スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


先端医療NEWSを追う!米科学誌「セル・ステムセル」電子版「Generation of Induced Pluripotent Stem Cells Using Recombinant Proteins」

先端医療NEWSを追う!
Cell Stem Cell

米科学誌「セル ステム セル」Cell Stem Cell
URL http://www.cell.com/cell-stem-cell/
「遺伝子ゼロ」のiPS細胞が初めて実現
Generation of Induced Pluripotent Stem Cells Using Recombinant Proteins
今回は、回りくどい解説の必要ない方のためにはじめにリソースのURLを記載します。

<NEWS>
iPS細胞:「遺伝子なし」で成功 「がん化」防ぐ手法--米独チーム(毎日新聞 2009年4月24日)
今回取り上げる記事はこれだ。以下毎日新聞から記事を引用します。

「さまざまな細胞に分化できるマウスの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、遺伝子を細胞内に入れずに作る新手法を米独の研究チームが開発した。遺伝子の影響で起きうる細胞のがん化を防ぎ、治療に使える安全なiPS細胞の作成法につながる重要な成果で、世界の研究者が目指していた「遺伝子ゼロ」のiPS細胞が初めて実現した。24日、米科学誌「セル・ステムセル」で発表した。

 米スクリプス研究所のシェン・ディン准教授、独マックスプランク分子医薬研究所のハンス・シェラー教授らのチームが開発した。山中伸弥・京都大教授が開発したiPS細胞は、ウイルスを使い四つの遺伝子を細胞の核に入れて作られた。しかし、遺伝子や導入に使うウイルスが予期せぬ働きをして、細胞ががん化する恐れが高く、遺伝子やウイルスを使わない方法が模索されてきた。

 米独チームはまず、大腸菌を使って4遺伝子から、それぞれたんぱく質を作成。このたんぱく質にアミノ酸の一種のアルギニンを11個つなぎ、細胞膜を透過しやすい性質を持つように改造、ウイルスを使わずにマウスの胎児の細胞内に入れた。

 その結果、たんぱく質が細胞核に入り、iPS細胞ができた。心臓、肝臓、生殖細胞などへの分化も確認。四つのたんぱく質は細胞の核に入って48時間後まで存在するものの、その後は自然に消滅するため、がん化の心配が少ないという。

 たんぱく質(プロテイン)の頭文字を取り、「piPS細胞」と命名。今後、同じ手法がヒト細胞でも可能かどうか、研究が続くとみられる。【奥野敦史】」

こういった海外からのNWESの場合、そのネタになった元の情報に接してみたいと思うのは私だけでしょうか?特にこういった電子版で配信されるニュースの場合、せめてネタ元のURLを記載してくれるのが美しいと思うのですが、必ずといっていいほど、どの通信・新聞社でも書かれることがありません。

そこで今回もネタ元探しの旅に出る事としました。

<NEWSを追う>

はじめに手がかりである-米科学誌「セル・ステムセル」なのですが、ほとんどの報道はどこかのプレスリリースを丸写ししたように「セル・ステムセル」なのです。せめて、英語の表記を書いてあるものは無いかと探しましたが、二番煎じ三番煎じの記事が多く、容易に英語のスペルも出てきません。

そこで英語の雑誌探しです。セル・ステムセルで探すとやはりありませんが、幹細胞(ステム セル)という単語を発見。そうか幹細胞か。そういえば、Embryonic Stem Cellsは、胚性幹細胞でしたね。

それでは、Cell Stem Cellというのが米化学雑誌の正体ということになりました。そこでまた検索。ようやくGoogleの第一項目に発見。

さてその中から記事をという事になりましたが、専門用語も多く仕方なしに機械語翻訳にかけました。私には記事時の中身を判断するだけの力量は、専門性においても語学力にもありませんので、キーワードで確認する事にしました。

キーワードは、研究所の名前と人名です。人名はなかなか困難ですが、研究所は米スクリプス研究所を同じように追い掛け回しThe Scripps Research Instituteを探しました。

日本は島国という事も有るのかも知れませんが、新聞のニュースが狭い洞窟のようなところでこだましてしまうようです。また報道機関もニュースソースは、明かさないというような特権意識に縛られているようです。殺人事件や国家機密ではないのですから、ニュースソースもきちんと公開してほしいものだと思います。

<参考になったリソース>
米科学誌「セル ステム セル」Cell Stem Cell
Generation of Induced Pluripotent Stem Cells Using Recombinant Proteins(「遺伝子ゼロ」のiPS細胞が初めて実現)
The Scripps Research Institute(スクリプス研究所)
スクリプス研究所の発展の秘密
THE JAPAN SCRIPPS SOCIETY(日本スクリプス会)
BIOIMPACT
ヒトの皮膚から万能細胞(iPS細胞)作製に成功 山中伸弥教授(京都大学)
京都大学再生医科学研究所
iPS Trend(iPS細胞に関する情報サイト・科学技術振興機構)

(参考動画)
InterKnowlogy's Surface App for Scripps Research Institute


Skaggs Institute at Scripps Research Institute
Deadly Migration: Outsmarting the Avian Flu
Neurophilosophy (Gerald Edelman)
iPS Heart Cells Beating
iPS細胞で心臓病を改善
関連記事


コメント
少なくとも科学の隅っこに携わるものでcell知らなかったら話になりません。ネイチャー、サイエンスより格上ですよ。
全く科学を知らなければ新聞社に問い合わせれば良いだけの話です。
2011/02/04(金) 17:28 | URL | とおりすがり #AbZbc6b6[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/72-f15c0c22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。