スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Human Genome & Stem cell Watch(ヒトゲノム・幹細胞情報) (2011/11/01~11/26)

gene1.jpg
Human Genome & Stem cell Watch(2011/11/01~11/26)

<NEWS>
◆脳性まひ児、臍帯血で治療 高知大、国内初の臨床研究へ(11月26日 朝日新聞)
http://www.asahi.com/science/update/1125/OSK201111250179.html

◆iPS、米で2件目特許 京大、細胞使用まで権利化(11月24日 京都新聞)
http://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20111124000096

◆造血幹細胞の「冬眠」に神経細胞が関与することを発見 東京大学 医科学研究所の中内 啓光 教授・JST 戦略的創造研究推進事業山崎 聡 研究員(白血病再発などの原因解明につながる可能性)(11月24日 科学技術振興機構)
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20111124/

◆次世代プロテアーゼ阻害剤BI 201335 NA、治療困難な遺伝子型ウイルスを持つC型慢性肝炎患者において、治療期間を短縮させるとともに、ウイルス学的著効(SVR)達成率を向上させることを示唆(11月22日 ベーリンガーインゲルハイム)
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000054.000002981.html

◆自己心臓幹細胞の注入、心機能回復に効果 米研究 University of Louisville,Roberto Bolli氏(11月22日 AFPBB News)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2841836/8114855

◆iPS臨床へ「iPS細胞臨床開発部」12月1日開設=難病患者の細胞採取加速-京大大学医学部付属病院(11月18日 時事ドットコム)
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011111800992

◆京大、AID依存性の体細胞超突然変異を解明 - 新たな抗腫瘍戦略の開発に期待 免疫ゲノム医学講座・本庶佑 客員教授、および小林牧 特定准教授(11月18日 マイナビニュース)
http://news.mynavi.jp/news/2011/11/18/093/

◆しわや白内障、筋力の衰えといった老化現象を遅らせ、分裂できなくなった老化細胞を取り除くこと成功 米ミネソタ州の医療機関メイヨー・クリニック(11月10日 ビューティーナビニュース)
http://www.bty-navi.jp/news_8KpWhz0te.html?right

◆ES細胞から機能的な下垂体の3次元器官形成に世界で初めて成功(11月10日 理化学研究所)
http://www.riken.jp/r-world/info/release/press/2011/111110/

◆遅延型アレルギーを抑えるドレス細胞(MHC II dressed-NK cell)を発見(11月4日 東北大学)
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=295892&lindID=5

◆老化した細胞の「若返り」に成功、再生医療に新たな光 仏モンペリエ大学(University of Montpellier)機能ゲノム学研究所のジャンマルク・ルメートル(Jean-Marc Lemaitre)研究員 NANOGとLIN28を追加するiPS細胞作製手法を開発(11月3日 AFPBB News)
http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2838747/8018793?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。