スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 03/02/2015)大腸癌 Colorectal cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021284 2016/03/02
ICG蛍光内視鏡システム(PINPOINT)を用いた術中大腸癌腫瘍部位同定法の検討
・大腸癌 Colorectal cancer
・-
・試験終了/Completed
・腹腔鏡下大腸癌手術においてインドシアニングリーン(ICG)蛍光腹腔鏡システムの術中大腸癌腫瘍部位同定に関する有用性を検討する。 The aim of this study is to investigate the intraoperative identification of colonic tumor site in colorectal surgery using endoscopic near-infrared fluorescence imaging system.
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・介入/Interventional
・診断/Diagnosis
・医薬品/Medicine 医療器具・機器/Device,equipment
 介入1(Interventions/Control_1)
 ICG(25mg/10ml) 0.5mlを術前に内視鏡下に腫瘍直下に局注する。術中にThe PINPOINT Endoscopic Fluorescence Imaging System を用いて腫瘍部位を観察する。
 0.5 ml ICG was injected the mucosa into the submucosal space of the bowel wall at just the distal side of the tumor preoperative endoscopically. We identified the colonic tumor site in the PINPOINT Endoscopic Fluorescence Imaging System, in which NIR fluorescence is superimposed in pseudo-color (green) on a white light image.
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・100
・渡辺 誠 Makoto Watanabe
・昭和大学消化器・一般外科 Showa University Department of Gastroenterological and General Surgery
・昭和大学消化器・一般外科 Showa University Department of Gastroenterological and General Surgery
・昭和大学消化器・一般外科 Showa University Department of Gastroenterological and General Surgery
Intraoperative identification of colonic tumor site using near infrared indocyanine green-induced endosopic fluorescence imaging system
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8809-7a565d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。