スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「新NS NOW 4 脳・脊髄腫瘍摘出のための引き出し」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1973)

ISBN4-7583-1564-7.jpg

◆新NS NOW 4 脳・脊髄腫瘍摘出のための引き出し:腫瘍摘出のコツとピットフォール
単行本: 221ページ
出版社: メジカルビュー社 (2015/12/3)
森田明夫, 伊達 勲, 菊田健一郎 (編集委員)
言語: 日本語
ISBN-10: 4758315647
ISBN-13: 978-4758315647
発売日: 2015/12/3
商品パッケージの寸法: 29.5 x 20.8 x 1 cm
価格:\11,880
keyword→brain tumor, spinal cord tumor

<内容・content>
 No.4では腫瘍をテーマに取り上げた。総論と各論で構成され,総論では腫瘍摘出全体にかかわるコンセプトと術前のシミュレーションを,各論では各種脳・脊髄腫瘍に対する解説と,手技のコツ・ピットフォールを示している。腫瘍の摘出では事前の正確な検査・診断,血管や神経近傍での剥離・摘出の操作,播種を念頭に置いての術後の検査など,さまざまな点に注意を要する。本書ではこれらのポイントを特に画像に注力しながら紹介する。脳神経外科医専門医も,これから専門医をめざす医師も必読の1冊である。

<目次・table of contents>
Ⅰ 総論
 腫瘍摘出のコンセプト  
 腫瘍摘出のための画像評価とシミュレーション  
 ハプティクスと立体モデルによる実体感型手術シミュレーション  
 モニタリングの活用と腫瘍摘出度の決定(止めどき)  
 脳血管外科の視点から取り組む脳腫瘍手術 

Ⅱ 各論
 グリオーマ摘出計画法 転移性脳腫瘍を含めた悪性脳腫瘍の摘出計画法  
 グリオーマ摘出術 血管損傷を避けるために  
 Tractに留意したグリオーマ摘出 NY Tract Finderを用いた錐体路同定法  
 ALA光線力学診断(ALA-PDD)ガイドによる腫瘍摘出術  
 レザフィリンⓇとphotodynamic therapy(PDT)  
 髄膜腫摘出 神経・脳幹との剥離  
 髄膜摘出時の穿通動脈保存法  
 神経鞘腫 特に神経との剥離に重点をおいて  
 下垂体腺腫の被膜外摘出  
 頭蓋咽頭腫に対する開頭手術 Bilateral subfrontal/interhemispheric approach  
 頭蓋咽頭腫に対する経鼻内視鏡手術 鞍上部腫瘍を中心に  
 脳幹腫瘍 海綿状血管腫 Tractやvein術前予想に基づいた脳幹の手術  
 血管芽腫  
 脊索腫  
 脊髄髄内腫瘍 血管とtractの温存  

●シリーズ わたしの手術記載
 ①経錐体到達法を用いて切除した脳幹部橋海綿状血管腫  
 ②腫瘍手術  

<著者情報・author information>
森田 明夫(もりた あきお:MORITA Akio)
 日本医科大学大学院 脳神経外科学大学院教授
伊達 勲(だて いさい:DATE Isao)
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 脳神経外科学教授
菊田 健一郎(きくた けんいちろう:KIKUTA Kenichiro)
 福井大学医学部 脳脊髄神経外科教授

Links(Author's world・著作とその世界)
メジカルビュー社(MEDICAL VIEW)
立ち読み (sample)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8607-d7ae5313
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。