スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「喪失とともに生きる:対話する死生学」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2036)

978-4-908765-00-1.jpg

◆喪失とともに生きる:対話する死生学
単行本: 310ページ
出版社: ポラーノ出版; 1版 (2016/4/27)
竹之内裕文, 浅原聡子 (編)
言語: 日本語
ISBN-10: 4908765006
ISBN-13: 978-4908765001
発売日: 2016/4/27
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
価格:¥2,160
keyword→grief care

<内容・content>
 人生はあらゆる喪失に満ち、喪失とその悲哀とともに、どのように生きるかを問われている。これに対しグリーフ(悲嘆)ケアは、この心理的な危機にいかに対処するかという点に力点が置かれてきた。たしかに一時的な援助の手を差し伸べることは欠かせない。しかし私たちは、喪失が引き起こす当面の危機を乗り越えた後も、喪失を抱えて生きていかなければならない。「あらゆる悲しみは、それを物語にするか、それについて物語を語ることで、耐えられるものになる」―本書では対話を通して、「喪失を抱えながら生きていく」意味を探っていく。本書は七つの物語と各二つずつの対話から成り立っている。各物語は日常的に物語を聴き、物語とともに考える経験を重ねた対人援助職(グリーフカウンセラー、小児救急医、助産師、緩和ケア医、僧侶、看護師、NPO経営者)が物語る。それに対し、一つ目の対話で各物語の基本的な事柄や背景を、二つ目の対話では本文と異なった視点からの語り掛けを試みる。それぞれを哲学、宗教学、社会学、民俗学、仏教学等といった多様な専門家が応じることにより、物語がより視覚的・立体的に浮かび上がる。関係者、そして喪失を抱えるすべての方へおくる。

<目次・table of contents>
序  対話する死生学  喪失とともに生きるために

1章  喪失とともに生きる人たちとの出会い グリーフカウンセリングの現場から
   ・コメント1  日本におけるグリーフケアカウンセラー 臨床心理学と日本的心性の狭間で
   ・コメント2  グリーフサポートと民俗

2章  こどものいのちを看取ること  小児救急の現場から
   ・コメント1  寄り添いの変容   一世紀を経た二つの手記より
   ・コメント2  こどもを看取る家族への看護

3章  生を享けること、失うこと  周産期医療の現場から
   ・コメント1  死産を経験した家族に対するサポート
   ・コメント2  幼い子を失った親の経験について

4章  老病死に向き合う人から学ぶ  終末期ケアの現場から
   ・コメント1  「自分を失うこと」とどう向き合うか
   ・コメント2  「ホスピタル」はいかに「病院」となったか

5章  ホームを失って生きる  路上生活者の語りから
   ・コメント1  「ホーム」の意味について考える
   ・コメント2  困窮する人を「助ける」ということ 私たちの「居場所」をめぐって

6章  がんが教えてくれたこと  患者・看護師としての体験から
   ・コメント1  がん闘病者・サバイバーの喪失体験と生
   ・コメント2  病とともに生きるということ

7章  自他の喪失を支えるつながり  グリーフから希望を
   ・コメント1  喪失から紡がれてゆくいのちのサポート
   ・コメント2  いのちの支え合いの場に立つ

終章  死とともに生きることを学ぶ  対話する死生学のために

<著者情報・author information>
竹之内 裕文(たけのうち ひろぶみ:TAKENOUCHI Hirobumi)
 静岡大学農学部・創造科学技術大学院教授
浅原 聡子(あさはら さとこ:ASAHARA Satoko)
 GCC 認定グリーフカウンセラー、グリーフカウンセリングivy代表

Links(Author's world・著作とその世界)
ポラーノ出版(polano publishing)

スポンサーサイト

「ご家族のための がん患者さんとご家族をつなぐ在宅療養ガイド」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2015)

486577016X.gif

◆ご家族のための がん患者さんとご家族をつなぐ在宅療養ガイド
単行本: 144ページ
出版社: 日本医学出版 (2016/4/7)
地域におけるがん患者の緩和ケアと療養支援情報プロジェクト (編著)
言語: 日本語
ISBN-10: 486577016X
ISBN-13: 978-4865770162
発売日: 2016/4/7
商品パッケージの寸法: 21 x 15 x 0.9 cm
価格:¥1,080
keyword→palliative care, home care

<内容・content>
 本書は、ご家族やご友人など、周りの方向けに作成したものです。がんを患った方が、その人らしい生活を維持しながら、自宅や施設などの身近な場所で過ごすときに役立つ情報をまとめました。また、患者さんが自宅で療養し、最後のときまで過ごすストーリーを中心に作成しています。在宅の環境は自宅以外でも、介護福祉施設(老人保健施設や特別養護老人ホームなど)や療養型病床などの医療機関でも、患者さんの病状や個々の施設の特性に応じて整えていくことができます。

<目次・table of contents>
第1 章 在宅での療養を始める
1. 本人と家族の心構えと準備
2. 一緒に療養を支えるパートナーを探す
3. 在宅での療養を始めるにあたって

第2 章 「最期のとき」に向き合うこと
1.「最期を考える」ことに向き合う
2. 在宅での療養について考える

第3 章 人生の最期をともに生きる
1. 人生の最期をともに過ごす-心と体の変化に寄り添うには
2. 本人と家族の心のケア

第4 章 お別れの時期
1. 看取りのときを迎える
2. 大切なひとを失ったご家族へ

お役立ち情報
1:在宅療養に必要な介護用具
2:在宅療養に関わるお金の話
3:在宅支援チームを構成する職種
関連情報
おわりに
用語の解説
索引
制作者・協力者一覧

<著者情報・author information>
地域におけるがん患者の緩和ケアと療養支援情報 普及と活用プロジェクト

Links(Author's world・著作とその世界)
日本医学出版(Japan Medical Publisher)

「幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1953)

8671.jpg

◆幸せな死のために一刻も早くあなたにお伝えしたいこと:若き外科医が見つめた「いのち」の現場三百六十五日
新書: 245ページ
出版社: 幻冬舎 (2015/3/25)
中山 祐次郎 (著)
言語: 日本語
ISBN-10: 4344983777
ISBN-13: 978-4344983779
発売日: 2015/3/25
商品パッケージの寸法: 17 x 11 x 1.2 cm
価格: \864 
Kindle 価格: ¥760
keyword→coping, memento mori

<内容・content>
 人は必ず死ぬとしても、誰もが平均寿命ぐらいは生き、家族に見守られ、穏やかに旅立っていけると思っている。でもそんなことはない。明日、事故に遭うかもしれないし、病気で余命わずかと宣告されるかもしれない。著者は、突然に死に直面して混乱し、後悔を残したまま最期を迎える患者さんを多く看取ってきた。なんとかしたい、少しでも満ち足りた気持ちで旅立ってほしい――そんな想いに突き動かされ、幸せとは何か、今をどう生きるかを問う。若き外科医による、熱く清新なる「メメント モリ(死を想え)」。

<目次・table of contents>
第1章 死を想う
それが最後のお願いになるなんて
若造の私が「死」について書く理由 ほか

第2章 本音を知る
人生は締め切りがわからないプロジェクト
人はその瞬間に何を後悔するのか ほか

第3章 医者のこと、病院のこと
どんな人がどうやって医者になる?
「いのちを延ばす」をめぐる葛藤 ほか

第4章 実際の臨終の現場から
こころとからだへダブルパンチ
食べられない、眠れない ほか

第5章 死を見つめた人々
村上春樹氏の『ノルウェイの森』
ぎんさんの娘たち、死を笑う日々 ほか

第6章 幸せな死へ
あなたは死なない
ひとりで死ぬのはやっぱり寂しい ほか

<著者情報・author information>
中山 祐次郎(なかやま ゆうじろう:NAKAYAMA Yujiro)
がん・感染症センター都立駒込病院大腸外科医師(非常勤)

Links(Author's world・著作とその世界)
幻冬舎(GENTOSHA)

「明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1938)

9079.jpg

◆明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい
単行本: 205ページ
出版社: 幻冬舎 (2015/8/6)
樋野興夫 (著)
言語: 日本語
ISBN-10: 4344028007
ISBN-13: 978-4344028005
発売日: 2015/8/6
商品パッケージの寸法: 17 x 11.4 x 1.4 cm
価格: \1,188
keyword→coping, View of life and death

<内容・content>
 あなたの品性ある人生こそ、大切な人への贈り物なのです。メスも薬も使わず、言葉の力でがんと闘い、2000人以上を救った圧倒的死生観。
 がんになると、多くの人が自らの「死」を意識し始めます。そしてそのうちの約3割の方がうつ的な症状を呈します。がんになったことで生きる希望を失ったり、生きる意味が見出せなくなったりし、うつ的な状態に陥ってしまうのです。うつ的な症状を解消するには、患者さんの思考そのものを前向きなものに変えてあげる必要があります。そのきっかけとなるのが言葉の処方箋であり、人間の根源に触れる問いかけです。生きていれば、嫌なことやつらいことや困ったことの一つや二つはあるでしょうし、病気にはなっていなくてもそれよりも大変な出来事に直面することだってあるでしょう。
 そのようなとき、本書で紹介している言葉の処方箋を思い出してください。生きるとは何か。自分の使命とは何か。言葉の処方箋を持てるとその言葉を軸に物事が考えられるようになるのです。

<目次・table of contents>
第1章 人生の使命を全うするまで、人は死なない
第2章 自分の生涯を贈りものにする
第3章 最も大切なものはゴミ箱の中にある
第4章 命に期限はありません
第5章 最後に残るのは、人とのつながり
第6章 小さな習慣で心が豊かになる

<著者情報・author information>
樋野 興夫(ひの おきお)
1954年、島根県生まれ。医学博士。順天堂大学医学部、病理・腫瘍学教授。一般社団法人がん哲学外来理事長。

Links(Author's world・著作とその世界)
幻冬舎(GENTOSHA)
一般社団法人 がん哲学外来

「がん患者の看取りのケア 改訂版」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1897)

05251633_5562d05615f73.jpg

◆がん患者の看取りのケア 改訂版:一般病棟でできる!
単行本: 205ページ
出版社: 日本看護協会出版会; 改訂版 (2015/06)
濱口恵子, 小迫冨美恵, 千﨑美登子, 高橋美賀子, 大谷木靖子 (編)
ISBN-10: 481801897X
ISBN-13: 978-4818018976
発売日: 2015/06
商品パッケージの寸法: 25.6 x 18.2 x 1.8 cm
価格: \2,700
keyword→end-of-life care 

<内容・content>
 一般病棟での看取りのケアで看護師が困難に感じることの多い問題を、Q&A形式で示しました!がん看護専門看護師が、一般病棟の看護師に向けて、がん患者の看取りのケアのポイントをわかりやすく解説しました。また、看取りのケアを行う際に看護師が困難に感じることが多い(「あるある」とうなずいてしまう)問題を、Q&A形式で示しました。日々のケアで悩んでいる方、必読です!2008年に刊行し、ご好評いただいた書籍を全面改訂し、全項目書き下ろして、全く新しい書籍として生まれ変わりました。

<目次・table of contents>
第1章 がん患者のエンド・オブ・ライフステージにおける看取りのケア
 1.エンド・オブ・ライフケアの考え方と看取りのケア
 2.意思決定
 3.スピリチュアルケア
 4.予後予測
 5.生を支えるケア
 6.家族ケア
 7.がん医療の変遷とシームレスなケア
 8.一般病棟の現状と課題

第2章 がん患者がたどる療養過程と看取りのケア
 1.がん患者がたどる療養過程の特徴
 2.緩和中心のケアへ移行した患者の看取りまでの過程とケア
 3.臨終期のケア
 4.死亡宣告後のケアと看取りのケア

第3章 看取りのケアQ & A
 [治療をめぐる問題]
  積極的治療を希望する患者への支援/患者と家族の意思にずれが生じている時の支援

 [身体的問題]
  呼吸困難への対応/喘鳴への対応/褥瘡予防と苦痛緩和のジレンマへの対応/
  皮膚トラブルへの対応/疼痛緩和困難な患者への対応/医療用麻薬についての誤解への対応/
  消化器症状への対応/倦怠感への対応

 [精神的問題]
  不安への対応/抑うつへの対応

 [社会的問題]
  仕事復帰の希望への対応/退院、外出・外泊の希望への対応

 [スピリチュアルな側面の問題]
  スピリチュアルペインへの対応

 [倫理的問題]
  転倒リスクと患者の希望とのジレンマへの対応/誤嚥リスクと患者の希望とのジレンマへの対応

 [家族をめぐる問題]
  病状を理解していない家族への対応/せん妄に驚く家族への対応/患者への愛情が強くて目線が
  怖い家族への対応/小さい子どもがいる家族への支援/高齢の親をもつ家族への支援/
  鎮静に関する家族間の意見のずれに対する支援/臨終に間に合わなかった家族への対応

<著者情報・author information>
濱口 恵子(がん研究会 有明病院 看護部 がん看護専門看護師)
小迫 冨美恵(横浜市市民病院 看護部)
・千﨑 美登子(北里大学病院 がん看護専門看護師)
高橋 美賀子(聖路加国際病院 看護部)
大谷 木靖子(昭和大学 横浜市北部病院 看護部)

Links(Author's world・著作とその世界)
日本看護協会出版会(Japanese Nursing Association Publishing)
立ち読み(sample)pdf.gif


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。