スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 04/30/2015)転移性脳腫瘍 Metastatic brain tumors

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022152 2016/04/30
大きな転移性脳腫瘍に対するガンマナイフによる段階的照射 (多施設共同後ろ向き研究による実態調査)
Staged gamma knife radiosurgery for patients with large brain metastases: A multi-institutional retrospective study
・転移性脳腫瘍 Metastatic brain tumors
・-
・限定募集中/Enrolling by invitation
・比較的大きな(最大径がおおむね3㎝以上,腫瘍体積が10cm3以上)転移性脳腫瘍に対する単回照射によるガンマナイフ治療においては,中長期的には良好な局所制御がえられるとは言い難い.これに対し,本邦においてガンマナイフを用いた照射間隔をあけた二期的あるいは三期的での段階的照射方法が提唱された.しかし,分割回数,期間,線量に関しては各施設にばらつきがあり,最適な照射法についてなお議論がある.今回,本邦における大きな転移性脳腫瘍に対する二期的および三期的な段階的照射施行例を後方視的に集積し,その治療成績を解析,段階的照射における最適な分割回数,照射間隔,処方線量を明らかにすることを目的とする. Stereotactic radiosurgery (SRS) has a critical role in the treatment of brain metastases; however, a large tumor volume is not suitable for SRS. Local tumor control is reportedly unsatisfactory for metastatic brain tumors exceeding 10 cm3 in diameter. Fractionated stereotactic radiotherapy has been used as a treatment option for large brain metastases in patients with surgical contraindications; however, there is as yet no standard procedure for dose fractionation in stereotactic irradiation for brain metastases. The purpose of this study is to evaluate results of staged gamma knife radiosurgery for large brain metastases.

・観察/Observational
・-
・-
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・300
・芹澤 徹 Toru Serizawa
・千葉大学大学院医学研究院 Chiba University Graduate School of Medicine
・日本ガンマナイフ研究会 Japanese Leksell Gamma Knife Society
・自己調達/Self funding

・他機関から発行された試験ID/Secondary IDs はい/YES
・試験ID1/Study ID_1 JLGK1601
・ID発行機関1/Org. issuing International ID_1 日本ガンマナイフ研究会研究グループ Japanese Leksell Gamma Knife Society Study Group
・その他関連情報/Other related information 最適な治療プロトコールを探索するため以下の因子を解析する
1) 肺癌・乳癌症例では原発癌細胞のEGFR, ALK, HER2の遺伝子変異情報
2) ガンマナイフ治療前の原発巣に対する治療歴の有無(放射線治療,手術,化学療法など)
3) 脳転移診断日からガンマナイフ治療までの日数
4) 初診時のKPS score(%)
5) 原発巣の制御状況
6) 頭蓋外転移の有無
7) 初診時の神経症状
8) 脳転移個数
9) 最大病変の最大径(cm), 頭蓋内総腫瘍体積(cm3)
11) 治療パラメーター(分割回数,照射間隔,処方線量など) The following parameter will be analyzed to obtain an optimal treatment protocol:
1) presence of genetic mutation of the primary cancer
2) treatment of primary cancer
3) interval between diagnosis of brain metastases and the treatment
4) KPS at the treatment
5) control of primary cancer
6) extra cranial metastases
7) neurological symptoms
8) number of brain metastases
9) maximum tumor diameter and total tumor volume
10) treatment parameters (fractions, inter fraction interval, prescribed dose etc.)
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/9102-d6ea5760
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。