スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がんの本ブログ-今日の一冊「エキスパートによるPET/CTがん病期診断」

エキスパートによるPET/CTがん病期診断エキスパートによるPET/CTがん病期診断
(2009/03)
立石 宇貴秀

商品詳細を見る

◇病院で良く使われる言葉。あなたは読めますか?正しく理解していますか?
今回の問題は 「うっ血」です。正解はこちら

◆エキスパートによるPET/CTがん病期診断
著者/訳者名 立石宇貴秀/編著 井上登美夫/監修
出版社名 秀潤社 (ISBN:978-4-87962-381-2)
発行年月 2009年04月
サイズ 375P 26センチ
価格 7,770円(税込)

<内容>
【難しい “がん診療におけるPET/CT”を丁寧に解説】・画像所見、臨床病期診断とポイント、Essential Point、読影の注意点などで基礎から実践までわかりやすく解説
【国際基準であるTMN分類に従って解説を展開】・各疾患の冒頭には分類表が掲載されています

<目次>
1.頭頸部
2.胸部
3.消化器
4.尿路
5.乳房
6.女性生殖器
7.骨軟部
8.小児
9.血液
10.その他
11.症候群・重複がん

<著者情報>
監修:井上登美夫(横浜市立大学大学院医学研究科放射線医学 教授)
編著:立石宇貴秀(横浜市立大学大学院医学研究科放射線医学 准教授)

Links
秀潤社

※この本の批評、読後感想、心に響いた言葉、推薦文、ダメダシなどをComments、Trackback、拍手でお寄せ下さい。お待ちしてま~す。ランキングを発表する予定です。また、著者や書評に関する情報や推薦したい本や取り上げて欲しい本の情報もお待ちしています。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。