スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/01/2015)新たに診断された骨髄腫関連疾患 Newly diagnosed plasma cell neoplasms

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022099 2016/05/01
日本における骨髄腫関連疾患の予後に関する大規模多施設前向き観察研究
Prospective observational study to assess the prognosis of patients with plasma cell neoplasms in Japan
・新たに診断された骨髄腫関連疾患 Newly diagnosed plasma cell neoplasms
・該当せず/Not applicable
・一般募集中/Open public recruiting
・日本における骨髄腫関連疾患の予後ならびに予後因子について調査すること The objective of this study is to figure out the prognosis and the prognostic factor in patients with plasma cell neoplasms.
・有効性/Efficacy
・観察/Observational
・-
・-
・適用なし/Not applicable
・適用なし/Not applicable
・男女両方/Male and Female
・1100
・飯田 真介 Shinsuke Iida
・大阪大学医学部附属病院 Osaka University Hospital
・一般社団法人 日本血液学会 THE JAPANESE SOCIETY OF HEMATOLOGY
・一般社団法人 日本血液学会 THE JAPANESE SOCIETY OF HEMATOLOGY

・プロトコル掲載URL/URL releasing protocol http://www.jshem.or.jp/shikkan/mm.html
・その他関連情報/Other related information
前向き観察研究
骨髄腫関連疾患において、年齢、病期、染色体リスクグループ、初回治療法の違いによる全生存期間や無増悪生存期間などの有効性のエンドポイントに差があることを検討する。
MGUS、無症候性骨髄腫においては、M蛋白値、骨髄形質細胞割合、血清遊離軽鎖比が疾患進行に影響を及ぼすか否か検討する。
Prospective observational study
In patients with symptomatic myeloma, several factors such as age, clinical stage, cytogenetic risk group and difference of initial therapies are considered to influence on the efficacy endpoints such as overall survival and progression-free survival.
In patients with MGUS and asymptomatic myeloma, several factors such as paraprotein level, marrow plasma cell percentage, serum free light chain ratio are considered to influence on the disease progression.
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/9116-f8b76450
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。