スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/25/2015)舌実質欠損および舌運動障害 tongue resection or tongue movement disorders

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022046 2016/04/25
人工舌装着時の音声改善に関する介入研究
Intervention study on improvement of the voice articulation with an artificial tongue
・舌実質欠損および舌運動障害 tongue resection or tongue movement disorders
・該当せず/Not applicable
・開始前/Preinitiation
・舌全摘患者を想定し舌運動を阻害した状態で,日本語文を発話させた音声を録音し,周波数分析することで苦手な周波数を特定し,補正した音声をスピーカーから流すことで構音機能を補助し,発話明瞭度を改善することができるか検討する。 To evaluate the improvement of the voice articulation by the speech that is corrected based on the frequency analysis of the speech under the condition which tongue movement is limited by an artificial tongue.
・有効性/Efficacy
・介入/Interventional
・治療・ケア/Treatment
・医療器具・機器/Device,equipment
 ①介入1/Interventions/Control_1
 周波数分析による構音補助
 An articulation aiding system by an analysis of the frequency of the speech
 ②介入2/Interventions/Control_2
 舌運動阻害
 Inhibition of tongue movement
 ③介入3/Interventions/Control_3
 正常
 Normal
・18歳/years-old以上/<=
・65歳/years-old未満/>
・男女両方/Male and Female
・20
・川上 滋央 Shigehisa Kawakami
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences, Okayama University
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 咬合・有床義歯補綴学分野 Department of Occlusal and Oral Functional Rehabilitation, Graduate School of Medicine, Dentistry and Pharmaceutical Sciences, Okayama University
・日本学術振興会 Japan Society for the Promotion of Science

・共同実施組織/Co-sponsor
岡山大学大学院自然科学研究科
Graduate School of Natural Science and Technology, Okayama University
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/9080-9080a91d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。