スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「がんとともに、自分らしく生きる」がんの本ブログ-今日の一冊(No.2030)

978-4907072582.jpg

◆がんとともに、自分らしく生きる:希望をもって、がんと向き合う「HBM」のすすめ
単行本(ソフトカバー): 240ページ
出版社: きずな出版 (2016/3/24)
高野利実 (著)
言語: 日本語
ISBN-10: 4907072589
ISBN-13: 978-4907072582
発売日: 2016/3/24
商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
価格:¥1,728/ Kindle版¥1,279
keyword→coping

<内容・content>
 抗がん剤論争はおしまいにしましょう。虎の門病院 臨床腫瘍科部長・高野利実 初の著書!がんと向き合う患者さんの想いやエピソードを紹介しながら、「自分らしく生きる」ための方法を考えます。「世のなかでは、抗がん剤の是非を問う論争が起きていますが、抗がん剤が『効く』のか『効かない』のか、一般論として白黒つけることに意味はありません。不毛な抗がん剤論争を超えて、いま考えなければいけないのは、一人ひとりの患者さんが『幸せ』『希望』『安心』を感じられるような医療のあり方、自分らしく生きるための、がんとの向き合い方だと思います」「『医療は人間の幸せのためにある』というのが、医療の原点であり、それは、病状がどうであろうと、抗がん剤を使っていようといまいと、けっして揺らぐことはありません」「どんな状況でも、患者さんにとって最善の医療を行うのが、腫瘍内科医の仕事です」本書を読めば、「がん」という病気のイメージが変わるかもしれません。がんと向き合うすべての方へ本書をおくります。

<目次・table of contents>
はじめに がんになっても、幸せをめざす

第1章 がんとともに生きるということ
 がん患者一人ひとりの想い
・抗がん剤は元気になるために使うもの
・抗がん剤を使わないという選択
・抗がん剤の効果と副作用のバランス
・抗がん剤にすがりつくということ
・「本当の希望」とは何か?
・普通の暮らしをしていたい
・がんのイメージに苦しむ患者さん
・抗がん剤中止で得られた「効果」
・抗がん剤が人生のすべて?
・治療にかける想い
・この章で伝えたかった3つのこと
・治療よりも大切なこと

第2章 私が腫瘍内科医になったわけ
 治らない病気と向き合うということ
・医学の進歩で人類は幸せになったか
・私が毎日ネクタイを締めるわけ
・人間はいずれ死ぬようにつくられている
・治らない病気と向き合うということ
・患者さんとともに歩む
・腫瘍内科医の役割

第3章 HBM 人間の人間による人間のための医療
 医療は人間の幸せのためにある
・腫瘍内科の診察室で
・パッチ・アダムスとの出会い
・私の医療の原点「HBM]
・HBMを実践するために
・がんになっても人生が終わるわけじゃない
・がんのおかげで得られたもの

第4章 「がん難民」にならない考え方
 いつでもそこにある緩和ケア
・荒波のなかにあっても溺れているわけではない
・がん難民にならないためには?
・緩和ケアは絶望の医療?
・「絶望の壁」なんてない
・抗がん剤は「使えるから使う」のではない
・医療にできることは山ほどある
・「使える抗がん剤」を増やせばよいのか?
・いつでもそこにある希望の医療
・緩和ケアとは具体的に何をするのか

第5章 情報の波に乗るために
 EBMのルールを知り、自分にプラスとなる選択を
・氾濫する情報のなかで
・情報の質を見極めるためのルール
・あなたは、赤と白のどちらを選びますか
・不確実な医療の中で最善の選択をする
・EBMの基本的な考え方
・「お医者様」からEBMへ
・情報の波に乗るための4つのコツ
・エビデンスにも格付けがある
・3つ星エビデンスを知る
・エビデンスは患者と医者の共通言語

第6章 リスクとベネフィット
 がん検診の利益と不利益のバランスを考える
・がん検診のエビデンス
・「早期発見・早期治療」というスローガン
・前立腺がん検診は意味があるのか?
・検診を受けることの不利益
・議論の起きない日本
・「早期発見・早期治療」の意味を考える
・利益と不利益のバランス
・ゼロではないリスクを受けとめる
・腫瘍マーカーはむやみに測らないほうがよい

第7章 近藤誠さんの主張を考える
 不毛な抗がん剤論争を超えて
・患者さんと交わした5つの約束
・近藤誠さんの主張
・近藤さんの主張の3つの問題点
・「絶対ダメ」というのは思考停止では?
・EBMのルールにそった議論を
・エビの偽装より重大な「エビデンスの偽装」
・がん患者の放置はあってはならない
・抗がん剤が効くというのはどういうことか
・がんとうまく長くつきあうために

おわりに 人間本来の可能性を信じて

<著者情報・author information>
高野 利実(たかの としみ:TAKANO Toshimi)
虎の門病院臨床腫瘍科部長/腫瘍内科医

Links(Author's world・著作とその世界)
きずな出版(Kizuna Publishing)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/9095-0f0364cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。