スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 01/25/2015)がん性疼痛 cancer pain

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000020723 2016/01/25
がん性疼痛患者におけるオキシコドンの鎮痛効果および有害作用の個人差要因の解明
・がん性疼痛 cancer pain
・-
・限定募集中/Enrolling by invitation
・薬物動態・薬力学/PK,PD
・観察/Observational
・-
・-
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・100
・川上 純一 Junichi Kawakami
・浜松医科大学医学部附属病院薬剤部 Department of Hospital pharmacy Hamamatsu University School of Medicine
・浜松医科大学医学部附属病院薬剤部 Department of Hospital pharmacy Hamamatsu University School of Medicine
・自己調達/Self funding
Investigation of interindividual factors in oxycodone pharmacokinetics and clinical responses in Japanese cancer patients receiving oral oxycodone

・その他関連情報(Other related information)
研究デザイン:観察研究
対象者の募集方法:2014年7月-2019年3月に当施設を受診した患者で選択基準に合致した全員
主要アウトカム:オキシコドン投与開始後96時間のオキシコドン、ノルオキシコドン、オキシモルフォンおよびノルオキシモルフォンの血中濃度
副次アウトカム:
1. GPS(glasgow prognostic score)
2. 悪液質の進行度
3. ABCB1、CYP3A5、CYP2D6、OPRM1の遺伝子多型
4. 血清サイトカイン濃度
5. 血清プロラクチン濃度
6. 鎮痛効果
7. 有害作用
8. 代謝マーカー
Study design:Observational study
Object recruitment:All patients who visit our hospital and meet the selection criteria from July 2014 to March 2019.
Primary outcome:Plasma concentration of oxycodone, noroxycodone, oxymorphone and noroxymorphone 192 hours and later starting oral oxycodone.
Secondary outcome:
1. GPS
2. Cachexia stage
3. Genetic variants of ABCB1, CYP3A5, CYP2D6 and OPRM1
4. Plasma proinflammatory cytokines level
5. Plasma prolactin level
6. Analgesic effect
7. Adverse reaction
8. Metabolic marker
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8522-d881272a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。