スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がんの本ブログ-今日の一冊「『がん』になったら、私はこの代替医療を選択する」

「がん」になったら、私はこの代替医療を選択する―元がんセンター医師の告白「がん」になったら、私はこの代替医療を選択する―元がんセンター医師の告白
(2007/11/03)
安藤 由朗

商品詳細を見る

病院で良く使われる言葉。あなたは読めますか?正しく理解していますか?
今回の問題は 「せん妄 」です。正解はこちら

<がんの本-今日の一冊>
がんの代替療法については、科学的な証拠を立証するために米国国立補完代替医療センターが巨額な費用をかけて研究しています。成果はなかなか得られていないようです。私が勝手に推測すると、ある食物・植物などにがんに対する一定の効果があったとします。その主成分を抽出するとあまり効果がないことが多い。その食物の総合力みたいなものに、その秘密があるのではないかなどと考えてしまいます。(paxxmedia)

◆「がん」になったら、私はこの代替医療を選択する 元がんセンター医師の告白
著者/訳者名 安藤由朗/著
出版社名 現代書林 (ISBN:978-4-7745-1084-2)
発行年月 2007年11月
サイズ 189P 19cm
価格 1,260円(税込)

<内容>
人間のからだにダメージを与えず、生活環境をほとんど変えない自然なアプローチで、恐るべきがんに打ち克つ方法を紹介。

<目次>
1 がんセンターで見たがん治療の問題点
2 がんと闘うパワーをつける食事療法が大切だ
3 「水」のもつエネルギーを治療に応用する
4 がん治療の救世主「フコイオダン」に出会う
5 波動エネルギーを指標に四位一体療法の実践へ
6 この代替医療ならがんと十分に闘える!
7 代替医療でがんと闘い、勝利を収めた患者たち

<著者情報>
安藤 由朗(アンドウ ヨシロウ)
1964年、福岡県生まれ。1992年、九州大学医学部整形外科入局。九州大学医学部附属病院、福岡日赤病院、国立九州がんセンター勤務を経て、安藤整形外科を継承。がん、リウマチ、アレルギー疾患、生活習慣病などの疾患について食育をふまえ、患者の指導にあたっている

現代書林
米国国立補完代替医療センター(NCCAM)
(National Center for Complementary and Alternative Medicine)
日本補完代替医療学会

<最新NEWS>
AFPBB News - 2009年03月12日
緑茶に歯周病予防効果の可能性、九州大学が発表

<参考資料映像・YouTube>
Acupuncture explanation of 3 catagories IOCOB
ayurvedic pizzichilli massage IOCOB



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。