スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「静がんメソッド 婦人科癌編:静岡がんセンターから学ぶ最新化学療法&有害事象マネジメント」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1980)

title_1 (1)

◆静がんメソッド 婦人科癌編:静岡がんセンターから学ぶ最新化学療法&有害事象マネジメント
単行本: 124ページ
出版社: 日本医事新報社; 第1版 (2016/2/5)
安井博史 (監修) 平嶋泰之(編集)
言語: 日本語
ISBN-10: 4784956190
ISBN-13: 978-4784956197
発売日: 2016/2/5
商品パッケージの寸法: 25.7 x 18.2 x 2 cm
価格:\4,536
keyword→gynecologic cancer, chemotherapy, adverse event

<内容・content>
 患者さんの状態や背景がさまざまで「この治療法を」という“正解”が存在しない癌化学療法。本書は,多数の癌患者さんを診療する静がん(静岡県立静岡がんセンター)での経験則から,治療選択の注意点や有害事象対策のポイントを解説。EBMを根幹としつつ,EBMだけではカバーしきれない,静がんの実臨床から得られた経験的ポイントを惜しげもなく公開。
第1章では各癌腫に対する化学療法,手術,放射線療法などの治療決定の指針「SCC院内ガイドライン」を提示。第2章では重要なレジメンについて個別に解説し,投与量や投与スケジュールなどの基本的事項のみならず,起こりうる有害事象とそのマネジメントについても詳述。

<目次・table of contents>
1.SCC院内ガイドライン

2.レジメン・有害事象マネジメント
weekly CDDP
TP療法
TC療法
FP療法
IP療法
AP療法
dose-dense TC療法
CPT-11
Topotecan
TC+Bmab
weekly PTX
PLD療法
PLDC療法
Gemcitabine
GC療法

<著者情報・author information>
安井 博史(やすい ひろふみ:YASUI Hirofumi)
 静岡県立静岡がんセンター副院長/消化器内科部長
平嶋 泰之(ひらしま やすゆき:HIRASHIMA Yasuyuki)
 静岡県立静岡がんセンター婦人科部長

Links(Author's world・著作とその世界)
日本医事新報社(Japan medical journal)
立ち読み (sample)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8680-f23eb0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。