スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「小児白血病・リンパ腫診療ガイドライン 2016年版 第3版」がんの本ブログ-今日の一冊(No.1989)

17069L.jpg

◆小児白血病・リンパ腫診療ガイドライン 2016年版 第3版
単行本: 204ページ
出版社: 金原出版 (2016/2/29)
日本小児血液・がん学会 (編集)
言語: 日本語
ISBN-10: 4307170695
ISBN-13: 978-4307170697
発売日: 2016/2/29
商品パッケージの寸法: 26 x 18.2 x 0.8 cm
価格:¥3,564
keyword→Childhood leukemia, lymphoma 

<内容・content>
 希少な小児がんの標準治療を示すガイドラインが5年ぶりに改訂!小児がんの年間発症数は約2,500人と成人に比較して非常に少ない。それゆえ前方視的ランダム化比較試験を行うことは難しく、新たなエビデンスを創出しにくい領域である。そのような背景を十分に踏まえた上で、標準的治療に対する基本的な考え方を提示し、治療選択のための情報提供ツールとして改訂版が作成された。前版のCQ形式を踏襲し、各解説の内容の充実をはかった。新たに小児緩和医療のCQが追加されたことも注目である。

<目次・table of contents>
ガイドラインの基本的事項

1章 急性リンパ性白血病ALL
I アルゴリズム
II はじめに
III クリニカルクエスチョン
CQ1.小児ALLの治療方針の決定に必要な分類と検査は何か
CQ2.小児ALLの標準的寛解導入療法は何か
CQ3.小児ALLの寛解後の標準的治療は何か
CQ4.小児ALLの標準的維持療法は何か
CQ5.小児ALLの標準的CNS白血病の予防および治療は何か
CQ6.小児Ph染色体陽性ALLの標準的治療は何か
CQ7.乳児ALLの標準的治療は何か
CQ8.思春期・若年成人ALLの標準的治療は何か
CQ9.再発小児ALLの標準的治療は何か
CQ10.小児ALL治療における造血細胞移植の役割は何か
CQ11.小児ALL治療におけるMRD測定の役割は何か

2章 急性骨髄性白血病 AML
I アルゴリズム
II はじめに
III クリニカルクエスチョン
CQ1.小児AMLの治療方針の決定に必要な分類と検査は何か
CQ2.小児AMLの標準的寛解導入療法は何か
CQ3.小児AMLの寛解後の標準的治療は何か
CQ4.小児AML治療における造血細胞移植の役割は何か
CQ5.再発小児AMLの標準的治療は何か
CQ6.小児APLの標準的治療は何か
CQ7.Down症候群のAMLの標準的治療は何か

3章 慢性骨髄性白血病 CML
I はじめに
II クリニカルクエスチョン
CQ1.小児CMLの標準的治療は何7
CQ2.小児CML治療における造血細胞移植の役割は何か

4章 骨髄異形成症候群 MDS
I アルゴリズム
II はじめに
III クリニカルクエスチョン
CQ1.芽球増加を伴わない小児MDSの標準的治療は何か
CQ2.小児のRAEBおよびRAEBTの標準的治療は何か
CQ3.JMMLの標準的治療は何か
CQ4.Down症候群の小児にみられるMDSの標準的治療は何か
CQ5.Down.症候群にみられるTAMの管理は何か

5章 リンパ腫
I アルゴリズム
II はじめに
III クリニカルクエスチョン
CQ1.小児リンパ腫の治療方針の決定に必要な検査と分類は何か
CQ2.小児の成熟B細胞性リンパ腫の標準的治療は何か
CQ3.小児のリンパ芽球性リンパ腫の標準的治療は何か
CQ4.小児の未分化大細胞型リンパ腫の標準的治療は何か
CQ5.小児ホジキンリンパ腫の標準的治療は何か
CQ6.思春期・若年成人のリンパ腫の標準的治療は何か
CQ7.小児リンパ腫治療におけるFDG-PET/CT検査の意義は何か
CQ8.再発・難治性非ホジキンリンパ腫の標準的治療は何か

6章 ランゲルハンス細胞組織球症 LCH
I はじめに
II クリニカルクエスチョン
CQ1..小児LCHの治療方針の決定に必要な検査と分類は何か
CQ2.単一臓器型LCHの標準的治療は何か
CQ3.多臓器型LCHの標準的治療は何か

7章 支持療法
I アルゴリズム
II はじめに
III クリニカルクエスチョン
CQ1.標準的な感染予防は何か
CQ2.発熱性好中球減少症の標準的治療は何か
CQ3.深在性真菌症の診断法は何か
CQ4.深在性真菌症の標準的治療は何か
CQ5.ウイルス感染症の標準的治療は何か
CQ6.赤血球輸血の適応と輸血量の目安は何か
CQ7.血小板輸血の適応と輸血量の目安は何か
CQ8..L-アスパラギナーゼ投与時の凝固線溶系異常に対する標準的治療は何か
CQ9.腫瘍崩壊症候群の標準的治療は何か
CQ10.小児がん治療における苦痛緩和対策は何か
CQ11.小児がん患児が経験する疼痛に対する標準的評価は何か
CQ12.検査・処置に対する標準的疼痛管理は何か
CQ13.小児がん(疾患)に対する標準的疼痛管理は何か

略語一覧
薬剤名一覧
索引

<著者情報・author information>
一般社団法人 日本小児血液・がん学会 (The Japanese Society of Pediatric Hematology/Oncology; JSPHO)

Links(Author's world・著作とその世界)
金原出版 (KANEHARA)
立ち読み (sample)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8782-7b0f3b37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。