スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/17/2015)非小細胞肺癌 Non-small cell lung cancer

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000021904 2016/04/17
75才以上後期高齢者非小細胞肺癌症例の手術成績に関する前向きの多施設コホート研究
Prospective observational results of pulmonary resection for over 75 years-old patients with non-small cell lung cancer - Multi-institutional study in Japan -
・非小細胞肺癌 Non-small cell lung cancer
・該当せず/Not applicable
・参加者募集終了‐試験継続中/No longer recruiting
・75才以上の後期高齢者非小細胞肺癌の完全切除症例を多施設で前向きに観察し、術後合併症発生率を主要評価項目とし術前心肺機能および併存疾患との関連を手術関連死亡率、術後Karnofsky Performance Statusの変化量や術後1〜2年の経年的な全生存率などの副次的評価項目も含めて検討する。 In an aging society, the lung cancer population is also aging. Since the comorbidities increase with age, both postoperative mortality and morbidity of pulmonary resection for elderly patients with non-small cell lung cancer (NSCLC) have been reported to be higher than those for non-elderly patients. However, results reported until now are retrospective and single institutional. We conducted a multi-institutional and prospectively observational study for > 75 years patients with completely resected NSCLC.
・安全性・有効性/Safety,Efficacy
・観察/Observational
・-
・-
・75 歳/years-old 以上/<=
・100 歳/years-old 以上/<=
・男女両方/Male and Female
・275
・矢野 篤次郎 Tokujiro Yano
・国立病院機構別府医療センター National Hospital Organization Beppu Medical Center
・独立行政法人国立病院機構別府医療センター(臨床研究部) Dept. General Thoracic Surgery,
National Hospital Organization Beppu Medical Center
・国立病院機構 National Hospital Organization

・試験実施施設名称/Institutions
旭川医療センター、帯広病院、北海道がんセンター、西新潟中央病院、水戸医療センター、渋川医療センター、高崎総合医療センター、東京医療センター、東京病院、横浜医療センター、長良医療センター、東広島医療センター、呉医療センター、四国がんセンター、高知病院、九州がんセンター、九州医療センター、嬉野医療センター、長崎医療センター、別府医療センター、大阪医療センター、埼玉病院
・その他関連情報/Other related information
2014年3月より2015年4月までの期間に265例の適格症例の組み入れを終了した。
登録された全症例を対象に、術後4ヶ月毎の経過観察項目のEDC登録を継続し、副次評価項目解析のデータを収集中である。とくに、 Karnofsky Performance Statusの術後変化量は本研究において最も注目すべき評価項目と考えている。
同時に、主要評価項目である術後合併症発生率に関しては、リスク因子解析を含めて解析中である。
From March 2014 through April 2015, 314 preoperative patients were tentatively registered. Of those preoperatively registered patients, 264 were postoperatively identified to meet the inclusion criteria for this study. The reason for exclusion was no diagnosis of non-small cell lung cancer in 21 patients, incomplete resection in 19 patients, no performance of surgery in 6 and other reason in one.
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/9052-d809ed99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。