スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「がんと生きる 家族ががんになったとき医師が選ぶがん治療」がんの本ブログ-今日の一冊

がんと生きる

がんと生きる
著者:天願勇
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


◆がんと生きる 家族ががんになったとき医師が選ぶがん治療
単行本(ソフトカバー): 238ページ
出版社: 幻冬舎 (2011/2/1)
天願 勇 (著)白畑 實隆 (監修)
言語 日本語
ISBN-10: 4344997670
ISBN-13: 978-4344997677
発売日: 2011/2/1
商品の寸法: 19 x 13.2 x 2.2 cm
価格: ¥ 1,260
keyword→Integrative Medicine 

<内容・content>
いま、がんと闘っているすべての人へ。「がんと共に歩む」ことを可能にするがん治療法を紹介。著者は幼少時に母を乳がんで亡くし、医師になる決意をしました。それから40年後、大学病院などでがん専門医として活躍していたのち、故郷沖縄でクリニックを開院していた彼を悲劇が再び襲います。妻が子宮がんを発症。治療の甲斐なく亡くなったのです。がんの標準治療に疑問を抱いた著者は、「本当に患者に有効な治療法」を追求。やがて「統合医療」に行きつきました。「統合医療」は「手術・抗がん剤・放射線」の標準治療に、各種サプリメントなどを組み合わせて効果を高める治療法。末期がんの症状軽減にも有効とされ、標準治療で見放されたがん患者の受け皿となっています。また、本書では全国で「統合医療」に取り組む医師も多数紹介。そのうちの1人が語った「医師も人間。家族ががんになったら、本当にがんが治る治療法を探す」という言葉から、日本のがん治療の問題点が見えてきます。患者さんや家族、がんに苦しむすべての人に読んでほしい、がん治療の“現実”がわかる1冊です。

<目次・table of contents>
第1章 切る医療から癒す医療へ
(自らの天職を見つけた人に幸いあれ 望みあるところに光あり 再び見舞われた試練 私が取り組んでいる新しいがん治療 NPO法人統合医療と健康を考える会との出会い 続くがんとの闘い 妻との二人三脚から長女との二人三脚へ)

第2章 がん治療の可能性
(がん治療の可能性を探る がんは酸化ストレス疾患 フコイダン研究の課題 がんは治る病気である)

第3章 医療の現場で共に闘う医師たち
(がんは生活習慣病―心と体の両面を支える医療 がん治療の選択肢を増やす 信頼の絆の中で患者さんをトータルに診る とことんがんと向き合う―あきらめないがん医療 血管流速を遅らせ、がん進行を食い止める 相互補完する医療を目指して)

<著者情報・author information>
天願 勇(テンガン イサム・Isamu TENGAN)
統合医療センタークリニックぎのわん院長。1947年沖縄県うるま市具志川生まれ。1972年大阪市立大学医学部卒業。1972年沖縄県立中部病院。1977年国立がんセンター中央病院。1982年亀田総合病院。1988年ハートライフ病院を開設。2001年統合医療センターを開院。2011年国際統合医学会学術集会会頭。日本医学交流協会理事。

白畑 實隆(シラハタ サネタカ・Sakatane SHIRAKATA)
九州大学大学院農学研究院生命機能科学部門教授・NPO法人統合医療と健康を考える会理事。1978年九州大学大学院農学研究院食糧化学工学専攻博士課程修了。農学博士。87年オレゴン州立大学生化学生物物理学科に訪問助教授として留学。89年より九州大学助教授。95年から九州大学大学院農学研究院遺伝子資源工学専攻細胞制御工学教室教授。2003年からシステム生命科学府生命工学講座教授を併任。

Links(Author's world・著作とその世界)
幻冬舎(GENTOSHA)
統合医療センタークリニックぎのわん(Tougou Medical Center)
国際統合医学会(International Society of Integrative Medicine)

※この本の批評、読後感想、心に響いた言葉、推薦文、ダメダシなどをComments、Trackback、拍手でお寄せ下さい。お待ちしてま~す。ランキングを発表する予定です。また、著者や書評に関する情報や推薦したい本や取り上げて欲しい本の情報もお待ちしています。
関連記事


コメント
はじめまして、ほくろ除去!運営している池上明と申します。

現在コンテンツの充実しているサイト様とぜひとも相互リンクをしていただきたいと思い、
連絡させていただきました。

また、サブサイトなどありましたら、リンクさせていただきますので、おっしゃってください。
ぜひともご検討お願い致します。



サイト名・・・ほくろ除去!
サイトURl・・・http://hokuro-jokyo.net/
リンク掲載URL・・・http://hokuro-jokyo.net/links2.php
説明・・・ほくろの除去について解説!


よろしくお願い致します。
2011/02/16(水) 11:28 | URL | 池上明 #-[ 編集]
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/784-e9c63c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。