スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「がん研有明病院 乳房一次再建術」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1971)

title_1.jpg

◆がん研有明病院 乳房一次再建術:根治的,整容的な乳癌治療をめざして
大型本: 296ページ
出版社: 日本医事新報社; 第1版 (2015/12/5)
澤泉 雅之 (編著)
言語: 日本語
ISBN-10: 478496231X
ISBN-13: 978-4784962310
発売日: 2015/12/5
商品パッケージの寸法: 29.7 x 21 x 2 cm
価格:\13,500
keyword→Breast primary reconstruction 

<内容・content>
 「乳房一次再建術」解説書の決定版。2013年7月,乳癌手術後の乳房再建に使用するゲル充填人工乳房(SBI)が保険適用となり,乳癌治療に新たな道が拓かれました。本書では1,000件を超す症例数で国内を大きくリードするがん研有明病院の方法論を惜しげも無く開陳。乳切と同時にティッシュ・エキスパンダー(TE)を挿入し,組織の伸展やその他の治療の終了を待ってSBIと入れ替える一次二期再建術を中心に同院のワザを紹介します。乳腺外科医との連携,TE・SBIの取り扱いと挿入手技,術後合併症,術後評価・経過観察,対側のタッチアップ,乳頭・乳輪の再建,術前術後の患者ケアなどを詳説する,根治的・整容的な「乳房一次再建術」解説書の決定版です。

<目次・table of contents>
第Ⅰ章 総論
1.乳腺外科医と一次再建
2.乳房再建一般
3.周術期管理とインフォームドコンセント

第Ⅱ章 人工乳房の基礎
column TE挿入中のMRI禁忌:人体への影響

第Ⅲ章 ティッシュ・エキスパンダー
1.サイズ選択
2.挿入法
column アロダーム®とバイクリル®メッシュ
3.術後の合併症

第Ⅳ章 インプラント
1.総論
2.SBIの選択
3.サイズ選択の際のエコーによる計測の有用性
4.挿入法
5.術後の合併症

第Ⅴ章 両側再建

第Ⅵ章 評価・経過観察
1.ベクトラ®の活用
2.乳房再建後の整容性評価方法

第Ⅶ章 対側のタッチアップ
1.総論
2.対側乳房増大術
3.対側乳房固定術

第Ⅷ章 脂肪注入による修正術

第Ⅸ章 乳頭・乳輪再建

第Ⅹ章 チーム医療と患者ケア

第Ⅺ章 インプラントの破損と画像診断

<著者情報・author information>
澤泉 雅之(さわいずみ まさゆき:SAWAIUMI Masayuki)
がん研究会有明病院 形成外科 部長

Links(Author's world・著作とその世界)
日本医事新報社(Japan medical journal)
立ち読み (sample)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8572-1ffbafd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。