スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/05/2015)神経芽腫 neuroblastoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022033 2016/05/05
神経芽腫マススクリーニング休止後の神経芽腫発生状況に関する研究
Epidemiological studies of the incidence and mortality in after the end of the period of Neuroblastoma screening
・神経芽腫 neuroblastoma
・-
・開始前/Preinitiation
・乳児期神経芽腫スクリーニング休止前後での神経芽腫の罹患と死亡の実態を明らかにすることである。 The purpose of this study is to clarify the incidence and mortality of neuroblastoma before and after the end of infancy neuroblastoma screening.
・その他/Others
・観察/Observational
・-
・-
・0歳/years-old 以上/<=
・5歳/years-old 以下/>=
・男女両方/Male and Female
・800
・家原 知子 Tomoko Iehara
・京都府立医科大学 Kyoto Prefectural University of Medicine
・京都府立医科大学 Kyoto Prefectural University of Medicine
・厚生労働省 Ministry of Health, Labour and Welfare

・その他関連情報/Other related information
厚労科研研究 Health and Labor Sciences Research Grant

スポンサーサイト

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/04/2015)萎縮性胃炎 atrophic gastritis

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022204 2016/05/04
内視鏡的画像強調観察を用いた早期胃癌の検出の検討
Detection of early gastric cancer using image-enhanced endoscopy
・萎縮性胃炎 atrophic gastritis
・-
・開始前/Preinitiation
・萎縮性胃炎を有する患者に対して、上部消化管内視鏡検査を施行し、通常の白色光観察に加えて画像強調観察を施行することにより早期胃癌の検出の有効性を検討する。
The aim of this study is to evaluate detection of early gastric cancer usig image-enhanced endoscopy for patients with atrophic gastritis
・有効性/Efficacy
・観察/Observational
・-
・-
・20 歳/years-old 以上/<=
・100歳/years-old未満/>
・男女両方/Male and Female
・500
・今枝 博之 Hiroyuki Imaeda
・埼玉医科大学 Saitama Medical University
・埼玉医科大学 Saitama Medical University
・自己調達/Self funding

・その他関連情報/Other related information
初めに通常光で観察し、その後、BLI-brightのモードで観察、さらにLCIモードで観察し、病変が疑われれば白色光での観察を再検し、インジゴカルミンを用いた色素内視鏡を施行することにより病変が疑われた場合には生検を施行し、病理組織学的に診断する。
First, conventional endoscopy
Second, BLI mode and LCI mode
Third, endoscopy using indigocarmine dye spraying
Finally, pathological diagnosis by biopsy specimen

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/02/2015)せん妄、嘔吐、吐き気 delirium, nausea and vomiting

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022172 2016/05/02
院内製剤オランザピン坐剤のがん終末期患者におけるせん妄、嘔吐、吐き気に対する有効性と安全性に関する症例集積研究
Efficacy and safety of olanzapine suppositories in terminally ill patients with delirium or nausea and vomiting
・せん妄、嘔吐、吐き気 delirium, nausea and vomiting
・該当せず/Not applicable
・参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
・内服困難な終末期患者においては、オランザピンの新しい剤形が必要である。坐剤は経口投与ができない場合、有用である。そこで、我々はオランザピン坐剤を作製し、せん妄、嘔吐、吐き気のある患者に投与し、その有効性と安全性を評価することを目的とする。 A new formulation of olanzapine available for terminally ill patients with oral feeding difficulties is needed. Rectal administration using suppositories is an alternative for patients for whom administration via the oral route is not feasible. So, we prepare olanzapine suppositories and evaluate the clinical efficacy and safety of olanzapine suppositories used to treat patients with delirium, vomiting, or nausea.
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine
 介入1/Interventions/Control_1
 内服困難な患者のせん妄、嘔吐、吐き気の治療にオランザピン坐剤が投与される。2.5 mg、5 mg、10 mgのオランザピン坐剤が1日1回投与される。
 Patients use olanzapine suppositories as a treatment for delirium or nausea and vomiting at the time of oral feeding difficulties. Patients are administered 2.5 mg, 5 mg, and 10 mg of olanzapine suppositories.
・20 歳/years-old 以上/<=
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・50
・宮澤 正幸 Masayuki Miyazawa
・湘南中央病院 Shonan Central Hospital
・湘南中央病院 Shonan Central Hospital
・自己調達/Self funding

・共同実施組織/Co-sponsor
慶應義塾大学薬学部実務薬学講座
Division of Practical Pharmacy, Keio University Faculty of Pharmacy

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/02/2015)切除不能・再発結腸/直腸がん metastatic colorectal cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022171 2016/05/02
大腸癌肝転移に対するBevacizumab併用化学療法の形態学的変化に関する後方視的検討(WJOG4407GSS)
Morphologic response to chemotherapy containing bevacizumab in patients with colorectal liver metastases: a retrospective study(WJOG4407GSS)
・切除不能・再発結腸/直腸がん metastatic colorectal cancer
・該当せず/Not applicable
・開始前/Preinitiation
・WJOG 4407G試験に登録された症例のうち、肝転移のみを有しBevacizumab併用化学療法を施行した症例において形態学的変化と治療効果や予後との関連を明らかにする。 To evaluate the predictive and prognostic value of morphologic response to chemotherapy containing bevacizumab in patients with colorectal liver metastases.
・その他/Others
・その他・メタアナリシス等/Others,meta-analysis etc
・-
・-
・20 歳/years-old 以上/<=
・75歳/years-old以下/>=
・男女両方/Male and Female
・70
・細川 歩 Ayumu Hosokawa
・西日本がん研究機構 West Japan Oncology Group
・西日本がん研究機構 West Japan Oncology Group
・自己調達/Self funding

・その他関連情報/Other related information
WJOG 4407G試験に登録された症例のうち、肝転移のみを有しBevacizumab併用化学療法を施行した症例において形態学的変化と治療効果や予後との関連を明らかにする。
To evaluate the predictive and prognostic value of morphologic response to chemotherapy containing bevacizumab in patients with colorectal liver metastases.

がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/02/2015)食道・胃・十二指腸疾患全般(確定例および疑診例) Established or suspected upper gastrointestinal diseases

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022169 2016/05/02
FUSE広角内視鏡の有用性に関する臨床研究(FUSE上部消化管内視鏡)
Comparative study between Full Spectrum Endoscopy (FUSE) gastroscopy and conventional esophagogastroduodenoscopy
・食道・胃・十二指腸疾患全般(確定例および疑診例) Established or suspected upper gastrointestinal diseases
・第Ⅳ相/Phase IV
・一般募集中/Open public recruiting
・現在の上部消化管内視鏡・十二指腸鏡は正面視または後方斜視のどちらか一方での観察が主流で、正面レンズの視野角は140または100度であった。この度、アメリカのEndoChoice社は正面に加え側面にもレンズを装着し、2面(上部消化管用:視野角合計210度)の視野を持つ広角内視鏡Full Spectrum Endoscope(FUSE)を開発した。本内視鏡は、屈曲部や襞裏など死角となる部位の病変検出率を向上させるために開発されたもので、日本でも2015年発売が開始された。今回、本内視鏡を用いることで、上部消化管病変検出率が向上するかを検討する。 Current esophagogastroduodenoscopy(EGD) or duodenoscopy uses only the front view or the side view, the angle of which is 170 or 100 degrees, respectively. EndoChoice has launched Full Spectrum Endoscopy(FUSE). FUSE gastroscopy has both one side view and the front view (in total 210 degrees). In this study, we compare the detection rates of upper gastrointestinal diseases between FUSE gastroscopy and conventional EGD.
・有効性/Efficacy
・観察/Observational
・-
・-
・20 歳/years-old 以上/<=
・85歳/years-old以下/>=
・男女両方/Male and Female
・200
・大宮 直木 Naoki Ohmiya
・藤田保健衛生大学 Fujita Health University School of Medicine
・藤田保健衛生大学 Fujita Health University School of Medicine
・自己調達/Self funding

・主な結果/Results
今後エントリー進める Entry ongoing
・その他関連情報/Other related information
食道、胃、十二指腸病変、正常構造の検出率
Detectability of diseases or normal findings in upper gastrointestinal tract


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。