スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「一流患者と三流患者:医者から最高の医療を引き出す心得」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2026)

978-4022736628.jpg

◆一流患者と三流患者:医者から最高の医療を引き出す心得
新書: 216ページ
出版社: 朝日新聞出版 (2016/4/13)
上野 直人 (著)
言語: 日本語
ISBN-10: 4022736623
ISBN-13: 978-4022736628
発売日: 2016/4/13
商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1.1 cm
価格:¥¥821/ Kindle版 ¥600
keyword→coping

<内容・content>
 “米国一のがんセンター"といわれる、MDアンダーソンがんセンターの現役医師である著者曰く、「日本の医療は、間違いなく世界トップクラス。でも、それを受けるのに必要な『患者力』は圧倒的に低い。そして、多くの日本人は損をしている」昔と違い、治療法や薬の種類が増えすぎた現在、“お医者様"任せでは「最善の医療」を受けられなくなっている。一流の患者と残念な患者。今、病院のなかでは、「患者格差」が生まれています。医療格差じゃなくて患者格差? と、お思いになるかもしれません。そうです、患者さんの「差」が治療やその後の健康に大きく関連するようになってきているのです。もっと言うならば「病院ランキング」よりも、ご自身の「患者ランキング」を問いなさい、ということです。

<目次・table of contents>
はじめに
・最高の医療を受けるために大切な、たったひとつのこと
・アメリカで働く医者が日本の患者さんを診ると
・デキる患者さん、残念な患者さん

序章 がんの専門医ががんになってわかった、患者にとって本当に大切なこと
・医者が、がんになったら・・・
・最初は誰もが、自分の病気を受け入れられない
・自分ががんになって心底考えた「後悔しない患者の心得」

1章 アメリカから見える、ここが変だ日本の医療
・患者一流のアメリカ、患者三流の日本!?
・「患者格差」はどこから生まれてくるのか?
・医者と患者は、パートナー
・日本の医者は忙しすぎて、一人ひとりに向き合う時間がない
・治療方針をチームで議論するアメリカ、「おまかせ医療」の日本
・日本の患者満足度が低い理由
・パーフェクトな医者など、どこにもいない
《コラム医者の本音① いい医者の見つけ方》

2章 一流患者のすすめ――ここが変だよ日本の患者
・「一流患者=お金持ち」という勘違い
・本当の一流患者やとは何か?
・二流患者とは何か?
・三流患者とは何か? モンスター患者
・優秀なのに残念な患者さんとは・・・
《コラム医者の本音② いい医療機関の見つけ方》

3章 一流患者になるための「心の整理術」
・「がん」と言われたら、「がんではないかもしれない」と疑ってみる
・病気の一般名と医学的な正式名を知る
・たとえ、がんになっても焦らない
・病気の進行度を確認しよう
・医者の言うことを鵜呑みにしない 「何か他に考えられる病気はありますか?」
・治る可能性があるのかを知る。治らなくても付き合い方がある
・病気のメカニズムを理解する
《コラム医者の本音③ 医者の評価の仕方》

4章 一流患者になるための「情報整理術」
・診察室ではメモを持参する
・診察室の会話を録音する
・ひとりででは病院へいかない
・医者に会うときは質問リストを持参する
・医者への質問は、こまめに、何度でも
・インターネットで知識武装する
・待合室で病気友達をつくる
・「治療した先には何があるか」を考える
・家族の意見に振り回されない
《コラム医者の本音④ 最新医療情報の調べ方》

5章 一流患者になるための「治療法」
・医者に言われた治療に飛びつかない
・治療の「地図」を思い描く
・最新治療に飛びつかない
・治療のリアルを想像してみる
・薬の名前(商品名)と一般名(成分名)を書いてみる
・薬を飲む理由をしっかり考えて飲む
・これまでの病歴は自分で記録する
・自分のカルテをつくってみる
・説明上手な患者になる
・臨床試験のオプションを出されたら・・・

6章 一流患者になるための「試練」
・それでも医者と意見が合わないときは・・・
・「治療はこれしかない」といわれたら・・・
・複数の選択肢を医者から出されたら・・・
・もう治療法がないといわれたら・・・
・どんな状況になっても、あきらめない
・最悪の事態は健康なときに考える
・ペイシェント・エンパワーメント 患者力
・後悔しない患者になる
・病気になっても生きつづける

おわりに 病に克つということ

<著者情報・author information>
上野 直人(うえの なおと:UENO Naoto)
Naoto Tada Ueno, M.D., Ph.D., F.A.C.P. (The University of Texas MD Anderson Cancer Center)
テキサス大学MDアンダーソンがんセンター教授/腫瘍分子細胞学博士

Links(Author's world・著作とその世界)
朝日新聞出版(Asahi Shimbun Publications)
立ち読み (sample)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/9075-a9cc66e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。