スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Cancer Topics Index of Japan(02/15~02/21/2016)海外:Overseas 海外がん情報とプレスリリースまとめ

ヴィトルヴィウス的人間2
Cancer Topics Index of Japan(02/15~02/21/2016)海外:Overseas
◇Types of cancer NewsBox がん種別ニュースボックス◇ (Link)

Flags 【海外:overseas】
<Featured article:注目記事>
【94 percent/Cancer Immunotherapy】【急性リンパ芽球性白血病:acute lymphoblastic leukemia】
Engineering T Cells for Safe and Effective Cancer Immunotherapy (February 14, 2016 AAAS 2016 ANNUAL MEETING)
Dr. Stan Riddell, an innovator in cancer immunotherapy at Fred Hutch, to present at AAAS annual meeting (14-FEB-201 EurekAlert!)
Scientists claim 'extraordinary' success with treatment using immune cells to target cancer (Published February 16, 2016 foxnews)
免疫細胞療法:T細胞療法、リンパ芽球性白血病に94%の寛解率 (02/23/2016 iMedi)
末期がんにも大きな効果のある画期的治療法が登場、しかし副作用も強烈 (02/18/2016 Gigazine)
[T-Cell Activation(VideosMolecular YouTube 3:37]
 

<USA, FDA, NIH, NCI>
◇NIH (National Institutes of Health)
【cancer-associated fibroblasts (CAFs)】
Researchers find link between death of tumor-support cells and cancer metastasis (February 19, 2016 NHI News Release)

◇NCI (National Cancer Institute)
【new information】
What’s New on NCI’s Websites? (February 19, 2016 NCI Currents Blog)

【Large-Scale Computational Cancer Science】
titan-article.jpg
NCI-DOE Collaboration Paving Way for Large-Scale Computational Cancer Science (February 17, 2016 NCI Currents Blog)
Imagine the concentrated power of more than one million laptops working to screen a tumor sample from a patient against thousands of drugs and millions of drug combinations. At the end of this screening process, this mega-computer would help to identify a specific treatment with the greatest potential to combat that patient’s cancer.

◇EU, EMA, CHMP, Cancer Research UK, NICE◇
ラムシルマブ(サイラムザ)、進行非小細胞肺癌及び転移性結腸・直腸癌に対する治療薬として欧州委員会が承認 (02/15/2016 Press Release:日本イーライリリー Eli Lilly Japan)pdf_dl.png
ラムシルマブは血管新生阻害薬です。ラムシルマブは、in vivo 動物モデルで血管新生を阻害しました。VEGF 受容体 2(VEGFR-2)に特異的に結合することにより、VEGFR-2 のリガンドである VEGF-A、VEGF-C、及び VEGFDの結合に競合し、VEGFR-2 の活性化を阻害する VEGFR-2 抗体です。VEGF 受容体 2 は血管新生を引き起こす VEGF の主要な受容体です。胃癌、肺癌、大腸癌を含むいくつかのがん種において、これらのリガンドとVEGFR2 の相互作用に関連した腫瘍血管新生が生じると言われております。

<News Release>
【Breast Cancer:FDA承認/末期・転移性乳癌】
Pfizer Receives Expanded FDA Approval For IBRANCE (palbociclib) In HR+, HER2- Metastatic Breast Cancer (February 19, 2016 Press Release:ファイザー Pfizer)
※ファイザーはFDAがIbrance(palbociclib)[CDK4/6阻害剤]の適応拡大を承認したと発表した。昨年の初承認時と同様に、ホルモン受容体陽性でher2陰性の末期・転移性乳癌が対象だが、閉経後女性の一次治療としてletrozole(アロマターゼ阻害剤)と併用する用途用法に加えて、内分泌療法の後の二次治療としてfulvestrant(エストロゲン受容体ダウンレギュレーター)と併用することも可能になった。(日本語:海外医薬ニュースより引用)

<Medical Journal & Other News>
【Skin cancer:皮膚がん】
MoleScope (2016 MoleScope)
iPhoneで皮膚がんの早期発見をサポート スマホカメラ用スコープ「MoleScope」(02/21/2016 ITmedia Helth Care)

【がんの新しい予測:New Predictor of Cancer】
・生物学的(エピジェネティック)年齢が、実年齢より高いとがんで死亡するリスクが高くなる
When your biological age is older than your chronological age, the risk of getting and dying of cancer rises (February 17, 2016 News Release:Northwestern University)

【開発途上国:developing country】
開発途上国でがん患者増加 IFPMA[国際製薬団体連合会]が治療アクセス向上を支援 (02/16/2016 ミクスOnline)

【子宮頸がん:cervical cancer】
Risk of invasive cervical cancer after atypical glandular cells in cervical screening: nationwide cohort study. (PubMed/BMJ. 2016 Feb 11)
子宮頸がんの検査、細胞診で異常があるとどれぐらい危険なのか? 300万人のデータから
from BMJ (Clinical research ed.)
(02/18/2016 MEDLEY:日本語)

【大腸がん:colorectal cancer】
Fecal Immunochemical Test Program Performance Over 4 Rounds of Annual Screening: A Retrospective Cohort Study.(PubMed/Ann Intern Med. 2016 Jan 26)
大腸がんを発見する便潜血検査はどれぐらい頼れるのか? 4年間毎年検査した結果
from Annals of internal medicine
(02/16/2016 MEDLEY:日本語)

【PARP阻害剤:PARP inhibitors】
Blocking c-Met–mediated PARP1 phosphorylation enhances anti-tumor effects of PARP inhibitors (Published online 18 January 2016 NATURE MEDICINE)
がん:c-Metが仲介するPARP1リン酸化の遮断はPARP阻害剤の抗腫瘍効果を増強する (Published online 18 January 2016 NATURE MEDICINE)

【胸膜中皮腫:pleural mesothelioma】
Bevacizumab for newly diagnosed pleural mesothelioma in the Mesothelioma Avastin Cisplatin Pemetrexed Study (MAPS): a randomised, controlled, open-label, phase 3 trial.(PubMed/Lancet. 2015 Dec 21)
アスベストでできる「中皮腫」の抗がん剤治療、ベバシズマブ併用で効果増 448人の抗がん剤研究
from Lancet (London, England)
(02/18/2016 MEDLEY:日本語)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8722-9ed7d135
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。