スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/03/2015)局所進行頭頸部扁平上皮癌 lacal advanced head and neck squamous cell carcinoma

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021755 2016/04/03
化学放射線治療を施行する局所進行頭頸部癌を対象としたEPA含有栄養機能食品の有効性に関する検討
Effect of EPA on chemoradiotherapy in local advvanced head and neck cancer
・局所進行頭頸部扁平上皮癌 lacal advanced head and neck squamous cell carcinoma
・第Ⅱ・Ⅲ相/Phase II,III
・参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
・化学放射線治療を施行する局所進行頭頸部扁平上皮癌患者に対する支持療法としてのエイコサペンタエン酸(EPA)含有栄養食品(プロシュア、以下EPA食品)の有効性を評価する。 We evaluate the effect of eicosapentaenoic acid(EPA) on chemoradiotherapy in local advanced head and neck squamous carcinoma.
・有効性/Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・食品/Food
 ①介入1/Interventions/Control_1
 化学放射線治療開始日からEPA食品(プロシュアR)、あるいはEPA非含有の半消化態栄養剤の経口摂取を開始し、それぞれ毎日240ml、あるいは200ml(300 kcal相当)を摂取する。
 The patient starts the oral ingestion of half-digested state nutritional supplement(300 kcal equivalent) with/without EPA from the start date of chemical radiation therapy every day.
 ②介入2/Interventions/Control_2
 経口摂取が困難となった場合は経管栄養により一日の必要摂取カロリーを維持する。
 The patient requires calorie intake maintenance of the day by tube feeding including PEG in case of difficlt of oral intake.
・20 歳/years-old 以上/<=
・80 歳/years-old 以上/<=
・男女両方/Male and Female
・40
・太田 一郎 Ichiro Ota
・奈良県立医科大学 Nara Medical University
・奈良県立医科大学 Nara Medical University
・奈良県立医科大学 Nara Medical University
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8991-7510cf45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。