スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Cancer Topics Index 04/05/2016(Daily Test version/ 日刊テスト版)No.03

konpas.jpg
Cancer Topics Index 04/05/2016(Daily Test version/ 日刊テスト版)

Flags 【海外:overseas】
Clinicaltrials.gov:臨床試験>
※2週間前の情報を基準として掲載いたします。
4 studies found for: cancer | received from 03/22/2016 to 03/22/2016

【大腸がん; 卵巣がん; 胃がん; 中皮腫】
1 Recruiting
Efficacy and Safety of PIPAC/PITAC in Gastric,Ovarian, Colorectal Cancer and Mesothelioma With Pleural Carcinomatosis.
Conditions: Colorectal Cancer; Ovarian Cancer; Gastric Cancer; Mesothelioma
Intervention: Procedure: pressurized intraperitoneal/intrathoracal aerosol chemoTx
Sponsor:Othmar Schoeb
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02720835

【胸腺上皮腫瘍】
2 Recruiting
French National Observatory of Patients With Thymic Epithelial Tumor
Condition: Thymic Epithelial Tumor
Intervention:
Sponsor:Intergroupe Francophone de Cancerologie Thoracique
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02724696

【小児がん】
3 Recruiting
Developing a Symptom List for Children With Cancer
Condition: Paediatric Oncology Palliative Care
Intervention: Other: Questionnaire
Sponsor:Royal Marsden NHS Foundation Trust
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02726815

【固形がん/進行がん】
4 Not yet recruiting
Study of MK-4280 as Monotherapy and in Combination With Pembrolizumab (MK-3475) in Adults With Advanced Solid Tumors (MK-4280-001)
Condition: Advanced Cancer
Interventions: Drug: MK-4280; Biological: Pembrolizumab
Sponsor:Merck Sharp & Dohme Corp.
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02720068

<Pharmaceuticals and Medical Devices>
【古典的ホジキンリンパ腫】
Bristol-Myers Squibb Receives Positive CHMP Opinion for Opdivo® (nivolumab) in Combination with Yervoy® (ipilimumab) for Treatment of Advanced Melanoma (April 1, 2016 Bristol-Myers Squibb)
欧州医薬品庁がオプジーボ®(ニボルマブ)の古典的ホジキンリンパ腫に関するブリストル・マイヤーズ スクイブ社の承認申請を受理 (03/30/2016 ブリストル・マイヤーズ スクイブ Bristol-Myers Squibb) pdf

<Medical Journal & Other News>
【小細胞肺がん/血液供給を遮断】
Cancer research at Marshall University shows promise for combating deadly lung cancer
Findings showcased at international biology meeting in San Diego (04/04/2016 EurekAlert!/MARSHALL UNIVERSITY JOAN C. EDWARDS SCHOOL OF MEDICINE)
A study by researchers at Marshall University Joan C. Edwards School of Medicine has found that blocking the blood supply of small cell lung cancer tumors may help reduce their growth and delay the regrowth process after treatment.

【尿路上皮がん/afatinibによる精密医療】JOURNAL:Journal of Clinical Oncology
Precision medicine brings new hope to those with advanced urothelial cancer (04/04/2016 EurekAlert!/UNIVERSITY OF CHICAGO MEDICAL CENTER)
Five of six patients with advanced metastatic urothelial cancer and at least one of two specific genetic abnormalities, responded to treatment with afatinib, which was approved in 2013 by the Food and Drug Administration for patients with lung cancer, researchers report online in the Journal of Clinical Oncology.

【膵がんに対する免疫療法薬:PF-04136309[Pfizer]】JOURNAL:The Lancet Oncology
New immune-stimulating drug, with chemo, shrinks pancreas tumors (04/04/2016 EurekAlert!/UNIVERSITY OF ROCHESTER MEDICAL CENTER)
The results of an early-stage (phase 1b) clinical trial for pancreatic cancer show that an experimental therapy can control tumors well enough to make some patients eligible for surgery, according to data published in The Lancet Oncology by a Wilmot Cancer Institute investigator.

【放射線治療で尿漏れ?】
Effects of radiation therapy on the structure and function of the pelvic floor muscles of patients with cancer in the pelvic area: a systematic review. (PubMed/J Cancer Surviv. 2016 Apr)
がんの放射線治療で尿漏れが起こるのはなぜ? 文献の調査から
from Journal of cancer survivorship : research and practice
(04/04/2016 MEDLEY:日本語)

Graphics 【日本国内:Japan】
<Press Release:日本国内>
【胃がん/ピロリ菌】
400039870.jpg
SHP1はピロリ菌がんタンパク質を不活化する EBウイルスはSHP1を抑制しCagAの発がん活性を増強 (03/31/2016 東京大学)
Host SHP1 phosphatase antagonizes Helicobacter pylori CagA and can be downregulated by Epstein–Barr virus (Published online:14 March 2016 Nature Microbiology 1)
ピロリ菌がんタンパク質CagAの発がん活性を抑える脱リン酸化酵素としてSHP1を同定するとともに、エプスタイン・バール(EB)ウイルス感染がSHP1のエピジェネティックな発現抑制を介してピロリ菌CagAの発がん活性を増強することを見出しました。今回の成果は、ピロリ菌という細菌とエプスタイン・バールウイルスというウイルスが連携して胃がんを引き起こす仕組みを世界で初めて明らかにしたものです。この研究が効果的な胃がんの予防法開発につながることを期待しています。

【免疫抑制分子】
400039855.jpg
死んだ細胞から放出される免疫抑制分子を同定 死んだ細胞より放出されるプロスタグランジンE2は炎症を抑え、がんの増殖を促す (03/29/2016 東京大学)
PGE2 induced in and released by dying cells functions as an inhibitory DAMP (Online Edition 03/22/2016 Proceedings of the National Academy of Sciences)
研究グループは細胞が死ぬと、PGE2が放出され炎症・免疫系を抑制することを見いだしました。実際、細胞が死を迎える際にPGE2の放出を抑えた場合、炎症・免疫応答が増強されることも明らかにしました。さらに、肝障害を患ったマウスにおいてもPGE2の産生を抑制するとその症状が悪化し、死んだ細胞による炎症反応が増強されることやがん細胞においてもPGE2の産生を抑制すると、抗腫瘍免疫応答が増強され、がん細胞の増殖が抑えられることもわかりました。柳井特任准教授は「私たちの体内では正常時でも1秒あたり10万個の細胞が死んでおり、また炎症性疾患、がんなどの疾患においても大量の細胞死が起こります。今回の成果は個体の恒常性の維持やこれらの疾患の病態進展のメカニズムに新たな視点を提供し、新たな治療法開発に向けた分子基盤の確立につながっていくものと期待しています」と説明しています。

<News>
がん検診のメリットは「絶対値」で考えよう (04/04/2016 日経Gooday/日経電子版)

量子科学技術研究開発機構が発足 (04/04/2016 読売新聞)

がん 正社員から転職、4割が非正規に 三菱UFJリサーチ&コンサルティングまとめ (04/04/2016 毎日新聞)

【厚労省】臨床研究に契約義務づけ‐製薬企業の資金提供公表も (04/01/2016 薬事日報)

<新刊メタデータ:New Books>
【タイトル】企業のためのがん就労支援マニュアル
編著:高橋 都, 森 晃爾, 錦戸典子/単行本: 150ページ/出版社: 労働調査会 (2016/4/4)/ISBN-10: 4863195036/ISBN-13: 978-4863195035/¥1,512
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/8994-f72366d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。