スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「Year Book of RCC 2015」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1974)

thumb.jpg

◆Year Book of RCC 2015 (腎細胞癌:renal cell carcinoma)
単行本: 165ページ
出版社: メディカルレビュー社 (2015/12)
冨田善彦, 金山博臣, 植村天受, 篠原信雄 (編集)
ISBN-10: 4779215447
ISBN-13: 978-4779215445
発売日: 2015/12
商品パッケージの寸法: 26.2 x 18.3 x 2.1 cm
価格:\4,104
keyword→renal cell carcinoma

<内容・content>
 本書は2008年に,ソラフェニブやスニチニブなどの分子標的薬の承認を機会に発刊されたものですが,それらの分子標的薬が臨床で使用されるようになって約10年になります。患者さんのなかには承認以前に治験に参加するかたちで投与された方もいます。癌に対する治療はどのような治療でも同じで,腫瘍の進展がコントロールできたということは,その治療が継続されることを意味しますので,これまでも何度か取り上げた分子標的薬の有害事象(AE)に対しても,長期治療を視野に入れた対応が必要になってきています。
本号では,長期の治療に大変重要なQOL評価,また長期投与に際してのAEマネジメントに焦点を当てました。また,有転移症例の治療においても原発巣の摘除,根治的腎摘除とその病理学的検索を行い,その結果に基づいた治療法の選択が基本ですが,さまざまな理由で腎摘除術が行えない非常に難しい症例も存在します。座談会では,そのような症例を取り上げディスカッションしていただきました。先生方の日々の診療に少しでも役立てば幸いです。分子標的薬に加えて,新たな免疫治療約であるImmune Checkpoint阻害薬は昨年も本書で取り上げましたが,その腎細胞癌に対する臨床的有用性がランダム化比較試験で証明され,その臨床使用が間近になってきました。これまでの他癌種での治療においても分子標的薬の際に経験したように,そのAEの頻度や程度は欧米での結果とは若干違ったものになるようです。本書では今後もスピード感と現場の感覚を大切にしていきたいと考えています。 (編集者「序文」より)

<目次・table of contents>
Ⅰ Round Table Discussion
 原発巣切除が困難な有転移巣症例の治療戦略

Ⅱ Topics of RCC                      
 1.総論―QOL評価―
  1)QOL評価法とは
  2)薬物療法のQOL評価
  3)手術療法のQOL評価
 2.各論―長期投与を目指したAEマネジメント―
  1)ソラフェニブ
  2)スニチニブ
  3)テムシロリムス・エベロリムス
  4)アキシチニブ
  5)パゾパニブ

【Column】
  ●ロボット支援腎部分切除術
  ●凍結療法

Ⅲ 付録
 RCC関連演題の一覧(ASCO 2015,AUA 2015,ESMO 2015)
 索引
 編集者プロフィール

<著者情報・author information>
冨田 善彦(とみた よしひこ:TOMITA Yoshihiko)
 新潟大学大学院医歯学総合研究科腎泌尿器病態学・分子腫瘍学分野教授
金山 博臣(かなやまひろおみ:KANAYAMA Hiroomi)
 徳島大学大学院医歯薬学研究部泌尿器科学分野教授
植村 天受(うえむら ひろつぐ:UEMURA Hirotsugu)
 近畿大学医学部泌尿器科主任教授
篠原 信雄(しのはら のぶお:SHINOHARA Nobuo)
 北海道大学大学院医学研究科腎泌尿器外科学分野教授

Links(Author's world・著作とその世界)
メディカルレビュー社(Medical Review)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8615-fcb73ca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。