スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 02/25/2015)大腸癌 Colorectal cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021191 2016/02/25
DNAメチル化不均一性の超高感度検出による大腸癌予後及び治療効果予測
・大腸癌 Colorectal cancer
・-
・開始前/Preinitiation
・本研究の目的は、メチル化特異的高解像度融解曲線分析(Methylation-sensitive high resolution melt: MS-HRM法)を用いて、大腸癌患者の腫瘍および血漿におけるDNAメチル化不均一性を検出することの臨床的意義について検討することである。 To determine the clinical significance of the detection of epigenetic heterogeneity in primary tumor and plasma from colorectal cancer patients with Methylation-sensitive high resolution melt(MS-HRM).
・有効性/Efficacy
・観察/Observational
・-
・-
・20 歳/years-old 以上/<=
・80 歳/years-old 以下/>=
・男女両方/Male and Female
・60
・坂本 一博 Kazuhiro Sakamoto
・順天堂大学(大学院) Juntendo University Faculty of Medicine
・順天堂大学(大学院) Juntendo University Faculty of Medicine
・自己調達/Self funding
Prediction of outcomes and response to treatments with an ultrasensitive method for assessing intratumor epigenetic heterogeneity in colorectal cancer
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8741-25efd75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。