スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「リンパ浮腫マネジメント」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1967)

20160113.jpg

◆リンパ浮腫マネジメント
単行本: 392ページ
出版社: ガイアブックス (2016/1/7)
ヨアヒム・E・ツター、スティーブ・ノートン (著)
言語: 日本語
ISBN-10: 4882829401
ISBN-13: 978-4882829409
発売日: 2016/1/7
商品パッケージの寸法: 29.7 x 20.1 x 2.4 cm
価格:\7,776
keyword→Lymphedema Management 

<内容・content>
 米国で長い歴史をもつリンパ浮腫診療の集大成といえる実践書。難渋する症例への数々の工夫を臨床経験豊富な執筆陣が丁寧に解説する。 前半ではリンパ浮腫の病態や疫学、診断や評価方法、浮腫をきたす様々な疾患、治療について詳細な医療イラストとともに紹介。解剖学・生理学・病理学の各側面から病像を概観する。後半では実際の診療で遭遇するリンパ浮腫患者における、身体の部位ごとに実施できる治療や患者へのアドバイス、患者自身が行うケアについて学ぶ。多数の臨床画像でテクニックが具体的にイメージしやすく、オールカラーで分かりやすい。クリニックの開設や運営のノウハウについても言及した実用的な構成。
 個人差が大きく、また長年の管理が必要なリンパ浮腫において、患者ひとりひとりに応じたよりよい診療の実施に役立つ。リンパ浮腫セラピストだけでなく、患者自身やリンパ浮腫に関わるすべてのひとに実践的な手助けとなる一冊。

<目次・table of contents>
監修・監訳のことば── 加藤 逸夫/日本語版 序文──── 佐藤 佳代子
第3版まえがき/第2版まえがき/第3版序文/第2版序文/謝辞/寄稿者一覧

1 解剖学
・循環器系 
構成要素/体循環
・リンパ系 
リンパ系の発生と発達
・局所解剖学 
・構成要素 
リンパ液/リンパ負荷/リンパ管/リンパ組織
・リンパ分水嶺 ー
矢状面分水嶺/水平面分水嶺/体幹と四肢の間の分水嶺
・領域間吻合 
・各部位におけるリンパ排液と局所リンパ節群 
頭皮と顔のリンパ排液/頸部のリンパ排液/体幹のリンパ排液/上肢のリンパ排液/下肢のリンパ排液
・推奨文献

2 生理学
・心臓および循環 
・血圧 
毛細血管圧
・毛細血管を介した物質交換 
拡散/浸透および浸透圧/膠質浸透および膠質浸透圧/ろ過および再吸収
・リンパ系の生理学 
リンパ系の時間当たりのリンパの液量および輸送能力/リンパ系の安全弁機能
・リンパ系の機能不全 
動的機能不全/機械的機能不全/混合型機能不全
・浮腫とリンパ浮腫の区別 
浮腫/リンパ浮腫
・スターリングの水分平衡の理解 
・推奨文献

3 病理学
・リンパ浮腫 
定義/リンパ浮腫の発症率/乳癌以外の癌患者におけるリンパ浮腫の発症率/リンパ浮腫の遺伝学/リンパ浮腫の発症原因/リンパ浮腫の段階/重症度に基づくリンパ浮腫の分類/リンパ浮腫の増悪因子/回避メカニズム/リンパ浮腫における合併症/腋窩リンパ管網症候群/リンパ浮腫が生活の質に及ぼす影響/リンパ浮腫の診断 
・リンパ浮腫の評価 
・リンパ浮腫の研究:測定および発症の評価における課題 
・放射線誘発性の上腕神経叢障害およびリンパ浮腫 
リンパ系の画像診断 
・リンパ浮腫の治療方法 
・慢性静脈不全とリンパ管・静脈不全 
慢性静脈不全の定義/血栓後症候群/下肢の静脈の動力学/慢性静脈不全の病態生理/慢性静脈不全の段階/合併症/評価/治療方法
・創傷および皮膚病変 
慢性リンパ浮腫に関連する一般的な皮膚の変化と創傷の種類/創面環境調整
・脂肪浮腫 
定義/原因と自然経過/脂肪浮腫の病理学および病態生理/段階/治療方法/侵襲的治療法
・外傷性浮腫 
定義/病態生理/リンパ系における炎症の影響/治療方法
・炎症性リウマチ 
定義/滑膜性関節の解剖学/病態生理/リンパ系における影響/治療方法
・反射性交感神経性ジストロフィー 
定義/病理学および段階/リンパ系との関係/治療方法
・周期性特発性浮腫 
複合的理学療法
・参考文献
・推奨文献

4 複合的理学療法 
・歴史および背景 
リンパ系の発見/複合的理学療法の発展
・複合的理学療法の目標 
・複合的理学療法のコンポーネント 
徒手リンパドレナージ
・圧迫療法 
圧迫療法の効果/ラプラスの法則/弾性包帯/弾性着衣 
・エクササイズとリンパ浮腫 
呼吸エクササイズ/抵抗エクササイズ/リンパ浮腫のためのエアロビクス
・皮膚と爪のケア 
・リンパ浮腫管理における2 期のアプローチ 
集中治療期/自己管理期
・リンパ浮腫のための文書管理技術 
・癌生存者のための複合的理学療法 
はじめに/手術/放射線療法/乳房照射/化学療法/標的療法/安全な複合的理学療法介入のためのガイドライン/まとめ
・参考文献
・推奨文献

5 治療
・全般的な検討事項 
・各部位における基本的な徒手リンパドレナージの適用 
頸部側部および下顎骨下野/簡略的な頸部の手順/後頸部および後頭部/顔/胸部後部/腰部/胸部前部/腹部(浅部および深部マニピュレーション)/上肢/下肢
・治療の手順
体幹のリンパ浮腫/続発性片側上肢リンパ浮腫/続発性両側上肢リンパ浮腫/続発性片側下肢リンパ浮腫/続発性両側下肢リンパ浮腫/原発性片側下肢リンパ浮腫/原発性両側下肢リンパ浮腫/外性器リンパ浮腫/鬱血性リンパ浮腫(Phlebo-Lymphostatic Edema)/脂肪性リンパ浮腫/頭頸部リンパ浮腫/小児リンパ浮腫
・リンパ浮腫のための弾性テーピング
概要/適応および禁忌/準備および材料/適用/弾性テーピングの患者指導/除去
・リンパ浮腫の一般的な合併症の治療計画 スティーブ・ノートン
手術瘢痕/再建術瘢痕/角質増殖症/異常褶曲/悪臭と悪臭防止/真菌感染/放射線外傷/乳頭腫/リンパ嚢胞および静脈瘤/側副静脈/肢の麻痺/自己誘導リンパ浮腫(人為的、人工的)/悪性リンパ浮腫/蜂巣炎
・複合的理学療法のプロトコールのバリエーション:原発性および続発性リンパ浮腫 
原発性リンパ浮腫患者への適用/続発性リンパ浮腫患者への適用
・小児患者への複合的理学療法の適用
実質的な目標の設定/複合的理学療法の各手順の利点と制限/複合的理学療法による全身性浮腫の管理/結論
・脂肪浮腫の管理:診断および患者プロフィールの理解
・誤った知識と誤診/心理学的観点および個人の性格/脂肪浮腫の特定および治療の適用/治療のための実用的ガイドライン/代替療法/弾性着衣
・弾性包帯の適用
必要なもの/リンパ浮腫バンデージ:発砲材パッドの選択/リンパ浮腫バンデージ:実用的ガイドライン/上肢のバンデージ/下肢のバンデージ
・発砲材パッドを用いたバンデージの手順
発砲材パッド用いた腕のバンデージ手順(詳細)/発砲材パッド用いた脚のバンデージ手順(詳細)
・外性器リンパ浮腫の治療
続発性外性器リンパ浮腫/原発性外性器リンパ浮腫/リンパ浮腫を発症する傾向/合併症/外科的療法/保存療法
・体幹リンパ浮腫
胸部のリンパ浮腫/腹部のリンパ浮腫
・創傷があるときのバンデージ
使用上の注意および禁忌/創傷の治療/圧迫の適用/まとめ
・弾性着衣の評価 
ストッキングおよびパンティストッキングの評価/アームスリーブの評価/手指の弾性着衣の評価/頸部と顎の圧迫ストラップおよびフェイスマスク/上胸部および胸の弾性着衣
・圧迫バンデージの代替法;正しいホームケアシステムを選択するためのガイドライン
代替法を用いる理由/重要な懸念事項/製品の分類/代替装置の効果の最大化/患者の指導と長期の圧迫療法/製品分類別の適用
・肥満患者の管理における治療の検討事項
課題/装置/治療の問題点
・患者の指導 
リンパ浮腫療法士/自分で行うバンデージ/複合的エクササイズ/自分で行う徒手リンパドレナージ/注意/リンパ浮腫と航空旅行
・外科治療
リンパ浮腫の外科治療/公認リンパ浮腫療法士のための胸部および腋窩再建術の基礎
・参考文献
・推奨文献

6 運営 
・リンパ浮腫クリニックの開院 
従業員/必要なスペース/装置/市場の問題
・リンパ浮腫プログラムを開始するための備品 
・医療費償還払い制度および請求 
CPTコード
・書類の見本およびテンプレート
・推奨文献

付録(索引)

<著者情報・author information>
・ヨアヒム・E・ツター (Joachim E. Zuther)
アカデミー・オブ・リンパティック・スタディ(米フロリダ州セバスチャン)設立者。北米リンパ浮腫教育協会(NALEA)共同設立者。
・スティーブ・ノートン(Steve Norton)
CDT公認インストラクター, CLT-LANA。ノートンスクール・オブ・リンパティック・セラピー(米ニュージャージー州マッタワン)常任理事。北米リンパ浮腫教育協会(NALEA)共同設立者。

Links(Author's world・著作とその世界)
ガイアブックス(GAIA BOOKs)
Lymphedema Management: The Comprehensive Guide for Practitioners (Amaon)

スポンサーサイト

「リンパ浮腫診療ガイドライン 2014年版 (第2版)」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1555)


リンパ浮腫診療ガイドライン 2014年版リンパ浮腫診療ガイドライン 2014年版
(2014/02/06)
日本リンパ浮腫研究会

商品詳細を見る

◆リンパ浮腫診療ガイドライン 2014年版 (第2版)
単行本: 72ページ
出版社: 金原出版 (2014/2/6)
日本リンパ浮腫研究会(編)
言語: 日本語
ISBN-10: 4307203216
ISBN-13: 978-4307203210
発売日: 2014/2/6
商品パッケージの寸法: 25.2 x 17.8 x 0.6 cm
価格: ¥ 2,100
keyword→lymphedema 

<内容・content>
癌治療に伴うリンパ節郭清や術後照射、化学療法などによって上肢や下肢に生じる続発性(二次性)リンパ浮腫について、エビデンスをもとに診療の指針を示した。前版よりも総論(診断・予防・治療の概要)を充実させ、より現場に即したCQの追加により計15のCQが掲載された待望の改訂版。患者がより質の高いリンパ浮腫ケアを受けられる環境を整えるために、リンパ浮腫診療に携わる臨床医、メディカルスタッフ必携の一冊。

<目次・table of contents>
リンパ浮腫診療ガイドラインについて
総論
クリニカルクエスチョン
CQ1 続発性(二次性)リンパ浮腫に対して、弾性着衣は標準治療として勧められるか
CQ2 続発性リンパ浮腫に対して、弾性包帯は標準治療として勧められるか
CQ3 スキンケアは続発性リンパ浮腫の発症・増悪の予防に有効か
CQ4 続発性リンパ浮腫に対して、
   a. 用手的リンパドレナ-ジ(MLD)は予防の一環として勧められるか
   b. 用手的リンパドレナ-ジ(MLD)は標準治療として勧められるか
   c. シンプルリンパドレナ-ジ(SLD)は予防の一環として勧められるか
   d. シンプルリンパドレナ-ジ(SLD)は標準治療として勧められるか
CQ5 続発性リンパ浮腫に対して、
   a. 圧迫療法や用手的リンパドレナ-ジ(MLD)に間歇的空気圧迫療法(IPC)を加えることは予防の一環として勧められるか
   b. 圧迫療法や用手的リンパドレナ-ジ(MLD)に間歇的空気圧迫療法(IPC)を加えることは標準治療として勧められるか
CQ6 肥満は続発性リンパ浮腫発症の危険因子か
CQ7 続発性リンパ浮腫患者に対して体重管理指導を行った場合、行わなかった場合と比べてリンパ浮腫は軽減するか
CQ8 続発性リンパ浮腫に対して運動療法を行った場合、行わなかった場合と比べて、
   a. 発症率は減少するか
   b. リンパ浮腫の治療に有効か
CQ9 原発性(一次性)リンパ浮腫に対して続発性(二次性)リンパ浮腫と同様の複合的治療を行った場合、行わなかった場合と比べてリンパ浮腫は軽減するか
CQ10 続発性リンパ浮腫に対して心理社会的介入をした場合、介入しなかった場合と比べてQOL は改善されるか
CQ11 続発性リンパ浮腫に対してリンパ管細静脈吻合術を行った場合、行わなかった場合と比べてリンパ浮腫は軽減するか
CQ12 続発性リンパ浮腫に対してリンパ節移植術を行った場合、行わなかった場合と比べてリンパ浮腫の改善に有効か
CQ13 続発性リンパ浮腫に対して脂肪吸引術を行った場合、行わなかった場合と比べてリンパ浮腫の改善に有効か
CQ14 続発性リンパ浮腫に対して漢方薬を使用した場合、使用しなかった場合と比べてリンパ浮腫は軽減するか
CQ15 続発性リンパ浮腫に対して漢方薬以外の薬物を使用した場合、使用しなかった場合と比べてリンパ浮腫は軽減するか

リンパ浮腫診療ガイドライン外部評価

<著者情報・author information>
日本リンパ浮腫研究会

Links(Author's world・著作とその世界)
金原出版(KANEHARA)

「リンパ浮腫の退院時セルフケア指導」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1511)

リンパ浮腫の退院時セルフケア指導

リンパ浮腫の退院時セルフケア指導
著者:近藤敬子
価格:2,730円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆リンパ浮腫の退院時セルフケア指導
単行本: 110ページ
出版社: 日本看護協会出版会 (2013/12)
近藤敬子/山本香奈恵/松尾里香/佐藤佳代子(編)
ISBN-10: 4818017922
ISBN-13: 978-4818017924
発売日: 2013/12
商品パッケージの寸法: 25.4 x 18 x 1.4 cm
価格: ¥ 2,730
keyword→lymphedema 

<内容・content>
術後の患者さんにリンパ浮腫の予防・管理についてセルフケア指導を行う際に必要な知識と情報、材料を、指導時の手順・コツ・アドバイスと共にわかりやすく示しました。DVDには患者さんへの指導に使えるセルフマッサージ、弾性着衣法を収載しています。

<目次・table of contents>
第1章 リンパ浮腫についての基礎知識(濱本貴子)
 リンパ管系のしくみ
 浮腫の診断
 リンパ浮腫の症状
 エコー画像を用いたリンパ浮腫の客観的な評価方法

第2章 リンパ浮腫の治療の基礎(近藤敬子・松尾里香・山本香奈恵)
 複合的理学療法

第3章 退院時指導を行うための基礎知識(近藤敬子・松尾里香・山本香奈恵)
 リンパ浮腫に関する退院時指導について
 乳がん・婦人科がん患者さんの退院時指導の例

第4章 患者指導時のポイント(近藤敬子・松尾里香・山本香奈恵)
 指導をはじめる前に
 初発徴候に気づくための指導のポイント
 スキンケア指導のポイント
 炎症への対応の指導ポイント
 日常生活上の留意点
 不安・心配・悩み事などへの対応
 すでに発症してしまった患者さんへのセルフケア指導

第5章 心を理解するということ(奥野滋子)
 今のあなたへ、これからのあなたへ

 資料①浮腫の鑑別
 資料②リンパ浮腫の患者さんへのパンフレット(例)
 資料③厚生労働省関連文書(抜粋)

<著者情報・author information>
近藤敬子、山本香奈恵、松尾里香、佐藤佳代子

Links(Author's world・著作とその世界)
日本看護協会出版会(Japanese Nursing Association Publishing)
J-GLOBAL(近藤敬子)
J-GLOBAL(山本香奈恵)

「乳がん・子宮がん・卵巣がん術後のリンパ浮腫を自分でケアする」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1455)


改訂新版 DVD2枚付き 乳がん・子宮がん・卵巣がん術後のリンパ浮腫を自分でケアする改訂新版 DVD2枚付き 乳がん・子宮がん・卵巣がん術後のリンパ浮腫を自分でケアする
(2013/10/19)
不明

商品詳細を見る

◆乳がん・子宮がん・卵巣がん術後のリンパ浮腫を自分でケアする 改訂新版 (DVD2枚付き)
単行本(ソフトカバー): 144ページ
出版社: 主婦の友社; 改訂新版 (2013/10/19)
廣田彰男/佐藤佳代子(監修)
言語 日本語
ISBN-10: 407291049X
ISBN-13: 978-4072910498
発売日: 2013/10/19
商品パッケージの寸法: 20.8 x 18.2 x 1.8 cm
価格: ¥ 3,465
keyword→lymphedema 

<内容・content>
リンパの流れが滞ることで起こる体のむくみが「リンパ浮腫」です。乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がんなどで治療したあとすぐに、あるいは数年してから出てくることがあり、一度リンパ浮腫になると治りにくいのが特徴です。

でも不安になることはありません。早い段階で診断を受けて正しい治療をすることで、悪化を食い止めることができます。主な治療とは、リンパドレナージを行う、弾性包帯を巻く、弾性ストッキングを着ける、正しいスキンケアと運動療法行うことです。

本書では、リンパ浮腫についてわかりやすく解説するとともに、自宅でできるリンパドレナージと弾性包帯の巻き方を、カラー写真と60分のDVDで紹介します。リンパ浮腫を悪化させないために「やったほうがいいこと」と「やらないほうがいいこと」さらに、「調子が悪いときにはどうしたらよいか」など、きめ細かく説明します。2008年に刊行された好評書籍の改訂新版。

<目次・table of contents>
1 リンパ浮腫って何?
リンパ浮腫チェックシート―そのむくみはリンパ浮腫?
普通のむくみとリンパ浮腫の違い ほか

2 リンパ浮腫とじょうずにつきあう
適切なケアによって必ず改善します
リンパ浮腫のケア―複合的理学療法を中心とする保存的治療 ほか

3 リンパ浮腫のセルフケア
ケアを始める前に
こんなときはケアを控えましょう ほか

4 リンパ浮腫の合併症を予防しよう
合併症症状別チェックシート―その症状は合併症かもしれません
リンパ浮腫の合併症とその予防 ほか

<著者情報・author information>
廣田 彰男(ヒロタ アキオ:Akio HIROTA)
医療法人社団広田内科クリニック院長。1972年北海道大学医学部卒。同年東邦大学医学部第3内科に入局。同大医学部講師、東京専売病院健康管理部長兼循環器部長などを経て、2002年広田内科クリニックを開院し、リンパ浮腫の治療に力を入れている。日本リンパ学会常任理事、日本脈管学会評議員、日本静脈学会評議員など。

佐藤 佳代子(サトウ カヨコ:Kayoko SATO)
学校法人後藤学園附属リンパ浮腫研究所所長。1996年学校法人後藤学園神奈川衛生学園専門学校卒。鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師資格取得後、リンパ浮腫ケアを学ぶためドイツへ留学。98年フェルディ式複合的理学療法セラピスト、2000年フェルディ公認複合的理学療法教師資格取得。NPO日本医療リンパドレナージ協会理事、聖路加看護大学看護実践開発研究センター客員研究員。

Links(Author's world・著作とその世界)
主婦の友社(SHUFUNOTOMO)
J-GLOBAL(廣田彰男)
J-GLOBAL(佐藤佳代子)

「リンパ浮腫診断治療指針 2013」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1433)


リンパ浮腫診断治療指針2013リンパ浮腫診断治療指針2013
(2013/09/12)
一般社団法人リンパ浮腫療法士認定機構

商品詳細を見る

◆リンパ浮腫診断治療指針 2013
単行本: 106ページ
出版社: メディカルトリビューン (2013/9/12)
一般社団法人リンパ浮腫療法士認定機構(編)
言語 日本語
ISBN-10: 4895894304
ISBN-13: 978-4895894302
発売日: 2013/9/12
商品パッケージの寸法: 27.2 x 20.4 x 0.6 cm
価格: ¥ 3,675
keyword→Lymphedema 

<内容・content>
リンパを制するものが、静脈を制する リンパ浮腫療法士 必携!

<目次・table of contents>
1.リンパ管の解剖
2.リンパ管の生理
3.リンパ浮腫の概要
4.リンパ浮腫の診断
5.リンパ浮腫の最近の治療:方法、手技について
6.リンパ浮腫の最近の治療:有効性、治療成績、肢浮腫の予後について
7.リンパ浮腫のその他の保存的治療
8.リンパ浮腫のその他の侵襲的治療
9.合併症に対する治療
10.原発性(一次性)リンパ浮腫の診療
11.続発性(二次性)リンパ浮腫の診療
索引

<著者情報・author information>
リンパ浮腫療法士認定機構 (Japanese certification board for Lymphedema Therapist)

Links(Author's world・著作とその世界)
メディカルトリビューン(Medical Tribune)
リンパ浮腫療法士認定機構 (Japanese certification board for Lymphedema Therapist)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。