スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Cancer Topics Index 04/22/2016(Daily Test version/ 日刊テスト版)No.15

konpas.jpg
Cancer Topics Index 04/22/2016(Daily Test version/ 日刊テスト版) No.15

Flags 【海外:overseas】
◇NCI (National Cancer Institute)◇
【米国癌学会(AACR)年次総会】
Biden-AACR-speech-article.jpg
A Shared Commitment for Accelerating Progress with the Cancer Moonshot (April 20, 2016 by Douglas R. Lowy, M.D.)
We’re coming off an exciting week for the cancer research community and the ongoing efforts behind the Vice President’s National Cancer Moonshot Initiative.The big event, which took place in New Orleans, was the annual meeting of the American Association for Cancer Research (AACR), which featured many oral and poster presentations of promising results, from basic research studies to late-stage clinical trials.

logo-clinicaltrials-gov.png
rinnsyo1.jpg
※2週間前の情報を基準として掲載。一部の記事(がんと直接関連しないもの)は割愛しています。
10 studies found for: cancer | received from 04/08/2016 to 04/08/2016

【固形腫瘍】
1 Not yet recruiting
Phase I Study of BAY1436032 in Isocitrate Dehydrogenase-1 (IDH1)-Mutant Advanced Solid Tumors
Condition: Neoplasms
Intervention: Drug: BAY1436032
Sponsor:Bayer
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02746081

【リンパ浮腫】
2 Recruiting
Lymphedema Surveillance Study
Conditions: Breast Cancer; Lymphedema
Interventions: Other: Bilateral arm measurements; Other: Body mass index (BMI); Behavioral: Quality of Life Questionnaire
Sponsor:Memorial Sloan Kettering Cancer Center
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02743858

【乳がん/サバイバー】
3 Recruiting
Alternative Exercise Program to Improve Skeletal Muscle Function and Fatigue in Cancer Survivors
Condition: Breast Cancer
Intervention: Device: Neuromuscular electrical stimulation
Sponsor:University of Vermont
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02739620

【口腔・咽頭腫瘍】
4 Recruiting
A Study of Mucosal Sparing Proton Beam Therapy (PBT) in Resected Oropharyngeal Tumors
Condition: Oropharyngeal Tumor
Intervention:
Sponsor:Mayo Clinic
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02736786

【固形腫瘍】
5 Not yet recruiting
A Study of LY2510924 and Durvalumab in Participants With Solid Tumors
Condition: Solid Tumor
Interventions: Drug: LY2510924; Drug: Durvalumab
Sponsor:Eli Lilly and Company
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02737072

【進行性固形腫瘍】
6 Not yet recruiting
Study of BMS-986178 Monotherapy or in Combination With Nivolumab or Ipilimumab in Subjects With Advanced Solid Tumors
Condition: Advanced Cancer
Interventions: Drug: BMS-986178; Drug: Nivolumab; Drug: Ipilimumab
Sponsor:Bristol-Myers Squibb
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02737475

【胸部腫瘍/放射線誘発傷害】
7 Not yet recruiting
Bronchial Mapping (GCC 1635)
Condition: Thoracic Cancer
Intervention:
Sponsor:University of Maryland
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02745548

【びまん性大細胞型B細胞リンパ腫】
9 Recruiting
the Sequential Therapy of CD19-targeted and CD20-targeted CAR-T Cell Therapy for Diffuse Large B Cell Lymphoma(DLBCL)
Condition: Lymphoma, Large B-Cell, Diffuse
Intervention: Biological: Anti-CD19 CAR-T cells and Anti-CD20 CAR-T cells
Sponsor:Southwest Hospital, China
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02737085

【慢性骨髄性白血病】
10 Completed
Expanded Access Study With Peginterferon Alfa-2a (Pegasys) in Participants With Chronic Myelogenous Leukemia (CML)
Condition: Myelogenous Leukemia, Chronic
Intervention: Drug: Peginterferon alfa-2a
Sponsor:Hoffmann-La Roche
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02736721

【マントル細胞リンパ腫】
11 Not yet recruiting
A Study of Acalabrutinib in Combination With Rituximab Versus Ibrutinib Versus Acalabrutinib in Subjects With Relapsed or Refractory Mantle Cell Lymphoma
Condition: Mantle Cell Lymphoma
Interventions: Drug: acalabrutinib; Drug: ibrutinib; Drug: rituximab
Sponsor:Acerta Pharma BV
ClinicalTrials.gov Identifier:NCT02735876

◇EU, EMA, CHMP, Cancer Research UK, NICE◇
【Science blog】
LiquidNitrogen_hero-hero.jpg
Pint of Science 2016: from precision medicine to Tasmanian Devils (April 22, 2016 Laura Mears Cancer Research UK: Science blog)
From the 23rd of May, some of our researchers will be swapping their lab benches for bar stools as they join the Pint of Science festival. For three days, scientists, doctors and research nurses will be sharing their work through informal and interactive talks, bringing some of our latest science out of the lab and into pubs up and down the UK.Now in its fourth year, Pint of Science is the brainchild of Imperial College neuroscientists Dr Praveen Paul and Dr Michael Motskin. It began in the UK, and has since spread across the globe to become the world’s largest festival of public science talks.Our researchers are no strangers to this unusual form of science communication, and this year they are back for more. This is the lineup from north to south.

<Medical Journal & Other News>
headline.jpg
【多発性骨髄腫治療標的の同定/ ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤 panobinostat】JOURNAL:JCI Insight
Identification of therapeutic targets in multiple myeloma (04/21/2016 EurekAlert!/ JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION)
Multiple myeloma (MM) is a hematological cancer that frequently acquires resistance to chemotherapeutic drugs. Additionally, many patients experience disease relapse, but these patients are difficult to treat as the cancer is often resistant to the previous treatment regimen. Combination therapies are frequently successful at treating relapsed, treatment-resistant MM, leading researchers to seek out new therapeutic targets. In this issue of JCI Insight, Yoichi Imai and colleagues at Tokyo Women's Medical University in Tokyo, Japan, demonstrate that MM cells express high levels of the protein phosphatase PPP3CA, a subunit of the signaling protein calcineurin, which can be targeted by the drug FK506. Using a MM mouse model, Imai and colleagues showed that calcineurin is required for multiple myeloma cell growth and that inhibition of calcineurin with FK506 promoted MM cell death. Moreover, treatment of MM mice with panobinostat, which is currently FDA-approved for treatment of MM, and FK506 reduced MM growth in mice. These findings indicate that PPP3CA and calcineurin may be suitable therapeutic targets for the treatment of MM.

【前立腺がん/ 転移駆動遺伝子PLK1】American Association for Cancer Research 2016 Annual Meeting
VCU Massey researchers uncover process that drives prostate cancer metastasis (04/21/2016 EurekAlert!/ VIRGINIA COMMONWEALTH UNIVERSITY)
Researchers at VCU Massey Cancer Center have uncovered a novel function of the gene PLK1 (polo-like kinase 1) that helps prostate cancer cells metastasize (spread) to other parts of the body. This mechanism highlights new potential targets for cancer therapies and challenges the previous understanding of PLK1's role in cancer growth and progression.

【WHOの発がん性問題】
Special Report: How the World Health Organization's cancer agency confuses consumers (Apr 18, 2016 Reuters BY KATE KELLAND)
特別リポート:「加工肉に発がん性」WHOが招いた混乱の裏側 (04/22/2016 Reuters)

【人工知能】
How an AI program helps doctors identify cancer and other medical abnormalities (04/04/2016 TechRepublic)
癌などの発見に人工知能を--医療の格差をなくす挑戦 (04/21/2016 ZDNet Japan)

Graphics 【日本国内:Japan】
<Press Release:日本国内>
【ゲノム編集技術】
fx1.jpg
ゲノム編集のための新たな「はさみ」のかたち CRISPR-Cpf1の構造解明 (04/22/2016 国立大学法人東京大学/東京大学大学院理学系研究科・理学部/国立研究開発法人日本医療研究開発機構)
Crystal Structure of Cpf1 in Complex with Guide RNA and Target DNA (Cell)
本研究グループはCpf1、ガイドRNA、標的DNAからなる複合体を結晶化し、大型放射光施設SPring-8およびSwiss Light SourceにおいてX線回折データを取得し、その立体構造を解明しました。その結果、Cpf1はCas9と大きく異なる立体構造をもつことが明らかになりました。特に、DNAの「はさみ」としてはたらく部分の構造はCpf1とCas9において大きく異なっていました。この構造の違いはCpf1とCas9によるDNAの「切り口」の違いとよく一致していました。これまでに立体構造を基にCas9の分子構造を改変した新規の研究ツールが開発されてきました。したがって、今回の研究成果は、Cpf1を改変した新規のゲノム編集ツールの開発につながることが期待されます。

【がん幹細胞/ナノテク抗がん剤】
setnws_20160422131152736275900876_818787.jpg
がん幹細胞を狙い撃ちするナノテク抗がん剤の開発に成功 ~アスベスト被爆が原因となる難治がん(悪性中皮腫)に対する奏功を確認~ (04/22/2016 東京大学工学部)
Nanomedicines Eradicating Cancer Stem-Like Cells in Vivo by pH-Triggered Intracellular Cooperative Action of Loaded Drugs (Publication Date (Web): April 19, 2016 ACS NANO)
アスベスト被曝によって生じる悪性中皮腫のがん幹細胞を狙い撃つことができるナノ医療治療薬の開発に成功しました。この新規ナノ治療薬は、スタウロスポリンをエピルビシンミセルに内包させることによって開発されました。スタウロスポリンは、大村智先生(2015年ノーベル生理学・医学賞受賞)が1976年に放線菌から単離した抗生物質です。この研究において悪性中皮腫のがん幹細胞に高い効果があることを発見しました。さらにスタウロスポリンを認可抗癌剤であるエピルビシンを封入したミセルに同時封入することによって、スタウロスポリンおよびエピルビシンの2剤をがんへ効果的に送り込み、その効果を飛躍的に高め、副作用を抑えることが可能になりました。このナノ治療薬を悪性中皮腫が胸腔内に播種したモデルマウスに経静脈投与したところ、がん細胞のみならずがん幹細胞を殺傷することを示し、休薬後もがんの再発は9ヶ月以上起こりませんでした。

【悪性脳腫瘍/既存薬再開発(DR)】
新規スクリーニング法を用いて抗うつ薬に悪性脳腫瘍への治療効果を発見 (04/21/2016 岡山大学) pdf
Fluvoxamine, an anti-depressant, inhibits human glioblastoma invasion by disrupting actin polymerization (Published online:18 March 2016 Scientific Reports 6)
アクチン重合定量化システムを用いて、DR に基づく臨床利用薬剤の中で、重合を高効率に阻害する薬剤のスクリーニングを行いました。悪性脳腫瘍をターゲットとすることを考え、脳への集積性の高い抗うつ薬や抗精神病薬、抗けいれん薬、抗不安薬等の薬剤を最初の候補として使用しました。この中の抗うつ薬の一つが、非常に強いアクチン重合阻害機能を持つことを発見。悪性脳腫瘍細胞を用いた実験により、浸潤抑制効果を確認しました。

<News>
【薬の値段】
1瓶72万円の超高額の新薬も 薬の値段はどうやって決まる? (04/21/2016 dot.)

【職業性胆管がん】
印刷業で過去、多発した職業性胆管がん。発症あるいは増悪メカニズムのさらなる解明に。 (04/19/2016 iMedi)

<新刊メタデータ:New Books>
book_sepia.jpg
【タイトル】うまく続ける! 消化器がん薬物療法の基本とコツ
編:加藤 健,森実 千種/単行本: 278ページ/出版社: 羊土社 (2016/4/21)/ISBN-10: 475811059X/ISBN-13: 978-4758110594/¥5,400

【タイトル】一流患者と三流患者:医者から最高の医療を引き出す心得
著者:上野 直人/新書: 216ページ/出版社: 朝日新聞出版 (2016/4/13)/ISBN-10: 4022736623/ISBN-13: 978-4022736628/¥821/Kindle版 ¥600

【タイトル】がん医療がん在宅医療ガイドブック 北九州・筑豊版
編:九州大学病院がんセンター/産業医科大学病院 飯塚病院協力/大型本: 327ページ/出版社: 木星舎 (2016/04)/ISBN-10: 490148382X/ISBN-13: 978-4901483827/¥2,160

【タイトル】幹細胞療法でがんが消えた
著者:横山 博美/単行本(ソフトカバー): 221ページ/出版社: PHP研究所 (2016/4/21)/ISBN-10: 4569830285/ISBN-13: 978-4569830285/¥1,512

<雑誌記事:Magazine/Medical journal>
Stockholm Public Library
◆細胞 (2016年5月号)/ニュー・サイエンス社/発売日:2016年4月21日/価格(税込):2,100円
【タイトル】特 集 Liquid Biopsyの現状と将来展望
 Current status and future perspectives of liquid biopsy
・総論 Liquid Biopsyの現状と将来展望 -CTC, CEC, cfDNA他-(中村 清吾)
・泌尿器科癌領域におけるCTC(末梢循環癌細胞)検査(直江 道夫・小川 良雄 他)
・乳癌領域におけるCTC/CECの意義(上野 貴之)
・HER2陽性循環癌細胞の臨床的意義(林 直輝・岩瀬 まどか)
・乳癌術前化学療法におけるCTC検査の意義(堀口 淳)
・Liquid Biopsyの基礎的概念と臨床への展開(遊佐 亜希子)

【タイトル】Industrial Info.
・東ソー・血中循環がん細胞検出技術のご紹介(二見 達)
・血液中のマイクロRNA検出によるバイオマーカー探索の可能性(滝澤 聡子)
・血中循環腫瘍細胞の解析技術とバイオマーカー開発への応用(服部 徹)

◆臨床外科 (Vol.71 No.4)/医学書院/発売日:2016年4月20日/価格(税込):2,916円
【タイトル】特集 大腸癌肝転移-最新の治療ストラテジー
・総論
 大腸癌肝転移の現状(江本 成伸・他)
 大腸癌肝転移の画像診断(上野 彰久・他)
 化学療法と肝障害(河地 茂行・他)
・治療の実際
 肝切除(酒井 望・他)
 全身化学療法(石川 敏昭・他)
 肝動注療法(加藤 弥菜・他)
 ラジオ波焼灼術(RFA)(椎名 秀一朗・他)
 放射線療法(秋元 哲夫)
・肝切除法・治療戦略のトピックス
 多発肝転移に対する適応拡大をめざした
 two-stage hepatectomyとALPPS(田中 邦哉・他)
 大腸癌肝転移に対する腹腔鏡下肝切除(板野 理・他)
 同時性肝転移に対する治療戦略のcontroversy(松本 寛・他)
 切除不能大腸癌肝転移に対するconversion chemotherapy(別府 透・他)

【タイトル】FOCUS
・がん免疫治療の最前線(大平 公亮・他)

【タイトル】臨床報告
・S状結腸原発悪性黒色腫の1例(木下 敬史・他)

◆看護 (2016年5月号)/日本看護協会出版会/発売日:2016年4月20日/価格(税込):1,512円
【タイトル】医療行政なるほど塾
・がん治療と仕事の両立支援に向け厚労省が指針

◆看護技術 (2016年5月号)/メヂカルフレンド社/発売日:2016年4月20日/価格(税込):1,296円
【タイトル】連載
・がん患者の生活支援 がん患者のリハビリテーション/林 ゑり子
・訪問看護師は病棟看護師から何を知りたいか,知っていてほしいか
 がんの終末期を在宅で過ごすために退院する患者さんに関して/村山志津子,沼倉昌洋

◆実験医学 (Vol.34No.8)/羊土社/発売日:2016年4月20日/価格(税込):2,160円
【タイトル】特集 国民病“腎疾患”治療の光が見えてきた 腎臓のサイエンス
・腎がん発生の分子メカニズム【馬場理也】

【タイトル】トピックス
・胃体部のMist1陽性幹細胞は胃がんの起源細胞となり,血管周囲幹細胞ニッチががん化を促進する【早河 翼】
・RNA結合タンパク質IMP3は標的mRNA分解を介してがん原遺伝子eIF4Eの活性を促進する【水谷玲菜,秋光信佳】
・C末端側を標的とした新たなHsp90阻害剤は有望な抗がん剤となるか?【堀部智久】

◆臨床放射線 (2016年4月号)/金原出版/発売日:2016年4月20日/価格(税込):2,700円
【タイトル】特集 放射線照射後の画像診断
・肺腫瘍に対する高精度放射線治療後の画像診断におけるピットフォール 松本 康男
・粒子線治療(陽子線・炭素イオン線)による肝の限局性組織障害 寺嶋 千貴
・症例 腹腔内出血をきたした胃GISTの破裂の1例 鶴岡 慎太郎
・破骨細胞型退形成性膵管癌の1例 岡崎 肇
・がん放射線治療看護シリーズ(6)胸部腫瘍の放射線治療看護 角 美奈子

◆週刊ダイヤモンド (2016年4/23号)/ダイヤモンド社/発売日:2016年4月18日/価格(税込):710円
【タイトル】特集 保険見直すなら最後のチャンス!
・がん保険 「がんベスト」が首位陥落 新王者は「がんプレミアム」
 Column 意外と使える“ミニがん保険”
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/9076-7dee4e26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。