スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 02/04/2015)血栓症予防にワルファリンを内服している患者の胃ESDの適応となる病変。 The lesion that is indicated in gastric endoscopic submucosal dissection in patients who use warfarin for prevention of thrombosis

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000020850 2016/02/04
ワルファリン内服継続下での胃病変内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の安全性に関する探索的前向き試験
・血栓症予防にワルファリンを内服している患者の胃ESDの適応となる病変。 The lesion that is indicated in gastric endoscopic submucosal dissection in patients who use warfarin for prevention of thrombosis
・第Ⅱ相/Phase II
・開始前/Preinitiation
・ワルファリン内服中の患者を対象とし、その内服を継続したまま胃ESDを施行した際の安全性を検討する。 To examine the safety of gastric endoscopic submucosal dissection without cessation of warfarin.
・安全性/Safety
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医薬品/Medicine
 介入1(Interventions/Control_1)
 血栓症予防にワーファリンを内服している対象患者において、ワルファリン内服を継続したまま、胃ESDを施行する。本試験におけるプロトコール治療期間は、胃ESD施行時(day0)から施行28日後(day28)までとする。試験観察期間はプロトコール新規登録からプロトコール治療期間終了までとする。
 In patients who use warfarin for prevention of thrombosis, gastric endoscopic submucosal dissection will be done without cessation of warfarin. Protocol treatment period in this study is from the day of gastric endoscopic submucosal dissection (day0) to the 28th day after gastric endoscopic submucosal dissection (day28). Observation period is from the registration to the protocol to the end of protocol treatment period.
・20 歳/years-old 以上/<=
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・15
・小野 敏嗣 Satoshi Ono
・東京大学医学部附属病院 消化器内科 The University of Tokyo Hospital Department of Gastroenterology, Graduate School of Medicine
・東京大学医学部附属病院 消化器内科 The University of Tokyo Hospital Department of Gastroenterology, Graduate School of Medicine
・臨床研究保険については、科学研究費補助金(基金)-若手研究(B)(研究代表者:小野敏嗣、プロジェクト番号:127100000551)を使用して加入する。 The clinical research insurance is covered by Grant-in-Aid for Scientific Research- Young Scientists (B) (Principal Investigator: Satoshi Ono, project number: 127100000551).
A prospective exploratory study on the safety of gastric endoscopic submucosal dissection without cessation of warfarin
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8594-6312db4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。