スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/28/2015)子宮頸部上皮内腫瘍 cervical intra-epithelial neoplasia

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022113 2016/04/28
子宮頸部上皮内腫瘍に対するME2906(レザフィリン)及び半導体レーザ(PDレーザ)による光線力学療法(PDT)の安全性および抗腫瘍効果を検討する臨床研究
Phase I/IIa clinical trial of PDT for cervical intra-epithelial neoplasia using talaporfin sodium and PD laser
・子宮頸部上皮内腫瘍 cervical intra-epithelial neoplasia
・第Ⅰ・Ⅱ相/Phase I,II
・参加者募集中/Recruiting
・ME2906とPDレーザによる光線力学的療法(PDT)を子宮頸部上皮内腫瘍の患者の治療へ応用するため、第1相臨床試験として子宮頸部におけるレーザ照射エネルギー密度の推奨量(RD:Recommended dose)を決定し、その安全性を検討する。次に早期第Ⅱ相臨床試験として子宮頸部上皮内腫瘍に対するPDTの抗腫瘍効果(奏効率)、有効性を検討する。 To establish PDT for CIN using talaporfin sodium and PD laser, phase I/IIa clinical trial is planned and performed. Safety and efficacy of PDT for CIN are evaluated in this study.
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine 医療器具・機器/Device,equipment
 介入1/Interventions/Control_1
 レザフィリン静脈注射後、4〜6時間後、病変部にPDレーザー照射。
 Laser irradiation 4-6 hours after intravenous administration of talaporfin sodium.
・20 歳/years-old 以上/<=
・70歳/years-old未満/>
・女/Female
・29
・坂本 優 Masaru Sakamoto
・公益財団法人佐々木研究所附属杏雲堂病院 Sasaki Foundation Kyoundo Hospital
・公益財団法人佐々木研究所附属杏雲堂病院 Sasaki Foundation Kyoundo Hospital
・公益財団法人佐々木研究所 Sasaki Foundation Kyoundo Hospital

スポンサーサイト

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/07/2015)子宮頸癌 stageIB2-IIb stage IB2-IIb of uterine cervical cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021727 2016/04/07
子宮頸がんIB2・II期を対象としたイリノテカン塩酸塩水和物+ネダプラチンによる術前補助化学療法+根治手術+術後補助化学療法
Neoadjuvant irinotecan and nedaplatin followed by radical hysterectomy for bulky stage Ib/II cervical cancer
・子宮頸癌 stageIB2-IIb stage IB2-IIb of uterine cervical cancer
・-
・参加者募集中/Recruiting
・イリノテカン塩酸塩水和物+ネダプラチンによる術前補助化学療法+広汎子宮全摘手術の治療効果を検証する。 To investigate the efficacy of neoadjuvant irinotecan and nedaplatin followed by radical hysterectomy for bulky staged IB2-IIB cervical cancer
・有効性/Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine
 介入1/Interventions/Control_1
 術前化学療法
 neoadjuvant chemotherapy
・20 歳/years-old 以上/<=
・75 歳/years-old 以上/<=
・女/Female
・68
・森 泰輔 Taisuke Mori
・京都府立医科大学 Kyoto Prefectural University of Medicine
・関西臨床腫瘍研究会 Kansai Clinical Oncology Group; KCOG
・関西臨床腫瘍研究会 Kansai Clinical Oncology Group; KCOG

・試験実施施設名称/Institutions
岐阜大学病院(岐阜県)、関西ろうさい病院(兵庫県)、京都府立医科大学(京都府)、千船病院(大阪府)

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/01/2015)子宮頸癌、子宮体癌 uterine cervical cancer, uterine body cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021721 2016/04/01
パワードップラーとマイクロバブルを用いた超音波画像定量解析による子宮頸癌および子宮体癌におけるセンチネルリンパ節転移診断の探索的研究
Quantitative analysis of microbubble-enhanced ultrasound for diagnosis of sentinel lymph node metastasis of uterine cervical cancer and uterine body cancer
・子宮頸癌、子宮体癌 uterine cervical cancer, uterine body cancer
・該当せず/Not applicable
・開始前/Preinitiation
・子宮頸癌および子宮体癌において、センチネルリンパ節に対しマイクロバブル造影超音波解析を行い、術中のリンパ節転移診断法としての有用性を検証する。 To evaluate the usefulness of quantitative analysis of contrast-enhanced ultrasound imaging to detect LN metastasis in cervical cancer.
・有効性/Efficacy
・介入/Interventional
・診断/Diagnosis
・医薬品/Medicine
 介入1/Interventions/Control_1
 ソナゾイド sonazoid
・20 歳/years-old 以上/<=
・75 歳/years-old 以上/<=
・女/Female
・100
・新倉 仁 Hitoshi Niikura
・東北大学病院 Tohoku University Hospital
・東北大学病院 Tohoku University Hospital
・自己調達/Self funding

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/01/2015)婦人科がんに対し抗がん剤治療を施行した患者 Patients who underwent anti-cancer drug treatment for gynecological cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021312 2016/04/01
市立函館病院産婦人科において、抗がん剤治療を施行した患者さんへのがん関連に対する倦怠感の聞き取り調査
Hearing investigation of the lassitude for the cancer connection to the patient who enforced anticancer agent treatment in the municipal Hakodate hospital obstetrics and gynecology department
・婦人科がんに対し抗がん剤治療を施行した患者 Patients who underwent anti-cancer drug treatment for gynecological cancer
・-
・開始前/Preinitiation
・抗がん剤治療に対する倦怠感の調査 Investigation of malaise to an anti-cancer drug treatment
・その他/Others
・観察/Observational
・-
・-
・20 歳/years-old 以上/<=
・90歳/years-old以下/>=
・女/Female
・50
・坂田 幸雄 Yukio Sakata
・市立函館病院 Hakodate Municipal Hospital
・市立函館病院 Hakodate Municipal Hospital
・市立函館病院 Hakodate Municipal Hospital

・その他関連情報/Other related information
日本語BFIを指標として、抗がん剤治療を施行した患者の倦怠感について観察する。
Japanese BFI as an index, is observed for the malaise of the patients who underwent therapeutic anti-cancer agent.

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 03/27/2015)子宮頸部異形成、子宮頸癌 CIN or uterine cervical cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021646 2016/03/27
子宮頸部生検における新しい機器の開発
Smartscopy as a new device to identify the precancerous diseases of the uterine cervix
・子宮頸部異形成、子宮頸癌 CIN or uterine cervical cancer
・該当せず/Not applicable
・限定募集中/Enrolling by invitation
・コルポスコピーより簡便で安価な機材を開発し、CINに対する診断精度感度を従来のコルポスコープと比較する To develop a cost-effective, simple yet reliable device similar to the currently available colposcopies.
・有効性/Efficacy
・介入/Interventional
・診断/Diagnosis
・医療器具・機器/Device,equipment
 介入1(Interventions/Control_1)
 子宮頸部組織診が必要な患者20例を対象に、子宮頸部を酢酸加工しコルポスコープを用いて子宮頸部の観察を行い、異常所見の有無を確認する。続いて、別の医師による、スマートフォン(以下、「スマートスコープ」と定義する)を用いた子宮頸部の観察を行う。コルポスコープで指摘した異常所見とスマートスコープで指摘した異常所見との一致率を評価し、同一評価者が一致率を記録に残す。
 インターネット回線を遮断した市販のスマートフォン1台を、スマートスコープとして使用する。
 子宮頸部細胞診異常があり、子宮頸部組織診が必要な患者75例を対象に、スマートスコープを用いて子宮頸部の観察を行い、生検が必要な部位の有無を確認する(この時点では、スマートスコープを用いて子宮頸部を観察・撮影するのみで、生検を行わない)。続いて、別の医師がコルポスコープを用いて同患者の子宮頸部を観察し、異常所見があればコルポスコープ下で子宮頸部生検を行う。
 スマートスコープにより確認された異常所見(つまり生検が必要と考えられる部位)と、コルポスコープを用いて実際に生検を行った部位が一致しない場合、スマートスコープで生検が必要と判断した部位もコルポスコープ下に生検する。スマートスコープで子宮頸部を観察しコルポスコープを用いて行った生検結果を確認し、スマートスコープによる子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)の検出感度を算出する。
 We used iPhone as a new device to inspect the uterine cervix for 20 patients with abnormal cervical cytology, and named it Smartscopy. Dr. A inspected the cervix using Smartscopy, and Dr. B inspected the cervix using colposcopy for the same patient. The correlation between smartscopic abnormality and colposcopic abnormality was evaluated. The site of biopsy was determined only on the basis of the colposcopic findings.
 We used Smartscopy to inspect the uterine cervix for 75 patients with abnormal cervical cytology. Dr. A inspected the cervix using Smartscopy, and Dr. B inspected the cervix using colposcopy for the same patient. The correlation between smartscopic abnormality and colposcopic abnormality was evaluated. The site of biopsy was determined on the basis of the smartscopic and colposcopic findings.
・20 歳/years-old 以上/<=
・適用なし/Not applicable
・女/Female
・95
・上田 豊 Yutaka Ueda
・大阪大学大学院医学系研究科産科学婦人科学教室 Department of Obstetrics and Gynecology, Osaka University Graduate School of Medicine
・大阪大学大学院医学系研究科産科学婦人科学教室 Department of Obstetrics and Gynecology, Osaka University Graduate School of Medicine
・自己調達/Self funding


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。