スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/05/2015)神経芽腫 neuroblastoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022033 2016/05/05
神経芽腫マススクリーニング休止後の神経芽腫発生状況に関する研究
Epidemiological studies of the incidence and mortality in after the end of the period of Neuroblastoma screening
・神経芽腫 neuroblastoma
・-
・開始前/Preinitiation
・乳児期神経芽腫スクリーニング休止前後での神経芽腫の罹患と死亡の実態を明らかにすることである。 The purpose of this study is to clarify the incidence and mortality of neuroblastoma before and after the end of infancy neuroblastoma screening.
・その他/Others
・観察/Observational
・-
・-
・0歳/years-old 以上/<=
・5歳/years-old 以下/>=
・男女両方/Male and Female
・800
・家原 知子 Tomoko Iehara
・京都府立医科大学 Kyoto Prefectural University of Medicine
・京都府立医科大学 Kyoto Prefectural University of Medicine
・厚生労働省 Ministry of Health, Labour and Welfare

・その他関連情報/Other related information
厚労科研研究 Health and Labor Sciences Research Grant

スポンサーサイト

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/01/2015)成熟B細胞性腫瘍 B-cell NHL or Mature B-cell Acute Leukemia

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021286 2016/04/01
小児高リスク成熟B細胞性腫瘍に対するリツキシマブ追加LMB化学療法の安全性と有効性の評価を目的とした多施設共同臨床試験(JPLSG B-NHL-14)
Multi-center Trial for Children with B-cell NHL or B-AL: Evaluation of Rituximab Efficacy and Safety in High Risk Patients (JPLSG B-NHL-14)
・成熟B細胞性腫瘍 B-cell NHL or Mature B-cell Acute Leukemia
・-
・開始前/Preinitiation
・初発、未治療の小児高リスク成熟B細胞性腫瘍に対するリツキシマブ追加LMB化学療法の安全性と有効性を評価する。 For the patients with advanced stage B-cell NHL/B-AL to evaluate efficacy and safety of rituximab added to standard LMB chemotherapy regimen.
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine
 介入1/Interventions/Control_1
 標準的治療であるLMB化学療法にリツキシマブ(375mg/m2 静脈内注射)を計6回投与する。リツキシマブの投与は、2コースの寛解導入療法(COPADM、あるいはCOPADM2)のday-2およびday1に48時間間隔で2回、2コースの強化療法(CYM、あるいはCYVE)のday1に行われる。
 The patients will receive a total of 6 injections of the antibody: 2 at 48h interval at D-2 and D1 of the 2 COPADM courses and one injection at D1 of the 2 consolidation courses either CYM (B) or CYVE (C1 or C3). Rituximab is given at the dose of 375 mg/m2 I.V.
・6ヶ月/months-old以上/<=
・216ヶ月/months-old未満/>
・男女両方/Male and Female
・46
・森 鉄也 Tetsuya Mori
・国立成育医療研究センター National Center for Child Health and Development
・日本小児白血病リンパ腫研究グループ Japanese Pediatric Leukemia/Lymphoma Study Group (JPLSG)
・日本医療研究開発機構研究費(革新的がん医療実用化研究事業)「小児リンパ腫の標準的治療法確立のための研究」 Grant for clinical cancer research from the Japan Agency for Medical Research and Development, Japan

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 03/24/2015)骨軟部腫瘍 Bone and soft tissue tumor

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021557 2016/03/24
切除不能骨軟部腫瘍に対する炭素イオン線治療の第II相臨床試験
A phase II clinical trial of Carbon-ion therapy for patients with bone and soft tissue sarcomas not suited for surgical resection
・骨軟部腫瘍 Bone and soft tissue tumor
・第Ⅱ相/Phase II
・開始前/Preinitiation
・外科的切除適応外の原発性骨軟部悪性腫瘍に対する炭素イオン線治療の有効性と安全性を評価する。 To evaluate the efficacy and safety of carbon-ion radiotherapy for patients with primary bone and soft tissue sarcomas which is not suitable for surgical resection
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医療器具・機器/Device,equipment
 介入1(Interventions/Control_1)
 重粒子線治療
 1日1回 4.4 GyE、2週間で6-8回の照射を原則とし、合計16回、総線量 70.4 GyE Carbon-ion  radiotherapy
 A total of 70.4 GyE consisting of 16 fractions; 4.4 GyE /day for 6 or 8 times for 2 weeks
・16 歳/years-old 以上/<=
・80 歳/years-old 以下/>=
・男女両方/Male and Female
・40
・中山 優子 Dr. Yuko Nakayama
・地方独立行政法人神奈川県立病院機構 神奈川県立がんセンター Kanagawa Cancer Center, Kanagawa Prefectural Hospital Organization
・神奈川県立病院機構 神奈川県立がんセンター Kanagawa Cancer Center, Kanagawa Prefectural Hospital Organization
・自己調達/Self funding

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy JapicCTI 01/08/2016)HPV感染による肛門癌、尖圭コンジローマ Anogenital Human Papilloma Virus Infection, Condyloma Acuminata

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆※上記サイトより転載。Reprinted from this site.
◆JapicCTI-163125 2016年1月8日 新規作成
・参加者募集中 Recruiting
9~15歳の日本人男性を対象とした4価(6型、11型、16型及び18型)ヒトパピローマウイルス(HPV)L1ウイルス様粒子(VLP)ワクチンの安全性、忍容性及び免疫原性を評価する第III相試験
A Phase III, Open-Label, Clinical Trial to Study the Safety and Immunogenicity of the Quadrivalent HPV (Types 6, 11, 16, 18) L1 VLP Particle (VLP) Vaccine in 9- to 15-Year-Old Japanese Boys (ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02576054)
・HPV感染による肛門癌、尖圭コンジローマ Anogenital Human Papilloma Virus Infection, Condyloma Acuminata
・Pediatric cancer/ 小児がん
・MSD Merck Sharp & Dohme
◆参考資料・関連情報 (reference materials & related information)◆
・試験薬剤名/ V501 ワクチン

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 03/01/2015)横紋筋肉腫 rhabdomyosarcoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000020891 2016/03/01
横紋筋肉腫低リスクA群患者に対するVAC1.2(ビンクリスチン、アクチノマイシンD、シクロホスファミド1.2 g/m2)/ VA療法の有効性及び安全性の評価 第II相臨床試験
・横紋筋肉腫 rhabdomyosarcoma
・第Ⅱ相/Phase II
・開始前/Preinitiation
・Stage 1、2または、Group I、II及び眼窩Group III N0、NXに分類される胎児型横紋筋肉腫低リスクA群の患者に対する4サイクルのVAC1.2療法(ビンクリスチン、アクチノマイシンD、シクロホスファミド 1.2 g/m2)と4サイクルのVA療法の有効性と安全性を評価する。 Determine the safety and efficacy of four cycles of VAC1.2(vincristine, actinomycin-D and cyclophosphamide 1.2 g/m2) followed by four cycles of VA for patients with low-risk subset A rhabdomyosarcoma(embryonal rhabdomyosarcoma, Stage 1, Clinical Group I/II or orbital Clinical Group III N0, Nx, or Stage 2, Clinical Group I/II)
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine
 介入1(Interventions/Control_1)
 化学療法
 VAC1.2療法
 VA療法
 外科治療
 放射線治療
 chemotherapy
 VAC1.2
 VA
 surgery
 radiation therapy
・適用なし/Not applicable
・30 歳/years-old 未満/>
・男女両方/Male and Female
・22
・土屋 邦彦 Kunihiko Tsuchiya
・京都府立医科大学大学院医学研究科 Graduate School of Medical Science, Kyoto Prefectural University of Medicine
・日本横紋筋肉腫研究グループ Japan Rhabdomyosarcoma Study Group
・厚生労働省 Grant for innovative clinical cancer research from the Ministry of Health, Labour, and Welfare
Phase II study of VAC1.2(vincristine, actinomycin-D, cyclophosphamide) followed by VA for patients with newly diagnosed low-risk subset A rhabdomyosarcoma
◆参考資料・関連情報 (reference materials & related information)◆
臨床研究支援と小児がん登録 国立成育医療研究センター 臨床研究開発センターデータ管理部 小児がん登録室 瀧本 哲也 (03/31/2015)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。