スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「肝動脈化学塞栓療法(TACE):理論と実践ストラテジー」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2005)

88824.jpg

◆肝動脈化学塞栓療法(TACE):理論と実践ストラテジー
 (Transcatheter Arterial Chemo-Embolization)
単行本: 238ページ
出版社: 医学書院 (2015/10/8)
松井 修, 宮山 士朗, 大須賀 慶悟, 衣袋 健司 (編著)
言語: 日本語
ISBN-10: 4260024329
ISBN-13: 978-4260024327
発売日: 2015/10/8
商品パッケージの寸法: 25.9 x 18 x 1.3 cm
価格:¥10,800
keyword→TACE:Transcatheter Arterial Chemo-Embolization

<内容・content>
 TACEのさらなる進歩と安全性向上のために、本邦初の成書。TACE(肝動脈化学塞栓療法)は、肝癌に対する治療アプローチの1つとして、様々な患者に対応が可能、マイルドな治療法として普及している。本書では、今後のTACEのさらなる進歩と安全性の向上のために、TACEの基本的な理論・知識と臨床の現場での適切な手技に対する考え方をまとめている。

<目次・table of contents>
第1章 理論
 1-1 肝動脈塞栓術に必要な脈管解剖
   A 肝区域分類について
   B 肝内門脈解剖
   C 肝外の肝動脈解剖
   D 肝内の肝動脈解剖
   E 肝門部動脈解剖
   F 肝内外の肝動脈吻合(側副路形成の解剖と理論)
   G その他の塞栓術に必要な解剖
 1-2 肝および肝癌微細血管構造・微小血行動態と肝動脈塞栓術
   A 肝内微細血管構造と微小血行動態
   B 門脈血流障害と肝動脈塞栓術
   C 肝動脈塞栓術と微小側副血行路
   D 肝動脈塞栓術に重要な微細血管解剖・微小血行
   E 腫瘍微小血行動態と肝動脈塞栓術
   F 血行動態の変化を利用した肝動脈塞栓技術
 1-3 Lipiodol TACEの理論
   A Lipiodolおよび抗癌剤との乳濁液(エマルジョン)の性状
   B Lipiodolの肝癌内集積機序
   C 肝内微小血行とLipiodolの動態
   D 肝癌微小血行とLipiodolの動態
   E 抗癌剤の担体としてのLipiodolの役割
   F Lipiodol TACEにおける粒子塞栓物質による後塞栓
   G 超選択的Lipiodol TACEと粒子塞栓物質のみによるTACEの理論的差異
 1-4 マイクロスフィアによるTACEの理論
   A マイクロスフィアの変遷
   B マイクロスフィアによる塞栓術
   C マイクロスフィアの物性と注意点
   D 肝癌に対するマイクロスフィアの応用
   E 薬剤溶出性ビーズ(DEB)
   F 肝組織内におけるDEB-TACEの薬理動態

第2章 手技の実際
 2-1 術前画像診断
   A HCCステージングのための画像診断
   B その他の術前に必要な画像診断
 2-2 術前一般状態・肝機能の評価と術前管理,術中・術後管理
   A 治療の前に
   B 治療に際して
   C 治療後の管理
 2-3 塞栓術に必要な器具
  2-3-1 共通する器具
   A 穿刺針
   B シースイントロデューサー
   C ガイドワイヤー
   D 造影用カテーテル
   E マイクロカテーテル
   F マイクロガイドワイヤー
   G その他の器具
   H 抗癌剤
  2-3-2 Lipiodol TACE
   A マイクロカテーテル
   B マイクロガイドワイヤー
   C マイクロバルーンカテーテル
   D Lipiodol
   E ゼラチンスポンジ
   F ポリプロピレン製三方活栓
  2-3-3 ディーシービーズ®(DCB)TACE
   A DC BeadTM(DCB,ディーシービーズ®)
   B ディーシービーズ®の調製
   C マイクロカテーテル
   D その他の必要な器具
  2-3-4 ヘパスフィア®TACE
   A HepaSphere®(ヘパスフィア®)の概要
   B ヘパスフィア®の特徴と血管内挙動
   C 薬剤溶出性ビーズとしてのヘパスフィア®
   D ヘパスフィア®のin-vivo での薬理動態
 2-4 カテーテル挿入術
   A シースイントロデューサー挿入
   B 主要血管へのカテーテル挿入
   C 二重管法
   D 通常の二重管法で選択が難しい血管へのカテーテル挿入
   E 直接カテーテルが挿入できない血管に対する血流改変下TACE
   F 尾状葉枝の同定とカテーテル挿入
 2-5 塞栓術支援装置
  2-5-1 CTと血管造影の複合装置(unified CT and angiography system, CT-angio装置)
  2-5-2 コーンビームCT(CBCT)
   A CBCTの撮影手順
   B CBCTの撮影方法
   C TACE支援ソフトウエア
   D CBCT,TACE支援ソフトウエアの性能
   E TACE支援ソフトウエアによるワークフローの改善
 2-6 Lipiodolを用いた化学塞栓療法の手技
   A Lipiodol抗癌剤乳濁液(エマルジョン)の作製
   B 小~中型肝癌に対する超選択的TACE
   C 大型肝癌に対するTACE
   D 非選択的TACE
   E 肝静脈閉塞下TACE
   F バルーン閉塞下TACE(baloon-occluded TACE; B-TACE)
   G ゼラチンスポンジ単独でのTACE
   H Lipiodol TACE施行時の注意点
 2-7 マイクロスフィアを用いた化学塞栓療法の手技
  2-7-1 ディーシービーズ®
   A 術前の画像診断
   B 術前・術中処置
   C ディーシービーズ®の選択・調製と抗癌剤(エピルビシン)含浸
   D ディーシービーズ®と含浸抗癌剤の使用量について
   E ディーシービーズ®の希釈
   F カテーテル挿入
   G ディーシービーズ®の注入と塞栓終了点について
   H 術後管理・画像評価
  2-7-2 ヘパスフィア®
   A 抗癌剤を含浸させないヘパスフィア®の調製法
   B エピルビシン(ドキソルビシン)含浸の調製法
   C シスプラチン含浸の調製法
   D ヘパスフィア®の注入
   E ヘパスフィア®の塞栓エンドポイント
   F 術後管理と術後評価
   G 国内外におけるヘパスフィア®の使用状況

第3章 肝外側副路に対する塞栓術
   A 下横隔動脈
   B 胆嚢動脈
   C 大網枝
   D 腎被膜動脈・副腎動脈
   E 内胸動脈
   F 肋間動脈・肋下動脈・腰動脈
   G 腎・結腸動脈
   H その他の動脈
   I Bare areaに接する腫瘍の特徴

第4章 合併症と対応
   A 塞栓後症候群
   B 肝不全
   C 虚血性合併症
   D 感染性合併症
   E その他の合併症

第5章 治療効果判定
   A TACE後の肝癌の病理学的変化
   B 治療効果判定のための画像診断法
   C 治療効果判定基準

第6章 治療成績と適応
   A TACEの肝癌局所治療効果
   B TACE後の予後(生存率)
   C 合併症
   D 適応

第7章 転移性肝癌に対する肝動脈化学塞栓療法
   A 大腸癌肝転移
   B 神経内分泌腫瘍
   C 悪性黒色腫
   D 消化管間質腫瘍

第8章 TACEの将来展望

索引

<著者情報・author information>
松井 修(まつい おさむ:MATSUI Osamu)
 金沢大学医薬保健学総合研究科 特任教授
宮山 士朗(みややま しろう:MIYAYAMA Shiro)
 福井県済生会病院 中央放射線診断部長
大須賀 慶悟(おおすが けいご:OSUGA Keigo)
 大阪大学大学院医学系研究科講師
衣袋 健司(いぶくろ けんじ:IBUKURO Kenji)
 社会福祉法人 三井記念病院 放射線検査部部長,診療情報管理部部長,広報部部長

Links(Author's world・著作とその世界)
医学書院(Igaku-shoin)
立ち読み (sample)

スポンサーサイト

「臨床・病理 原発性肝癌取扱い規約 第6版」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1927)

20347L.jpg

◆臨床・病理 原発性肝癌取扱い規約 第6版
(The General Rules for the Clinical and Pathological Study of Primary Liver Cancer)
単行本: 100ページ
出版社: 金原出版; 第6版 (2015/7/31)
日本肝癌研究会 (編集)
言語: 日本語
ISBN-10: 430720347X
ISBN-13: 978-4307203470
発売日: 2015/7/31
商品パッケージの寸法: 25.2 x 17.8 x 0.8 cm
価格: \3,780
keyword→Liver Cancer 

<内容・content>
 臨床、病理の両面にわたり近年の研究成果を広く取り入れて改訂!今改訂では、胆道系の区分が変更され、穿刺局所療法と化学療法の項が新設された。進行度分類は、肝細胞癌では癌破裂の扱いが変更され、肝内胆管癌ではT因子項目の変更、T1-3でN1の場合の進行度が変更された。肝癌集学的治療効果判定基準はRECIST v1.1と整合性をとり、肝外病変の評価が加えられた。病理組織学的事項ではWHO分類の改訂(2010)を受け、IPNB、BilIN、MCN等が記載された。

<目次・table of contents>
略語表
総説
I.目的
II.対象
III.記載法の原則

第I部 臨床的事項
A.解剖学的事項
I.肝葉と肝区域
II.リンパ節
 1.肝・胆道のリンパ節
 2.リンパ節群分類
III.胆管

B.画像診断所見
I.占居部位(Image-Lo)
II.腫瘍個数(Image-Number)
III.大きさ(Image-Size)
IV.辺縁(Image-Border)
V.腫瘍内部(Image-Inside)
VI.血管侵襲(Image-V)・胆管侵襲(Image-B)
VII.遠隔臓器転移(Image-M)

C.臨床検査所見
I.肝障害度(liver damage)
II.食道・胃静脈瘤の内視鏡所見(EV)
III.針生検による肝線維化の組織所見(f)

D.肉眼分類
I.肝細胞癌
II.肝内胆管癌(胆管細胞癌)
III.粘液?胞腺癌

E.手術所見,切除標本肉眼所見
I.占居部位(Lo)
II.大きさ,個数,存在範囲(H)
III.肉眼所見
 1.発育様式
 2.被膜形成(Fc)
 3.被膜浸潤(Fc-Inf)
 4.隔壁形成(Sf)
 5.漿膜浸潤(S)
 6.リンパ節転移(N)
 7.血管侵襲(V)
 8.胆管侵襲(B)
 9.腹膜播種性転移(P)
 10.切除断端の浸潤(SM)
 11.非癌部の所見

F.肝切除術
I.肝切除範囲(Hr)
II.リンパ節郭清(D)
III.癌の遺残(R)

G.局所療法

H.肝動脈カテーテル療法

I.化学療法

J.進行度分類(Stage)
I.肝細胞癌
II.肝内胆管癌(胆管細胞癌)
参考:肝癌統合ステージング

K.肝切除術の治癒度
I.肝細胞癌
II.肝内胆管癌(胆管細胞癌)

L.肝癌治療効果判定基準
I.対象
II.記載法
III.標的結節の直接治療効果判定
IV.治療効果の総合評価
V.細則
VI.参考

M.再発肝癌

N.肝癌症例の統計的処理

第II部 病理組織学的事項
A.材料の取扱い
I.手術材料の取扱いおよび検索方法
II.剖検材料の取扱いおよび検索方法

B.肝癌の分類
I.分類の総則
II.肝細胞癌
 1.概要
 2.肉眼分類
 3.組織分類
  i.組織学的分化度
  ii.組織構造
  iii.細胞学的性状
 4.特殊型
 5.肝内転移と多中心性発生
  i.肝内転移(im)
  ii.多中心性発生
 6.被膜浸潤,血管侵襲,胆管侵襲などの記載のしかた
 7.早期肝細胞癌とその類似病変の診断基準
III.肝内胆管癌(胆管細胞癌)
 1.概要
 2.肉眼分類
 3.組織分類
  i.腺癌
  ii.特殊型
付記.胆管上皮内腫瘍性病変
 i.胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)
 ii.胆管内上皮内腫瘍(BilIN)
IV.細胆管細胞癌
V. 粘液嚢胞腺腫・粘液嚢胞腺癌(粘液嚢胞性腫瘍:MCN)
 1. 分類
  i. 粘液嚢胞腺腫
  ii. 粘液嚢胞腺癌
 2. 付記
VI.混合型肝癌(肝細胞癌と肝内胆管癌の混合型)
VII.肝芽腫
VIII.その他

C.非癌部の組織学的所見(f)
病理写真 

<著者情報・author information>
日本肝癌研究会 ((Liver Cancer Study Group of Japan; LCSGJ)

Links(Author's world・著作とその世界)
金原出版(KANEHARA)
立ち読み(sample)

「膵癌・胆道癌:がん研スタイル 癌の標準手術」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1923)

ISBN4-7583-1509-4.jpg

◆膵癌・胆道癌:がん研スタイル 癌の標準手術
単行本: 262ページ
出版社: メジカルビュー社 (2015/7/21)
山口 俊晴 (監修) 齋浦 明夫 (編集)
言語: 日本語
ISBN-10: 4758315094
ISBN-13: 978-4758315098
発売日: 2015/7/21
商品パッケージの寸法: 29.8 x 21 x 1.5 cm
価格: \14,040
keyword→Biliary tract cancer, Pancreatic cancer, Surgery

<内容・content>
 本シリーズは,タイトルにあるとおり「がん研有明病院」で行われている癌の標準手術(がん研スタイル)を解説した。膵癌・胆道癌の手術手順に沿って,各場面でのポイントをイラストで示しながら手技上の注意点・コツをわかりやすく解説してある。癌の基本的な手技を学ぼうとする若手外科医にとっては,どこにいても現在トップレベルの癌専門施設での手技が学べる書籍である。

<目次・table of contents>
Ⅰ. 総論
 1. 術前管理  
 2. 胆道ドレナージ  
 3. 門脈塞栓術  
 4. 術前シミュレーション  

Ⅱ. 手術手技
 1. 膵頭十二指腸切除術(PD)  
 2. 膵尾側切除術
  1.後腹膜一括郭清を伴った膵体尾部切除  
  2.腹腔動脈合併膵体尾部切除術(DP-CAR)  
  3.腹腔鏡下膵体尾部切除術(Lap-DP)  
 3. 膵全摘術  
 4. 膵中央切除術  
 5. 膵核出術  
 6. 右肝切除・尾状葉切除,肝外胆管切除  
 7. 右3区域切除・尾状葉切除,肝外胆管切除  
 8. 左肝切除・尾状葉切除,肝外胆管切除 左3区域切除・尾状葉切除,肝外胆管切除  
 9. 肝膵同時切除  
 10. 肝外胆管切除 
 11. 胆嚢床切除術と全層胆嚢摘出術  
 12. 乳頭部切除術  

Ⅲ.術後合併症の処置
 1. 膵液瘻に対する管理  
 2. 胆汁瘻に対する管理  
 3. 胃内容排泄遅延(DGE)  
 4. 神経性下痢に対して  
 5. 術後出血に対する処置  
 6. 膵内分泌・外分泌機能不全に対する処置(糖尿病,脂肪肝に対して)  

Ⅳ.ワンポイント
 1. 血管再建の適応と方法:門脈  
 2. 血管再建の適応と方法:動脈  
 3. 膵体尾部切除術における膵断端処理法  
 4. ICG蛍光法  
 5. 左側門脈圧亢進症-脾静脈再建は必要か?  
 6. 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術(Lap-PD)  

 梶谷 鐶先生と胆膵外科  寺澤無我

<著者情報・author information>
山口 俊晴(やまぐち としはる:YAMAGUCHI Toshiharu)
 がん研有明病院副院長・消化器センター長
齋浦 明夫(さいとう あきお:SAITO Akio)
 がん研有明病院肝・胆・膵外科部長

Links(Author's world・著作とその世界)
メジカルビュー社(MEDICAL VIEW)
立ち読み(sample)

「肝癌診療マニュアル」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1918)

89025.jpg

◆肝癌診療マニュアル (第3版)
単行本: 216頁
出版社: 医学書院 (2015/7/21)
日本肝臓学会 (編集)
言語: 日本語
ISBN-10: 4260021672
ISBN-13: 978-4260021678
価格: \3, 024
keyword→liver cancer, diagnosis

<内容・content>
 最新のガイドラインの推奨およびエキスパートオピニオンに基づいて改訂。肝癌の基礎知識から、早期発見のためのスクリーニング法、各種検査および治療法の概要と使い分け方、治療効果判定やフォローアップのポイント等々、肝癌診療において必要となる情報のすべてを、最新のガイドラインの推奨に加えて、専門医の間で一般化している新たな試みも踏まえて解説したマニュアルの改訂版。肝癌患者に最善の医療を提供するために、肝臓領域の実地医療に携わるすべての医師に有用な1冊。

<目次・table of contents>
Consensus Statement

第1章 肝癌発癌機序・疫学とハイリスク患者の設定
 A.B型肝炎からの発癌機序
 B.C型肝炎からの発癌機序
 C.NAFLD/NASHからの発癌機序
 D.肝癌の疫学とハイリスク患者の設定

第2章 肝癌診療に必要な病理学

第3章 肝発癌予防
  1.抗ウイルス療法
  2.肝庇護療法

第4章 肝癌早期発見のためのスクリーニング法

第5章 肝癌の診断
 A.腫瘍マーカー
 B.画像診断
  1.総論
  2.CTとMRIの使い分け
  3.どのようなときにGd-EOB-DTPA造影MRIを行うか
  4.どのようなときにCTAP,CTHAを行うか
  5.どのようなときに造影超音波を行うか
  6.早期肝癌の画像的特徴
 C.肝癌診断のアルゴリズム
  1.肝細胞癌の診断アルゴリズム
  2.乏血性肝細胞性結節(境界病変,異型結節,早期肝癌)は
    どのような場合に治療すべきか

第6章 肝癌の治療
 A.総論
 B.肝癌診療のためのステージングシステム
 C.肝癌治療の実際
  1.肝切除
  2.穿刺局所療法
   2-1 PEIT,PMCT
   2-2 ラジオ波焼灼療法(RFA)
  3.肝動脈化学塞栓療法(TACE)
   3-1 conventional TACE
   3-2 バルーン閉塞下TACE(B-TACE)
   3-3 beads TACE/TAE
   3-4 beads TACEとconventional TACEをどう使い分けるか
  4.肝動注化学療法
   4-1 進行肝癌に対する肝動注化学療法(low dose FP)
   4-2 インターフェロン併用5-FU肝動注化学療法
  5.肝移植
   5-1 肝細胞癌に対する肝移植の現状
   5-2 肝細胞癌の肝移植適応
   5-3 肝細胞癌に対する肝移植を考慮するタイミング:患者説明のタイミング
   5-4 肝移植後のウイルス肝炎対策
   5-5 肝移植後の再発に対する治療戦略
  6.放射線療法
  7.全身化学療法と分子標的治療
 D.肝癌治療のアルゴリズム
  1.肝癌に対する根治的治療をどう使い分けるか-切除 vs. 局所療法
  2.肝動脈化学塞栓療法(TACE),肝動脈化学療法(TAI),
    リザーバー肝動注化学療法をどう使い分けるか
  3.TACE不応例に対する治療指針
  4.肝動注化学療法と分子標的治療をどう使い分けるか
  5.肝癌全体の治療アルゴリズム

第7章 肝癌の治療効果判定の仕方
 A.RFA後の治療効果判定
 B.TACE後の治療効果判定
 C.肝動注化学療法の治療効果判定
 D.腫瘍マーカーによる治療効果判定

第8章 肝癌治療後のフォローアップの仕方
 A.肝癌切除後のフォローアップの要点
 B.肝癌根治治療後の再発抑制治療
 C.肝癌根治治療後の再発の早期発見
 D.再発癌に対する治療法の選択
 E.肝癌に対する肝移植後のフォローアップの要点

第9章 肝癌診療における病診・病病連携の仕方

第10章 がん治療の臨床開発デザインのABC

索引

<著者情報・author information>
日本肝臓学会 (The Japan Society of Hepatology)

Links(Author's world・著作とその世界)
医学書院(Igaku-shoin)

「患者さんのための膵がん診療ガイドラインの解説」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1905)

20343L.jpg

◆患者さんのための膵がん診療ガイドラインの解説:膵がんについて知りたい患者さん・ご家族のための25のQ&A
単行本: 88ページ
出版社: 金原出版 (2015/6/25)
日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン改訂委員会 (編集)
言語: 日本語
ISBN-10: 4307203437
ISBN-13: 978-4307203432
価格: \1,944
keyword→pancreatic cancer, clinical practice guidelines for patient 

<内容・content>
 膵がんの患者さんやそのご家族が、いま知りたい病気・治療の知識について、正しい情報を得るための一冊。最新の医師用ガイドラインをもとに25のQ&Aを設け、わかりやすく解説した。難治がんといわれることの多い膵がんだが、近年は研究が進み、新たな化学療法が登場するなど、さまざまな治療のアプローチが可能となっている。本書でご自分の病気や治療法をよく理解し、主治医と共に病気に立ち向かうための武器としていただきたい。

<目次・table of contents>
■膵がんとは/科学的根拠(エビデンス)に基づく診療ガイドラインとは
 Q 1 膵臓はどこにあるのですか? どんな働きをしているのでしょうか?
 Q 2 膵がんとはどのような病気なのでしょうか? 教えてください。
 Q 3 なぜ膵がんになったのでしょうか?
 Q 4 科学的根拠(エビデンス)に基づく診療ガイドラインとはどういう意味ですか?
 Q 5 臨床試験はどうして必要なのですか?

■膵がんの診断法
 Q 6 膵がんになるとどのような症状が出るのでしょうか?
 Q 7 膵がんの診断や検査方法について教えてください。
 Q 8 膵がんの病期とは何ですか? どのようにして決めるのですか?
 Q 9 最近、ボ-ダ-ライン膵がん(Borderline resectable膵がん)という言葉を聞きますが、これは何でしょうか? 
 Q10 早期に膵がんを診断するためにはどうしたらよいですか?教えてください。

■膵がんの治療法
外科手術
 Q11 手術の方法について教えてください。
 Q12 拡大手術の意義はありますか? 教えてください。
 Q13 内視鏡手術の方法、利点と欠点について教えてください。
 Q14 バイパス手術とはどのようなときに行うのでしょうか?どのような方法ですか?
 Q15 手術例数の多い病院で治療を受けたほうがよいのでしょうか?教えてください。

補助療法
 Q16 膵がんで切除できそうですが、手術に先立って化学療法や放射線療法を行い、その後に手術を受ける方法を勧められました。この方法は効果があるのでしょうか?
 Q17 手術の後にも治療をすると聞きました。どのような方法でしょうか?

放射線療法
 Q18 放射線療法の方法について教えてください。副作用も心配です。
 Q19 骨転移に対して放射線療法は有効でしょうか?

化学療法
 Q20 化学療法(抗がん剤治療)の方法について教えてください。副作用も心配です。 
 Q21 一次化学療法とは何ですか? 教えてください。
 Q22 現在、膵がんに対して化学療法を受けています。いつまで化学療法は続くのでしょうか? 教えてください。
 Q23 二次化学療法とは何ですか? 教えてください。

ステント療法
 Q24 胆道ドレナ-ジについて教えてください。
 Q25 胃・十二指腸が閉塞したときの治療法について教えてください。

編集後記
索 引

<著者情報・author information>
日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン改訂委員会 (JPS:Japan Pancreas Society)

Links(Author's world・著作とその世界)
金原出版(KANEHARA)
科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン 2013 (日本膵臓学会 JPS:Japan Pancreas Society)pdf.gif
膵癌診療ガイドライン2013年版の一部改訂について (2014年7月9日)(日本膵臓学会 JPS:Japan Pancreas Society)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。