スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


がん臨床試験(Clinical Trials - Japan/Malignancy 05/02/2015)食道・胃・十二指腸疾患全般(確定例および疑診例) Established or suspected upper gastrointestinal diseases

rinsyo2.jpg 
Cancer Clinical Trials Hub / Japan 
Types of Cancer, universities and medical institutions classification version(β版) 
がん臨床試験 がん腫・大学・医療機関別 分類版
(website)

◆最新臨床試験/悪性腫瘍(Latest Clinical Trials Registry/ Malignancy)◆
◆UMIN000022169 2016/05/02
FUSE広角内視鏡の有用性に関する臨床研究(FUSE上部消化管内視鏡)
Comparative study between Full Spectrum Endoscopy (FUSE) gastroscopy and conventional esophagogastroduodenoscopy
・食道・胃・十二指腸疾患全般(確定例および疑診例) Established or suspected upper gastrointestinal diseases
・第Ⅳ相/Phase IV
・一般募集中/Open public recruiting
・現在の上部消化管内視鏡・十二指腸鏡は正面視または後方斜視のどちらか一方での観察が主流で、正面レンズの視野角は140または100度であった。この度、アメリカのEndoChoice社は正面に加え側面にもレンズを装着し、2面(上部消化管用:視野角合計210度)の視野を持つ広角内視鏡Full Spectrum Endoscope(FUSE)を開発した。本内視鏡は、屈曲部や襞裏など死角となる部位の病変検出率を向上させるために開発されたもので、日本でも2015年発売が開始された。今回、本内視鏡を用いることで、上部消化管病変検出率が向上するかを検討する。 Current esophagogastroduodenoscopy(EGD) or duodenoscopy uses only the front view or the side view, the angle of which is 170 or 100 degrees, respectively. EndoChoice has launched Full Spectrum Endoscopy(FUSE). FUSE gastroscopy has both one side view and the front view (in total 210 degrees). In this study, we compare the detection rates of upper gastrointestinal diseases between FUSE gastroscopy and conventional EGD.
・有効性/Efficacy
・観察/Observational
・-
・-
・20 歳/years-old 以上/<=
・85歳/years-old以下/>=
・男女両方/Male and Female
・200
・大宮 直木 Naoki Ohmiya
・藤田保健衛生大学 Fujita Health University School of Medicine
・藤田保健衛生大学 Fujita Health University School of Medicine
・自己調達/Self funding

・主な結果/Results
今後エントリー進める Entry ongoing
・その他関連情報/Other related information
食道、胃、十二指腸病変、正常構造の検出率
Detectability of diseases or normal findings in upper gastrointestinal tract
関連記事


コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
http://paxxmedia.blog38.fc2.com/tb.php/9122-b8b0d83c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。