label, Non-comparative Study of Nivolumab or Nivolumab
・【classification/分類項目】 肝細胞がん Hepatocellular Carcinoma
・【classification/分類項目】 CTLA-4, PD-1, PD-L1/ 免疫チェックポイント阻害薬
・【classification/分類項目】 小野薬品工業 ONO PHARMACEUTICAL
◆参考資料・関連情報 (reference materials & related information)◆
・NCI Drug Dictionary nivolumab
・試験薬剤名/ 一般名:nivolumab (ONO-4538/BMS-936558) 商品名:Opdivo 抗PD-1ヒトモノクローナル抗体/免疫チェックポイント阻害薬

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/11/2015)肝腫瘍 liver tumor

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021834 2016/04/11
肝切除におけるICG蛍光イメージングの有用性に関する研究
Clinical validation of intraoperative indcyanine-green(ICG) fluorescence imaging in hepatecomy
・肝腫瘍 liver tumor
・-
・参加者募集中/Recruiting
・肝腫瘍に対して肝切除術を施行する症例について、ICG蛍光イメージング法の有用性について検討する。 To evaluate for the efficacy of ICG fluorescence imaging in hepatectomy.
・有効性/Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine
 介入1/Interventions/Control_1
 手術中におけるジアグノグリーン注射用(一般名:インドシアニングリーン)の静注
 indocyanine green
・20 歳/years-old 以上/<=
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・50
・調 憲 Ken Shirabe
・群馬大学大学院 Gunma University Graduate School of Medicine
・群馬大学大学院 Gunma University Graduate School of Medicine
・群馬大学大学院 Gunma University Graduate School of Medicine

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/07/2015)非アルコール性脂肪肝疾患 nonalcoholic fatty liver disease

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021810 2016/04/07
非アルコール性脂肪肝疾患における肝細胞癌発症に関する前向きコホート研究
Cohort study of carcinogenesis of hepatocellular carcinoma in nonalcoholic fatty liver disease
・非アルコール性脂肪肝疾患 nonalcoholic fatty liver disease
・-
・一般募集中/Open public recruiting
・MRエラストグラフィおよび超音波エラストグラフィを用いて肝病態の経時的変化を追い、さらには血液検査や生活習慣病の治療状況をみることでHCC発癌に寄与する因子を明らかにしたい。 To elucidate the risk factor of carcinogenesis of HCC by assessing time-dependent change of liver pathogenesis by using MR elastography and transient elastgraphy, hematological examination and therapeutic situation of lifestyle-related diseases in patients with nonalcoholic fatty liver disease.
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・観察/Observational
・-
・-
・20 歳/years-old 以上/<=
・90 歳/years-old 以上/<=
・男女両方/Male and Female
・50
・小川 祐二 Yuji Ogawa
・横浜市立大学 Department of Gastroenterology and Hepatology, Yokohama City University School of medicine
・横浜市立大学 Department of Gastroenterology and Hepatology, Yokohama City University School of medicine
・横浜市立大学 Department of Gastroenterology and Hepatology, Yokohama City University School of medicine

・その他関連情報/Other related information
MRエラストグラフィおよび超音波エラストグラフィを用いて肝病態の経時的変化を追う
To assess the time-dependent change of liver pathogenesis by using MR elastography and transient elastgraphy.

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 03/24/2015)肝細胞癌 Hepatocellular Carcinoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021558 2016/03/24
肝細胞癌に対する炭素イオン線治療の第II相臨床試験
A Phase II Clinical Trial of Carbon-Ion Therapy for Hepatocellular Carcinoma
・肝細胞癌 Hepatocellular Carcinoma
・第Ⅱ相/Phase II
・開始前/Preinitiation
・神奈川県立がんセンターにおいて炭素イオン線治療を受ける肝細胞癌患者を対象に,効果および安全性を評価する。 To evaluate the efficacy and safety of carbon-ion radiotherapy for patients with hepatocellular carcinoma in Kanagawa Cancer Center
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医療器具・機器/Device,equipment
 介入1(Interventions/Control_1)
 重粒子線治療
 1回24.0GyE、合計2回、総線量48.0GyE
 Carbon-ion radiotherapy
 A total of 48.0 GyE, consisting of two fractions of 24.0 GyE
・20 歳/years-old 以上/<=
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・50
・中山 優子 Dr. Yuko Nakayama
・地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立がんセンター Kanagawa Cancer Center, Kanagawa Prefectural Hospital Organization
・神奈川県立病院機構 神奈川県立がんセンター Kanagawa Cancer Center, Kanagawa Prefectural Hospital Organization
・自己調達/Self funding


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。