スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/01/2015)研究課題「手術が生活の質および高次機能に与える影響」実施患者 All patients enrolled in 'Impact on ADL and cognitive function receiving operation'

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021706 2016/04/01
術後慢性疼痛への移行に関連する因子の検討
investigation on an incidence of post surgical persistent pain
・研究課題「手術が生活の質および高次機能に与える影響」実施患者 All patients enrolled in 'Impact on ADL and cognitive function receiving operation'
・-
・開始前/Preinitiation
・術後の創部が慢性疼痛へと移行する割合及びその関連因子について明らかにする to investigate the proportion of the postoperative persistent pain and the factors affecting them
・その他/Others
・観察/Observational
・-
・-
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・10000
・川口 昌彦 Kawaguchi Masahiko
・奈良県立医科大学 Nara Medical University
・奈良県立医科大学麻酔科学教室 Department of Anesthesiology, Nara Medical University
・自己調達/Self funding

・その他関連情報/Other related information
術後3ヶ月にアンケートを実施し、慢性疼痛の有無の確認を行う。慢性疼痛に移行した患者および非移項患者を2群に分類し術式や術前状態などにより発生因子を検討する
Patients will be asked if they have persistent postoperative pain 3month after surgery. The patients will be divided into two groups whether they have persistent postoperative pain or not and will be analysed.
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8986-8481acb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。