スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 02/12/2015)生体肝移植ドナー・レシピエント、多発転移性肝腫瘍 Donor and recipient of living donor liver transplantation, multiple liver metastases

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000020883 2016/02/12
近赤外蛍光カラーシステムを用いた新規術野投影機器の機能・性能の評価
・生体肝移植ドナー・レシピエント、多発転移性肝腫瘍 Donor and recipient of living donor liver transplantation, multiple liver metastases
・-
・開始前/Preinitiation
・近赤外蛍光カラーシステムを基盤とした新規術野投影機器の機能と操作性の検証 To examine the diagnostic accuracy of a near-infrared fluorescence color system
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医療器具・機器/Device,equipment
 介入1(Interventions/Control_1)
 近赤外蛍光カラーシステムの使用
 To use the projector machine using a fluorescence color system
・20 歳/years-old 以上/<=
・80 歳/years-old 未満/>
・男女両方/Male and Female
・10
・波多野 悦朗 Etsuro Hatano
・京都大学大学院医学研究科 肝胆膵・移植外科 Graduate School of Medicine, Kyoto University
Department of Surgery, Division of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery and Transplantation
・京都大学大学院医学研究科 肝胆膵・移植外科 Graduate School of Medicine, Kyoto University
Department of Surgery, Division of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery and Transplantation
・国立研究開発法人日本医療研究開発機構 Japan Agency for Medical Research and Development
Function evaluation of the new intraoperative projector machine using a fluorescence color system

・共同実施組織(Co-sponsor)
山田医療照明株式会社 Yamada Shadowless Lamp Corporation
パナソニック株式会社 Panasonic Corporation
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8631-826c943e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。