スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「細胞診ガイドライン 3 甲状腺・内分泌・神経系 2015年版」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2012)

4307050452.jpg

◆細胞診ガイドライン 3 甲状腺・内分泌・神経系 2015年版:甲状腺/副甲状腺/副腎/中枢神経/脳脊髄液/眼器
単行本: 229ページ
出版社: 金原出版 (2015/11/27)
日本臨床細胞学会 (編集)
言語: 日本語
ISBN-10: 4307050452
ISBN-13: 978-4307050456
発売日: 2015/11/27
商品パッケージの寸法: 25.9 x 18.3 x 1.2 cm
価格:¥5,940
keyword→Clinical Cytology 

<内容・content>
 全身26領域の細胞診を全5巻にまとめた学会初のガイドライン。本書には、全領域共通の「細胞標本作製法」のほか、「甲状腺」「副甲状腺」「副腎」「中枢神経」「脳脊髄液」「眼器」を収載。各臓器の特異性に配慮し、臓器ごとに、検体採取法などの基礎的知識から最新の分子病理学的知見までを、多数の細胞像カラー図譜を用いて解説。近年、急速に進歩する細胞診の知識を整理し、現在のスタンダードを理解するために必携の一冊。

<目次・table of contents>
■細胞標本作製法
 A.塗抹固定法
 B.染色法

■甲状腺
総 論
 A.臨床的意義
 B.基礎的知識(解剖・発生・機能)
 C.病理組織学的分類
 D.検体採取法
 E.標本作製法(液状化検体を含む)
 F.染色法
 G.細胞の見方と判定法(液状化検体を含む)
 H.迅速細胞診
 I.免疫細胞化学染色
 J.遺伝子解析
 K.報告様式
各 論
 A.亜急性甲状腺炎
 B.慢性甲状腺炎,橋本病
 C.嚢胞および嚢胞性病変
 D.腺腫様甲状腺腫
 E.濾胞性腫瘍
 F.硝子化索状腫瘍
 G.乳頭癌
 H.低分化癌
 I.未分化癌
 J.髄様癌
 K.リンパ腫
 L.転移性腫瘍
 M.その他の疾患
図 譜

■副甲状腺
総 論
 A.臨床的意義
 B.基礎的知識
 C.検体採取法
 D.細胞の見方と判定法(甲状腺との鑑別)
 E.迅速診断
各 論
 A.副甲状腺過形成
 B.副甲状腺腺腫
 C.副甲状腺癌
図 譜

■副腎
総 論
 A.副腎細胞診の臨床的意義
 B.検体採取法
 C.細胞の見方
各 論
 A.副腎皮質病変
 B.副腎髄質病変
図 譜

■中枢神経
総 論
 A.基本的知識
 B.報告様式
 C.検体採取法と処理法
各 論
 A.浸潤性星細胞腫
 B.限局性星細胞腫
 C.乏突起膠細胞系腫瘍
 D.上衣系腫瘍
 E.脈絡叢腫瘍
 F.神経細胞系腫瘍
 G.松果体部腫瘍(松果体実質細胞腫瘍)
 H.胎児性腫瘍
 I.Schwann 細胞腫
 J.髄膜腫
 K.脊索腫
 L.悪性リンパ腫
 M.胚細胞腫瘍
 N.トルコ鞍部腫瘍
 O.非腫瘍性病変
図 譜

■脳脊髄液
総 論
 A.基礎知識
 B.細胞採取法と処理法
 C.脳室からの細胞採取法
 D.報告様式
各 論
 A.腫瘍性病変
 B.非腫瘍性病変
図 譜

■眼器
総 論
 A.解剖・機能
 B.検体採取法
各 論
 A.炎症性疾患(眼脂、結膜擦過物、角膜擦過物)
 B.変性疾患
 C.腫瘍性および腫瘍様病変
図 譜

索引

<著者情報・author information>
公益社団法人 日本臨床細胞学会 (Japanese Society of Clinical Cytology)

Links(Author's world・著作とその世界)
金原出版(KANEHARA)
立ち読み (sample)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8983-0c705056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。