スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「余命半年から生きてます!  面白いほど不運な男の笑う闘病記」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1017)

余命半年から生きてます!

余命半年から生きてます!
著者:相河ラズ
価格:1,365円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆余命半年から生きてます!  面白いほど不運な男の笑う闘病記
単行本: 189ページ
出版社: 幻冬舎 (2012/6/8)
相河 ラズ (著)
ISBN-10: 4344021886
ISBN-13: 978-4344021884
発売日: 2012/6/8
商品の寸法: 19 x 13 x 2.1 cm
価格: ¥ 1,365
keyword→patient narrative, Nasopharyngeal carcinoma

<内容・content>
働き盛りの47歳の年末、突然上咽頭がんを告知された。外科手術が不可能な部位のがんのため、抗がん剤と放射線で治療をするも、地獄の苦しみ。そして、闘病5年目、再再発と余命半年を宣告される。もう、治療やめちゃおうかな……、生きるの諦めちゃおうかな……。そんな矢先、単身赴任のため、離れて暮らす妻が、倒れて緊急搬送、目が覚めたら記憶喪失になっていた! 妻は統合失調症だったのだ。しかも、息子は、学習障がい児でひとりで置いておくことはできない。

泣く泣く仕事を辞めて、がん患者から一変、妻の介護と子育てをする専業主夫になる。この、ありえないほど不運な人生、もう明るく笑い飛ばして生きるしかない。そう決心し、治療もやめ、日々前向きに生きるがん患者の笑えて泣ける、闘病記。余命宣告されてから、1年10ヶ月、生きてます!

<目次・table of contents>
はじめに 「砂時計の下のほう発想」について
告知です!
私の家族の紹介です!
大忙し!入院前です!
入院です!
治療開始です!
再発そして余命宣告です!
妻救急搬送です!
辞職です!
生活一変です!
ブログ開始です!

<著者情報・author information>
相河 ラズ(アイカワ ラズ:Razu AIKAWA)
1958年生まれ。高度成長期の神奈川県出身。77年ヤンキー&ファンキーな高校から早稲田大学へ入学。教育学を修得し教員をめざすが、職員室の雰囲気が合わず、81年大手通信販売会社へ入社。2005年上咽頭がんが発覚、10年には余命半年を告知される。同年秋、8年勤めた企画関連会社を退社、専業主夫となる。11年ブログ「毎日が想定外」を開始。

Links(Author's world・著作とその世界)
幻冬舎(GENTOSHA)
がん余命半年闘病中  記憶がない統失の妻を看護しながら ほか ■ 相河ラズ 毎日が想定外(ブログ)

※この本の批評、読後感想、心に響いた言葉、推薦文、ダメダシなどをComments、Trackback、拍手でお寄せ下さい。お待ちしてま~す。ランキングを発表する予定です。また、著者や書評に関する情報や推薦したい本や取り上げて欲しい本の情報もお待ちしています。
関連記事


コメント
This is the MOST inspiring book I have ever read in my life. It is not just a book of cancer patient. I recommend this book to everyone. Everyone who seeks for a light in your heart. This amazing book teachs me that a human beings can be this positive in this harsh circumstances. Excellent book.

相河ラズsan is the best !
2013/01/22(火) 04:52 | URL | Chicago #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/2597-708152b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。