スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 01/14/2015)初発膠芽腫 Newly diagnosed glioblastoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hab/Japan がん臨床試験 がん種・医療機関別分類版(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000019596 2016/01/14
初発膠芽腫に対するカルムスチン脳内留置用剤および放射線療法併用テモゾロミド、ベバシズマブ療法の有効性・安全性を検討する第Ⅱ相臨床試験
・初発膠芽腫 Newly diagnosed glioblastoma
・第Ⅱ相/Phase II
・開始前/Preinitiation
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine
 介入1(Interventions/Control_1)
 カルムスチン脳内留置用剤留置 (最大8枚まで)
 放射線治療(腫瘍局所60Gy, 30分割)
 テモゾロミド(放射線治療併用時75mg/m2、維持療法6コース(150-200mg/m2)
 ベバシズマブ (照射開始から4週目以降から2週毎に10mg/kg、15回の投与)
 Implantation of BCNU wafers (maximum 8 wafers)
 Radiation therapy (local site, 60Gy, 30 fractions)
 Temozolomide (concomitant phase: 75mg/m2, maintenance phase: 150-200mg/m2, 6 dose)
 Bevacizumab (10mg/kg, starting at week 4 of radiotherapy, 15 doses)
・20 歳/years-old 以上/<=
・75 歳/years-old 以下/>=
・男女両方/Male and Female
・55
・冨永 悌二 Teiji Tominaga
・東北大学大学院医学系研究科 Tohoku University Graduate School of Medicine
・東北大学 Tohoku University
・エーザイ株式会社 Eisai, Co., Ltd
Phase II study of implantation of carmustine wafers, followed by radiation therapy and concomitant temozolomide and bevacizumab for newly diagnosed glioblastoma

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。