スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Cancer Topics Index of Japan(02/08~02/14/2016)海外:Overseas 海外がん情報とプレスリリースまとめ

ヴィトルヴィウス的人間2
Cancer Topics Index of Japan(02/08~02/14/2016)海外:Overseas
◇Types of cancer NewsBox がん種別ニュースボックス◇ (Link)

Flags 【海外:overseas】
<Topics>
New breakthrough cancer treatments top 2015 Dana-Farber highlights (January 04, 2016 News Release:Dana-Farber Cancer Institute)
2015年画期的がん新治療薬〜最重要研究ハイライト~/ダナファーバーがん研究所 (02/11/2016 日本語:海外癌情報リファレンス)
⇒大腸がん:TAS-102, 急性骨髄性白血病(AML):midostaurin, 乳がん:T-DM1, 肺がん:osimertinibなど

<News Release>
【軟部肉腫:soft tissue sarcoma】
Eribulin versus dacarbazine in previously treated patients with advanced liposarcoma or leiomyosarcoma: a randomised, open-label, multicentre, phase 3 trial (Published Online: 10 February 2016 The Lancet)
抗がん剤「ハラヴェン®」軟部肉腫を対象とした臨床第III相試験結果がThe Lancetに掲載 (02/12/2016 News Release:エーザイ Eisai)
「ハラヴェン」(一般名:エリブリンメシル酸塩)は、新規の作用機序を有するハリコンドリン系の微小管ダイナミクス阻害剤です。海洋生物クロイソカイメン(Halichondria okadai)から抽出された天然物ハリコンドリンBの全合成類縁化合物であり、微小管の伸長(重合)を阻害・抑制することで、細胞分裂の停止作用を有しています。加えて、最近の非臨床研究において、腫瘍の血流循環を改善すること2、乳がん細胞の上皮細胞化を誘導すること、乳がん細胞の転移能を減少させる3など、ユニークな作用を有することが知られています。

<Medical Journal & Other News>
【乳がん:breast cancer】
Plasma carotenoids, vitamin C, tocopherols, and retinol and the risk of breast cancer in the European Prospective Investigation into Cancer and Nutrition cohort.(PubMed/Am J Clin Nutr. 2016 Feb)
ビタミンA、ビタミンCに乳がんを防ぐ力はあるか? 3,004人の比較から
from The American journal of clinical nutrition
(02/08/2016 MEDLEY:日本語)

【皮膚がん:skin cancer】
Association Between Indoor Tanning and Melanoma in Younger Men and Women.(PubMed/JAMA Dermatol. 2016 Jan 27)
日焼けマシーンが皮膚がんの原因に!?アメリカ合衆国で検証
from JAMA dermatology
(02/12/2016 MEDLEY:日本語)

【マンモグラフィー:mammography】
Harms of Breast Cancer Screening: Systematic Review to Update the 2009 U.S. Preventive Services Task Force Recommendation.(PubMed/Ann Intern Med. 2016 Jan 12)
マンモグラフィーをもう受けたくなくなる出来事 文献80件の調査から
from Annals of internal medicine
(02/11/2016 MEDLEY:日本語)

【がんの遺伝:heritability of cancer】
Familial Risk and Heritability of Cancer Among Twins in Nordic Countries.(PubMed/JAMA. 2016 Jan 5)
「がん体質」はあるのか?双子研究 20万人の双子を調査
from JAMA
(02/14/2016 MEDLEY:日本語)

【経内分泌腫瘍:neuroendocrine tumours】
Everolimus for the treatment of advanced, non-functional neuroendocrine tumours of the lung or gastrointestinal tract (RADIANT-4): a randomised, placebo-controlled, phase 3 study.(PubMed/Lancet. 2015 Dec 15)
肺・消化管の進行非機能性神経内分泌腫瘍にエベロリムスは有効か? 302人の治療で検証
from Lancet (London, England)
(02/12/2016 MEDLEY:日本語)

【唾液検査:Salivary Immunoglobulin】
Salivary Immunoglobulin A Secretion Rate Is Negatively Associated with Cancer Mortality: The West of Scotland Twenty-07 Study (December 23, 2015 PLOS)
唾液検査で死期が分かる? 最新の研究が明らかにしたがんとの関連 (02/09/2016 CIRCL)

【白血病・遺伝子編集:gene-editing therapies】
Leukaemia success heralds wave of gene-editing therapies (10 November 2015 nature)
医療現場に押し寄せる遺伝子編集の波 (02/12/2016 The Huffington Post Japan)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8666-07ffdc69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。